« 2018年9月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019/01/29

輪廻はいつでもあらたな旅立ち

地震の時書き込んで途絶えていたブログ。。

なんてこった!
一ヶ月に一度は、日記(?)を書こうと
 “堅く” 心に決めたはずなのに。


すでに、2019年に入ってしまいました。
しかも、一ヶ月過ぎようとしています。

何が一ヶ月だぁ。。光陰矢の如し


         ◇◇◇


母が亡くなって、介護の対象を失ってしまいました。

まさか、ある日突然介護しなくてよくなるとは,
知ってはいましたが、
夢にも思っていませんでした。


その時から、いつも忘れ物している気分です。
早く帰らなきゃ、あ、そうだった、母の世話はいらないんだった。

あれまあ、死んでることを忘れてる。


人間というのは、なかなかやっかいなものですね。

だから、考えてみるのです。


    ◇1 死は思想である


「生」と「死」というのは、事実ではなく、思想なのだ。
事実なら、むしろ簡単です。

身体が壊れて、その日からその人が活動しなくなること。
この世の中で起こることは、そんなことです。

でも、それを、「死」という事実と、納得しきれる人が、どれだけいるだろう。

なぜなら、「死」ということを考えるのは、
生きてるわたしのような者が、考えることだからだ。

母の死を考えるわたし。

「死んでる」のが事実なら、それは母に起こっているが、
「死んでる」ことを考えているのは、わたしです。

  
    ◇2 死そのものは、母とは別に起こっている


母の死は、母はもはや考えることはできない。
母の死は、わたしが考えることである。

そうだから、自分の死も、
死ぬ前から、「自分の死」として考えることができる。

こうして見ると、


    ◇3 死は、事実ではない、思想である


こう言ってよいだろう。

では、事実でないなら「死」は何だろう


    ◇4 死は、行(意思)である


ちょっと意外ですか?
これは、しばし、考えて、
わたしの出した結論です。

お供えの花でも見て、ちょっと気を静めよ、っと。
Dsc02501s


『ダンマパダ』に次のようにあります。

47.花を摘み集めるのに心奪われている人を、
死は、連れ去っていく。
あたかも、眠っている村を大洪水が連れ去っていくように。

48.花を摘み集めるのに心奪われている人を、
まだ欲望が満たされないうちに、死神は征圧する。


「死」ということが大事なのは、
自分の死だからだ。

母の死は、わたしが悲しむだけだ。
でも、わたしが心配しているのは、

母が、花を積み集めていて死に押し流されたかどうか、ということだ。
死に神が、さらっていったかどうか、ということだ。

たぶん、多くの人は、そこを心配している。
なぜなら、会話が、みな、こんな感じだからだ。


「穏やかに眠るような死だったですよ」
「それは、良かったですね」


「死」に押し流されずに、
「死」に先んじて、
心を整えられるなら、
人は、皆、「よい死に方」だった、という。


つまりです!
その人が、「死」というものを迎える前に、
「死」というものを受け入れて、納得したか、
ということを、案じているのです。

それが、「死」の意味なのでしょう。

だから

   ◇ 死は思想である
   ◇ 死は行(意思)である

のです。

「行(意思)」というのは、次の理由によります。

悟ってないわれわれは、
自分に自分の身に起こることを納得させることが
大事だからです。


死に押し流される前に、自分で「死」に納得する


これがうまくいった(ようだった)ら、

良い死だった、と

自分を納得させるのです。

      ◇◇◇

欲の花に気を奪われる人を、死が制圧するのだから、
身体が壊れる前に
いそいで、死について考えておかねばならない。


    ◇5 死は、乗りこえるべき心の問題である


他人の死を見て、

死を受け入れて死んでいった人の死を「良い死」というように、

自分の死も

死を受け入れて死んでいくなら、まあ、いいんじゃないか、と思う。


死は、実は、生きる意味なのだ。


自分の一生にまずまず満足できるなら
死ぬ時に、すでに行(意思)が定まることになるので
怖いものはない。

生きる意味が収束した時が、
「死」ということで受け入れるから、
死は何の問題も残さない。


死神がさらっていくのは、この世に心を残した人である。
夢中で花を摘んでいる人である。
Dsc02500s

行(意思)をコントロール出来そうなら、

「死」というのは、穏やかな、安らぎの思想である。

         ◇◇◇

何かうまくまとまったかな。
これで良いのだろうか。。。どう思う ?

凡夫が、死について書くと、この程度かもね。

ぜ~んぜん
 生死 を乗りこえてないですね。


やっぱり、おしゃかさんの言葉ですか。
じゃ、いってみよう。

46.
この身体を泡沫のようであると知って、
まぼろしの性質(法)であることをよく悟っている者は、
花で飾った悪魔の矢を断ち切って、
死王の見られないところに、いくがよい。

53.
花の集まりから、たくさんの花環が作られるように、
同じように、
生まれては死ぬことによって、多くの善いことがなされねばならない。


善いことしなさい、って。

生まれては死ぬことを続けることで、
善いことが積み重なっていかねばならないんだ。


ありがたい おことば


ほら、おまえたち!おまえたちもだよっ!
Dsc02503s
にゃ~~にぃ

うるさいにゃ~~
Dsc02504s
ぼくたち、いま、ねはんだも~んにゃ


| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2019年2月 »