« 2016年10月30日 - 2016年11月5日 | トップページ | 2016年12月25日 - 2016年12月31日 »

2016年12月11日 - 2016年12月17日

2016/12/11

降った雪一日分

週末金曜日(9日)は、一つも雪がなかったのに

土曜一日で、これだけ降りました。
Dsc02156s

車が、マシュマロみたいになってます。
札幌65センチの積雪だって。
横から車を見たところ、です。
Dsc02161s

でも、よく考えたら、
風景が、例年と変わらんなぁ。

毎年、今頃はこんなだ、という、いつもの風景になりました。
Dsc02157s
結局、今の時期としては例年どおり、ってことか。


       ◇◇◇


しかし、今年は本当に忙しい。

毎年、同じことを書いてるかもしれないけど、
一日が、気分としては、1時間で終わってる気がする。

疲れだけが、24時間分あって、
この湿った雪のように重い。

それでも、何とか勉強しようと無駄にもがくので、
机が、本で積み上がっています。

虚しく、あれこれ本を拾い読みしてますが、
たまたま『大智度論』と『十住毘婆沙論』を開いて読んだら、

なぜかすごくすらすらよくわかったので
「良しっ!」って、思いました。

「不滅」「不生」という『中論』の冒頭の二語を、
一週間ずっと考察してたからだろうか。


『大智度論』

これは、
世界がひっくり返っても、
地球が滅亡しても、
明日も大雪で家が埋もれても

龍樹しか書けない書だと
実感しています。

『十住毘婆沙論』もそう。

四悉檀説 (『大智度論』の最初にある)

これを、
どうして見出したのかも、
どうして分類づけたかも
どうして開設したかも、

みなわかってきました。


       ◇◇◇


『中論』は、名前の通り、「中道」をメインとする書ですが、

他は違います。

『十住毘婆沙論』は、その段階を超えています。

はっきり無生法忍を得た菩薩の道が示されるので、
『中論』より、内容が進んでいます。 

『大智度論』は、『中論』から『十住毘婆沙論』まで、
すべてを扱っています。

インド洋より深く、エベレストより高い、
そして、
虚空のように果てしない 般若波羅蜜 の極致が
示されています。

『大智度論』の中に、

一切の龍樹の書は、おさまるだろう。
やってないけど、そのはずです。

『方便心論』もある、『中論』もある、
『ヴァイダルヤ論』『因縁心論』『廻諍論』
『菩提資糧論』『十住毘婆沙論』もある

お正月のおせち料理の入った重箱みたいな本だ。
あらゆる料理が
吹き寄せになってます。


なんて、器なんだ!
幾重にもなった重箱の器

それが、龍樹の器です。。。。喩えが冴えないな。


ほんと


ほんとだにゃ~、冴えないぃぃ~、だるぅ
Dsc02106s
ダンです。


ほんと


冴えない、だれてるにゃん、ダンきち 
Dsc02107s
by きりりサムちん


だれてる管理人の日記アップです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年10月30日 - 2016年11月5日 | トップページ | 2016年12月25日 - 2016年12月31日 »