« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018/07/22

暑いですね。アニメな世界とアメニな世界

猛暑続きで、日本列島が真っ赤に燃え上がっているようです。
ほんとに、お見舞い申しあげます。

「学校のネタ」というカテゴリーで閑話休題。


この前、「クレヨンしんちゃん」の動画を、学生と一緒に見ました。
「大人帝国の逆襲」という題だったような気がします。


大人が、子供の頃&青春時代(昭和の時代)に戻りたがって、
「子供化」するというお話しでした。

大阪万博の太陽の塔が出てきたり、昭和の風景が出てきたり、
登場人物の男性と女性が、ビートルズファッションとミニスカートだったり。


画像がノスタルジィをかきたてる夕焼け風景で、
昭和の時代が、かげろうやまぼろしのように再現されていました。

学生が
「せんせ、昭和の時代ってこんなだったんですか」
って言うから

わたし
「こんなだったよ、このまんまかな」
って言ったら

「へぇ~~~」
って、驚いてました。

「この頃、マンションじゃないんだ、セキュリティもないよね」
「駄菓子屋さん、ってあこがれる」

ふうん、そんなところに驚くんだ。
そういえば、登場人物の男性、どこかで見たことあると思ったら、ジョン・レノン風だった。

「せんせ、今頃気がついたんですか。
イエスタデイ・ワンスモア、って言ってたじゃないですか」

「あれぇ、ごめんよ、ようやく気がついた」


「せんせ、『クレヨンしんちゃん』って、子供向けだと思ってるけど、
けっこう “見せる” んですよ、これは、シリーズの中でも傑作かな」

っていうから

「小さい子供だけじゃなく、親もつい見てしまうよね」
って。

「子供の時は、これはこれでおもしろいし、
大きくなったら、また、違う内容だったって気づくんですよ。
子供でも案外わかるし、わかりやすいです」

なるほど、大人が感じる無常感、
それを子供もどこかに感じるのかな?

どこか、子供にも大人にも共通の通ずる部分がある、
ということかもしれないですね。


           ◇◇◇


この、「わかりやすいです」の一言に大きく反応したわたし。

わかりやすい、か。。。なるほど。。

では、もう一つ、違うアニメでもいってみよう。


           ◇◇◇


最近、学生と何回か観ているアニメ 「ブッダ」 について。

アニメと、経典の違い(いや、共通点かな)を実感しています。

手塚治虫原作の「ブッダ 赤い砂漠よ!美しく」(アニメ)を、学生と毎年見ます。

Photo_2

こんな絵柄です。
イケメンのゴータマくんです。

さてさて

何回か見たので、ようやくストーリーについていけるようになったわたし。
ところが、
学生は、1回しか見てないのに、けっこうストーリーについていけてる。

けっこうなアニメ評論家もいて、
手塚の作品はについて、あれこれ蘊蓄を披露してくれる。
また、声優やセル画などの細部にも気づいて評論したりするほどの子もいる。

でも、

中には、わたし並みに、アニメについていけない子もいる。
「残酷なシーンは見ていられなかったし、何が何だかわかりませんでした」
っていう子も。。 

だよねェ。。わたしもだよ。

何回か見て、気づいてきたのは、
制作者(手塚治虫?)は、実は 「 わかりやすく 」 作っているのだ、
ということです。


アニメの基本は、「 わかりやすい 」ことなのです。

(などと知ったかぶりで言っていいのだろうか)


でも、それだけだけだと、おもしろくない、エンターテイメントなんだし。。

ということで、

二つのストーリーを交互に組み合わせる、という手法になる!
のだ。。これで、正しい?

一つは、   ある奴隷の少年の物語
もう一つは、 ブッダの少年時代の物語

奴隷の少年の物語は、「手塚」オリジナルの物語。
ブッダのお話しは、「仏伝」「経典」から採ったもの。


わたしとしては、こんな理解になってしまう。


だから、一つ一つのストーリーは「わかりやすい」のです。
一つは
奴隷の少年が、カースト制度を超えて這い上がっていこうとする姿を描くもの。
だけど、
もう一つのストーリーが、謎なのです(わたしにとって)。
ゴータマの煩悶と出家。。

ここにまったくのメスが入れられていない(ようにみえる)ので、
ただのきれいな絵になっている(ようにみえるのよ)。。でも、違うのかな?

もしかして、学生諸君はみんな、けっこう納得しているのかもしれない。
ゴータマは、人々の苦しみを見て何とかしようと出家した。。みたいに。

たぶん、お釈迦さまは人々のために出家した立派な人(?)なんだ。
コンセプトは、シンプルのはずだし。。

として、学生は納得しているのかもしれない、
(と、最近ようやく気づいてきました)


        ◇◇◇


ここから、とりとめなくつらつらと考察。


コンセプトは、シンプルに。
なぜなら、わかりやすくないとついていけないから。
しかし、
意外性はほしい。
なぜなら、わかりやすいだけだと飽きてしまうから。

だから、
シンプルなコンセプトのものをいくつか組み合わせることになる。


何となく、これまでわたしがつかんできた「 現代思想風景 」です。

だから、コンセプトをつかめる人には、
なんてことなく、「わかりやすい」「おもしろい」と言えるのです。

すでに、どこかに「答えを得ている・わかった」という感覚があるのでしょう。
現代という時代の流れをつかんでる、という感じもあるのかも。


でも、コンセプトがつかめないと、
何が何だかわからない、ただただ断片的に印象に残るのです。

今の時代には、ついていけないや、時代に遅れたかも。。
って、思うかもしれないですね。

以上は、世俗諦での、ものの見方の一例です。

わたしも、実は、ブッダの少年時代で、引っかかったので
自分自身としては、わかりにくかったです。
ブッダの時代が、仏教以外の決まり切った思想によって切り取られているなあ、って、ちょっと不満。


        ◇◇◇


では、ここから「経典」に考察を広げよう。
世俗諦から、勝義諦へと移行してみよう。

いってみれば、経典も、アニメと同じ手法なのかも。


コンセプトはシンプルに。
しかし、それは、組み合わさって現象している。


アニメよりももっと緊密につながり、また、細部のすみずみまでつながっている。


ゴータマの出家は、奴隷少年の下剋上物語と、もっと親密に連関しているよう。
同じ道の上にあるはずなのだ。

コンセプト1
一切皆苦

コンセプト2
諸行無常

コンセプト3
諸法無我


この三つが、一つの大きなコンセプトにまとめられることがわかると、
このアニメな世界は、勝義のアメニな世界になるのかもしれない。

アメニ? なに?

飴煮?

Photo(コトバンクから取りました)

並んでますね。
味もしみてる。

現象する風景に、コンセプトがしみてるの図。

これが仏教のアメニな世界なんだろね。


勝義諦では、「縁起」コンセプトが、シンプルに、
現象にしみこんで、どこを食べても飴煮なアメニ。。うまい!


こういう仏教コンセプトの行き渡る
アメニな世界は、一つには、マンダラがそうかもしれない。

イケメン・ブッダの代わりに、カラフル・ビューティな円満世界。

ブッダの目線、菩薩の目線が生きる世界。
Mandalafinal_m

世俗の世界
煩悩具足の 普通の人々は、
できるだけ 覚った人ブッダを
理想の姿、美しい姿で描こうとする

聖者の世界
悟りを得た聖者たちは、
縁起するこの世界に
清らかな理想郷を観ている

どちらにもあるのは、
もてる限りの力で
美しく描こう、荘厳しよう、という心。

アニメの世界とアメニの世界の共通点は、
これかな。

けっこうむりやりまとめたところで、

おしまい。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »