« 五月雨と五月晴れと羅什と龍樹そしてわたしと | トップページ

2017/07/15

仏教の行いは中道なり、ってか

すっかり記憶が飛んでいますが、いつのまにか7月。
写真もないのですが、一番最近のものを。
Dsc02287s
5月の頃には、龍樹のことを考えるゆとりがあったけど、
その後は、もう、何も考えずに、
ここまで来てしまいました。

どうして年々忙しくなるのだろう。

同じ一科目でも、確実に手間が増えている。
教えることは、
少なくなってくるのに、
手間だけは、何倍にもなって
すごく時間を食うようになってきました。

たぶん、学校のスタイルが変わって、
知識を授ける、というのではなしに
教育を施す、という方に変わったからだろう。

半年の講義も終わりに近づいているけど、
気分としては、
いつも、一歩進んで、二歩さがる、みたいな講義です。

やればやるほど
はっきり言って、さがっていく。

後退していく講義
やっぱり
前進したいわたし

葛藤がある

で、いいや、まあ、仕方ないかな
って思ってます。
その理由は以下の通りです。


      ◇◇◇


最近気づいたことがあります。


“八正道” です。


生きる上の基本の考え方になる
と気づいたのです。


ブッダが弟子たちに示した修行の方法は、

八正道でした。

そして、かれは、

八正道というのは、


中道だ、


と述べたのです。

その通りなのだ。
「中道」 
二者のうち、いずれの極端にも寄らない道

これが中道です。

どんなことでも、そうなのだ。

見いだした両極端の中で
中道を取っていくと、
確実に、一本、道ができるのです。

ゆらぐことはない不動の道で
易行道
なのです。

そこを行けばいいのだ!

ま、だから、講義も同じで、
教師の力と学生の力の中道なのでしょう。
きれいな中道が得られないので
葛藤が起こるのかもね。。

修行がたらんな

     ◇◇◇


さて、さて、中道で、もう少し。

親鸞聖人は、非僧非俗という中道を見つけました。
また、自力と他力の中道も見いだしました。

定散自力の称名は
果遂ちかひに帰してこそ
おしえざれども自然に
真如の門に転入する
(『浄土和讃』)

定心や散心で、自力によって称名を唱えていても
第二十願によって、阿弥陀仏の「果遂の誓い」に至るので、
おのずと阿弥陀仏の他力へと転入していく

「果遂の誓い」とは、

第二十願にあるように、
衆生が、自力の努力をもって、
徳の本を植えて一心に廻向しながら、浄土に生まれようと願う、
その願いが達成されなければ、正覚を取らない、
という弥陀の誓いのことです。

自力でいろいろ称名を唱えてがんばる衆生であっても、
救います、という弥陀の誓いが、効いて、
自然と、衆生は真如の門に入っていって、救われるのです。


自分と阿弥陀仏とのコラボレーション

もはや自分の力でもなく、
阿弥陀仏の直接の力でもない(=他力の廻向)、
そんなところに到達しますね。


「中道」


これがなければ、仏教ではない!

といっても、いいのでしょうね。

「他力本願」というだけでも、
きっと「中道」の要素が入っています。
なぜなら、誓願は、控え目な「否定形」の因果だからです。

~しないならば、決して、わたしは正覚を取らない

という形で説かれる、奥ゆかしい「縁起」が
阿弥陀仏の本願他力と呼ばれているのです。

阿弥陀仏が、積極的に衆生に関わろうとするのではない

衆生のはたらきかけもあってはじめて阿弥陀仏は姿を見せてくれるのです。


だけど、また、衆生の側からしても、


絶対的な神の世界を持つ人とは、
どこか違うのです。
「神に祈る」という行いとは、やっぱり、違うのです。
ストレートに祈りが神に通じることを願う、
それが「祈り」ということでもありましょう。

念仏は、「祈り」ではない、「信の自己表明」でもない、

やっぱり「中道」

だから

なんでもない、念仏は念仏、
だから、念仏するのです。


こうなると、仏教だなあ、って気がしてきますね。

まあ、こんなことを考えているんだけど、
うまくまとまらないですね。
そのうち、もう少し、すっきりしてくるだろうと、思っているところ。

Dsc02269s
春に咲いたうちのチューリップ。

咲き始めは、ただの黄色で、だんだん上から赤い色が降りてきて
すっかり赤くなっていく不思議なチューリップ

自力の黄色が
だんだん
他力の赤に染められて、極楽浄土に向かいます。

|

« 五月雨と五月晴れと羅什と龍樹そしてわたしと | トップページ

コメント

> わたしたちには、なかなか答えがたいことです

わたし + たち   
 この  わたし  は 理解できます  が
+ の  たち   は  理解できません 

理解できる者は 答えられる  かな ?
理解できない者 
=  その曖昧さを指摘できる者  が 理解できることかな ?


