« 2016年10月16日 - 2016年10月22日 | トップページ | 2016年12月11日 - 2016年12月17日 »

2016年10月30日 - 2016年11月5日

2016/10/30

『龍樹『根本中頌』を読む』

Photo

新著です。さっそくご紹介します。『中論』の和訳解説が出ましたね。

  桂紹隆・五島清隆著 『龍樹『根本中頌』を読む』 (春秋社)

帯には、

『中論』の画期的な現代語訳!

とあります。

ざっと内容のご紹介といきましょう。

前半は、桂先生の 『根本中頌』の翻訳
後半は、五島先生の『根本中頌』並びに龍樹の著作・生涯の解説

共著ではありますが、それぞれ役割分担している点を考えると、
独立したものと考えてもよいかもしれません。

ただ、徹底的に議論して翻訳したともあり、
意見の合わないところは、別訳として示した、ともあります。


       ◇◇◇ 


率直な第一印象は、

『中論』の読みと解釈に関しては、
これまでの研究成果を十分取り入れて、吟味検討し、
よくまとまった内容が非常に丁寧に説かれている、

という感触をもちました。

集められた諸説の中で、多くの研究者の賛同を得るような、
もっとも合理性のある解釈が選び取られた、という感があります。

たとえば、龍樹の説く「縁起」について
「相互依存の縁起」と解釈する従来の解釈を紹介し検討して、
これを龍樹の説くものではないとして否定しています。

龍樹は、相互依存関係を説いているのではなく、
「依存関係そのものを否定しているのです」(p.253)
という理解を示しています。

その理由は、縁起と空性を一つととらえることによります。

第二十六章に関してですが、その解説の中で
縁起の還滅門にある十二支を、空性の理解によって一気に滅へと
導き出していきます。(pp.201-.205)

これによって、「依存関係」という見方を採らないことも
同時に示されていくことになります。


ここは、龍樹解釈として、
たいへんうまく説明してあると思います。

『根本中頌』において、
第二十六章に十二支縁起が説かれる理由を、
はっきりさせることにもなり、
これまでの龍樹研究より、明らかに前進しています。

『根本中頌』を一貫した龍樹作品ととらえ、
最終章第二十七章の最後におかれる、
ガウタマ(=仏陀)への帰敬偈を根拠にして

===
龍樹にとっては、自らの思想の基盤とする空性が
釈尊の説かれた縁起に他ならないこと、
この「縁起=空性」によって世に蔓延している
アビダルマ論師や文法かたちの実在論を
戯論による邪見・謬論として撃破すること、
さらにこの「縁起=空性」がもたらす吉祥の境地を
言葉で明示することが重要だったのです。
====(p.208)

と、結論づけています。


ただ、問題も、ありますね。。。


ここははっきりさせておきたいのですが、

五島先生の考えでは、
『根本中頌』において「縁起」は十二支縁起のことであるから、
これをあらためて空性の光で照らす必要はない、
とのことです。(p.201)

さらに、続けて、
====
龍樹にとって、「説法者中の最高の説法者である仏陀」が
説かれた縁起こそが、空性であり、この空性によって、
第十八章で示したように「空性→戯論の滅→分別の滅→
業・煩悩の滅→解脱」という還滅門が可能になるのです。
=====(p.201)


(帰敬偈によれば)

「縁起こそが空性である」

ことを、龍樹は示そうとした
と、五島先生は考えています。

縁起は、空性の光に照らす必要はないが、
縁起こそが空性であり、
その空性によって、還滅門が可能になる。。。

どういう文脈。。なのだ?

鶏が先か、卵が先か、みたいな感じもしてきます。
空性が先か、縁起が先か。。。

この点は、うーーーん、というところです。
どっちが先なの?
この文章。

おそらくは、帰敬偈を採るとすると、
五島先生は、
縁起のもとに、空性ありとしているような感じもありますね。

そうなら、

せっかく、「空性→戯論の滅→…→解脱」の構図を見いだし、
その「業・煩悩の滅」の項目に、
十二支縁起の鎖を対応させながら(p.204)、

なぜ、縁起 「こそが」 空性であることを、示そうとした、と見るのでしょう?

