« 空(くう)の風景 どこが? | トップページ | さくら と 電子本 »

2017/03/22

春に向かうべし、べしべし。

今さらですが、日記は毎日書くものです。
わはは!

間違ってシャッターを押してしまった写真です。
Dsc02220s

本当は、これを撮るつもりだった ⇓
Dsc02219s
雪の中から顔を出しているのが、ふきのとう

Dsc02221s
壁にくっついているので、太陽の光をあびて育ちがいいわ。


          ◇◇◇


PLさまの書き込みに触発されて

岩波文庫で『大乗起心論』を読んでいます。

おもしろいっす。


以前にも読んだことがあったのですが、
ほとんどピンとこなかったのです。

簡単に言えば、、一つも、わからなかった
ってことだと思います。


今は、すごく興味深いです。


概説書には、およそ五-六世紀の作品と、書いてあるけど、
作者は、馬鳴(めみょう、アシュヴァゴーシャ)と記されています。

だから、馬鳴が書いたんだ、ということで、読んでみました。

馬鳴という人は、カニシカ王に仕えたと伝承にあるので、
およそ二世紀くらいの人と見ておきます。

龍樹と同時代か、それよりちょっと前の人、というくらいです。


そういうことで読んでみると、
「ふうん、なるほど!」
って、思います。

龍樹論法は、まだ知らないようですが、
でも、独自の視点をもっていて、
禅定の効いた、論を展開しています。

部派の教えの伝統もよく知っており
『ヨーガ・スートラ』などとの親近性も、ないわけではない。。

かれは、「空」をよく知っている。

もっとよくさぐってみよう。

ふきのとうで春を見つけたように
馬鳴で、仏法も見つかるかも。

春は、仏法の季節ですね。

まだ、日陰にはこんなに雪があるけれど、
そのうち、わたしの中にも、雪解けがやって来て
Dsc02223s
仏法の季節が、

やってくるべしべし

やってくる、きっと

僕も負けずに、べんきょ だいっ!
Dsc02188s
パズル、ぱずる、ずるっ。。


|

« 空(くう)の風景 どこが? | トップページ | さくら と 電子本 »

コメント

> 本当は、これを撮るつもりだった ⇓
> 雪の中から顔を出しているのが、ふきのとう

> 壁にくっついているので、太陽の光をあびて育ちがいいわ。

この辺りは 今 どんな様相であるのでしょう
いつか
通りかかったら

UP↑ してください

投稿:  春間 則廣  | 2017/04/30 08:29

> 間違ってシャッターを押してしまった写真です。

間違い  と  思い通り


行いに対する “評価”  が
思い に 沿わない 時   に
間違い  と   される ( 揀択 )


何故間違ったかを 解析すると
正しいという基準が 顕われ出る事もある

何故間違う 必要  が あったかを
必要とする者は いないわけではない

“想定外” で 済ますとき
済ましていないことの 必要性は  想定外


いろいろの方法で
その人に必要なものを 見せてくれるけれど
見たくない時には 見ても通り過ごす
通り過ごさなくても、 「止観」 に とどまらない
そこにおいて 「 只管打坐 」 を 起こすとき
「行住坐臥」 という 定 の 上


何を急ぐか  富貴 の トウ    flair

トウ を 立てれば 涅槃に近い ( ホケ の トウ )

トウ を ともせば ホウトウ が 建つ


投稿:  春間 則廣  | 2017/03/23 08:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58200/65050915

この記事へのトラックバック一覧です: 春に向かうべし、べしべし。:

« 空(くう)の風景 どこが? | トップページ | さくら と 電子本 »