> が、諸仏には理解されているところがあるようです。

どこがどのように理解されているかが 指摘対象とならなければ
何が どう 理解されているかは 示されていない
あるよう  ということは ないよう  という内容 を いう

> この法の深淵さを、

深淵か はたまた そうでもないか  は 決まっては いない
易行 という言葉が 示すことは 深遠な法 ではない
けれど
それを 深淵 と する者を 否定できない

> その器ではない人々には説かなかった、というそのことによって、

わたしが その器かどうかは
あなたが
その器の中身で 外身(器)を知る

その事が 成立しようとしまいと

> まさしく、一切智者(ブッダ)は「一切智者である」

ブッダ は ブッダ  である
ということは 否定できないけれど
般若波羅蜜多 において 否定される こと

> として、諸仏により理解されるのである。(『宝行王正論』1.74)

すべて 理解して 理解と行いとが 一致する モノ を ブッダ と 呼びます

> この文が成り立つことは、分かります。

分かっても分からなくても
成り立つことはある


投稿:  春間 則廣  | 2017/07/20 20:57

>絶対的な超人の世界って ありますか ?

わたしたちには、なかなか答えがたいことですが、諸仏には理解されているところがあるようです。

この法の深淵さを、その器ではない人々には説かなかった、というそのことによって、まさしく、一切智者(ブッダ)は「一切智者である」として、諸仏により理解されるのである。(『宝行王正論』1.74)

この文が成り立つことは、分かります。

投稿: 管理人エム | 2017/07/20 19:56

> これで仏教にも当てはまります。

当てはまりません

あなたは 当てはめる

当てはめることができる者  に 対して
当てはめることができない者 は

言う言葉が あろうと(あるのだけれども)
聞かれる言葉がない

ここに (現に)言っている
 けれど  
聞かれることがない

投稿:  春間 則廣  | 2017/07/18 08:27

>絶対的な神の世界って ありますか ?

>あると 証明できなければ 論の構築の
>前提が 崩れます

コメントをちょっと変造して返します。


絶対的な超人の世界って ありますか ?

あると 証明できなければ 論の構築の
前提が 崩れます


これで仏教にも当てはまります。

投稿: ポンジミ | 2017/07/18 07:27

どのような  ミチ を  歩いていてもよい

そこに中道があれば 、、、、

***********
> その通りなのだ。
> 「中道」 
> 二者のうち、いずれの極端にも寄らない道

縁起を構成する 二つの 立場
その中間 = 縁起を知る“ところ”
いずれの極端も、他(偏)の極端を 否定しない“ところ”

そこは 道の 端から見ると 他偏(の方) に あります

> これが中道です。

揺れなければ 中道ではない
“ 揺るぎないところは いつも 偏にある ” 
( “ これ ” が 揺るぎなければ  “ これ ” は偏にある )

> どんなことでも、そうなのだ。

それは 揺るぎないことか ?

> 見いだした両極端の中で
> 中道を取っていくと、
> 確実に、一本、道ができるのです。

どのような道でも 一本の道(一本につながっている)のです
一つの道( 立場という “時” )に 
幾つもの 偏があり 
居るところが そこ(偏)です
偏を取りつつ進めば 偏 ばかり  続くように思える
( そう思うことが 偏 です )


> ゆらぐことはない不動の道で

なんか変だぞ 、、、、
揺らぐことがない こと  は あること  かな ?

どんなことでも 選択してしまえば
> 易行道 なのです。

> そこを行けばいいのだ!

揺らがないかな ?

ま、だから、講義も同じで、
> 教師の力と学生の力の中道なのでしょう。

偏と 偏の 間に  “偏” も  起きる
> きれいな中道が得られないので
> 葛藤が起こるのかもね。。

起きた 意識は 常に きれいに 明確に 起きている
けれど
それを (明確に)迷誤する

> 修行がたらんな

「 勉強し末世 引っ越しの 境 」  っていう TVCM 最近聞かない 、、、、

修業し 末世 いつでも 境

修行  している と していない   ソノサカイ に サカライ ません


     ◇◇◇


さて、さて、中道で、もう少し。

> 親鸞聖人は、非僧非俗という中道を見つけました。
> また、自力と他力の中道も見いだしました。

わたしは まだです
まだだから 何を見出したか 知る由にない

「  定散自力の称名は
    果遂ちかひに帰してこそ
     おしえざれども自然に
     真如の門に転入する     」  (『浄土和讃』)

定心や散心で、自力によって称名を唱えていても
第二十願によって、阿弥陀仏の「果遂の誓い」に至るので、
おのずと阿弥陀仏の他力へと転入していく

「果遂の誓い」とは、

第二十願にあるように、
衆生が、自力の努力をもって、
徳の本を植えて一心に廻向しながら、浄土に生まれようと願う、
その願いが達成されなければ、正覚を取らない、
という弥陀の誓いのことです。

> 自力でいろいろ称名を唱えてがんばる衆生であっても、
救います、という弥陀の誓いが、効いて、
> 自然と、衆生は真如の門に入っていって、救われるのです。

頑張っても、
それが 無駄に起きる 頑張りでも
頑張ればよい   、、、、、       かな  、、、、、、


> 自分と阿弥陀仏とのコラボレーション

コラボ の 意味は コレナンボ ?

もはや自分の力でもなく、
阿弥陀仏の直接の力でもない(=他力の廻向)、
> そんなところに到達しますね。


> 「中道」   これがなければ、仏教ではない!

あれば仏教なら
「中道」 は すでに 釈迦牟尼の “トキ” として ある

> といっても、いいのでしょうね。

良いか悪いかは
悪くなって、 分かること 、、、、

> なぜなら、誓願は、控え目な「否定形」の因果だからです。
> ~しないならば、決して、わたしは正覚を取らない
> という形で説かれる、

マ  どう聞くかによって どう説かれているかは 正しく決まる
その正しさに 人(凡夫) は 迷う

> 奥ゆかしい「縁起」が

ゆゆしき物言い  奥ゆかしくないモノ言い


> 衆生のはたらきかけもあってはじめて阿弥陀仏は姿を見せてくれるのです。

見る  ということは  衆生の “働き” に 属します
なぜ 見るか  は  弥陀の 本願です


> だけど、また、衆生の側からしても、


絶対的な神の世界を持つ人とは、
どこか違うのです。
「神に祈る」という行いとは、やっぱり、違うのです。
ストレートに祈りが神に通じることを願う、
> それが「祈り」ということでもありましょう。

論を 繰り返すのは 止めておきます
どういう 論  を  読み取るかは
あなたの 論議  に 乗るのみです

> 念仏は、「祈り」ではない、「信の自己表明」でもない、
> やっぱり「中道」

人の歩む道は すべて 中道  の 道

> なんでもない、念仏は念仏、
> だから、念仏するのです。

「祈りの念仏」 であろうと
ひとたび 親鸞が 念仏を唱える限り
繰り返しの 咎 は とがめられない 、、、、

こうなると、仏教だなあ、って気がしてきますね。

> まあ、こんなことを考えているんだけど、
> うまくまとまらないですね。
> そのうち、もう少し、すっきりしてくるだろうと、思っているところ。

少し たくさん 一部 全部
これらはすべて 「縁起」 に ある


投稿:  春間 則廣  | 2017/07/16 08:58

>>絶対的な神の世界って ありますか ?
> 仮説だからね。

  あれば 絶対です (仮説は起きません)

持とうと持つまいと
ある ということ  を
論に組むと 顛倒しています

ある という論は 無い人に起き
無いという論は あることがなければ成り立たない

> 前提が崩れたら、それは、それで、ある意味、ありがたいことではあります。

論が飛躍しています

意味が成り立ちません

無いことに対しての 論は 成り立ちません
そもそも 論 に することがない
ある のであれば
あるように(テキテキと)受けなければなりません

なにを どう  テキテキ と 受けるかは
法華経に いくらでも説かれています
瓔珞 と 浄土 は 同じモノです

投稿:  春間 則廣  | 2017/07/15 15:42

はやっ!
全部書き終えてないかも、もしかして。

>絶対的な神の世界って ありますか ?

仮説だからね。

前提が崩れたら、それは、それで、ある意味、ありがたいことではあります。


投稿: 管理人エム | 2017/07/15 12:23


絶対的な神の世界って ありますか ?

あると 証明できなければ 論の構築の
前提が 崩れます

投稿: 春間 則廣 | 2017/07/15 11:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58200/65536990

この記事へのトラックバック一覧です: 仏教の行いは中道なり、ってか:

« 五月雨と五月晴れと羅什と龍樹そしてわたしと | トップページ