素直に見れば、図の通り、

空性の図式の中に、縁起(還滅門)が位置づけられているのではありませんか?

図式では、「空性」という項目が頭にあって、その中の、「業・煩悩の滅」に
十二支縁起があたるのだから、
龍樹は、

「空性は縁起でもある」

と見ているとした方が、
自然の流れのように思います。
縁起それ自体は、最後の方の第二十六章に説かれ、
メインに説かれているのは空性なのでありますから。

中頌の解釈そのものは、一貫した論理で
非常にうまくいっているのに、
出てきた結論が、
その論理に逆らうような解釈であるのが残念です。

何か作為的な印象を受けてしまいます。

『根本中頌』は、釈尊の「縁起(=十二支縁起)」を空性と見ることを
目的とした書である

と、意図的に印象づけようとしているかのような。

五島先生のこういう解釈から、また、,

空性と縁起についても

「依存関係そのものを否定しているのです」(p.253)

とする見方は、採用できないのでしょうか。

そうなると、ブッダは何も説かないことになって、
それなりにつじつまが合うような気もします。  


          ◇◇◇


本書の、もう一つの注目点は、「仏陀観」を検討していることです。

単数形で示されるブッダ(釈尊)
複数形で示されるブッダ(諸仏)

これらの違いに目を向けているのは、非常によい観点だと思います。
が、ここも残念なことに、作意が見られます。


単数形のブッダは、
十二支縁起を説いた歴史上のガウタマ・ブッダ(釈尊)

複数形のブッダは、
龍樹の主張する教説の称讃者・支持者、つまり、「大乗の諸仏」

(p.209)としています。

複数形のブッダが、「大乗の諸仏」であるとする根拠が、はっきりしません。
過去仏たちもいますから、それらのブッダも、複数形のブッダの中に
含まれると見るのが、ふつうの考え方ではないでしょうか。

取りあげられた用例の一部(MやQ)は、「過去の聖者」「過去の諸仏」と
解しているので、五島先生は過去仏も考慮されていることがわかります。
(pp.212-216)

そうであれば、

龍樹が、複数形のブッダとしているとき、
それは、複数のブッダをいうのであって、
大乗の諸仏であれ、過去仏であれ、未来仏であれ、
どんなブッダも対象になっている、と、
読めばよいのではないでしょうか?

また、「大乗の諸仏」とカギカッコ付きで述べるなら、
それらが、何を指しているのか、どのような根拠なのかも、
一般読者に向けて語る必要があるのではないでしょうか?

と、疑問を呈したところで、

このような仏陀観が、
その後の龍樹文献群の解説に反映されていますので、
ここは、問題があるように思います。

このような仏陀観をもって、『根本中頌』と他の龍樹文献群とを
比較し検討しているからです。


      ◇◇◇


龍樹文献群には、八つの著作をあげています。
1 『六十頌如理論』
2 『空七十論』
3 『廻諍論』
4 『ヴァイダリヤ論』
5 『宝行王正論』
6 『勧戒王頌』
7 『大乗二十頌論』
8 『因縁心論頌』

主要八文献のいくつかは、
『根本中頌』と同じ著者である可能性はある(p.320)
としながらも、
空観・縁起観・仏陀観などの検討にもとづいて

「縁起観や仏陀観のような
個人の宗教的信条の根幹にあるものが
そう簡単に変えられるとは思えません(p.320)」

として、これらの作品が龍樹作であることを疑問視しています。

五島先生の説としては

「龍樹著作は『根本中頌』のみであって、
それ以外の著作は彼の名のもとに作成された文献であるという
「仮説」を立てたいと思います。」(p.261)

ということです。

ここは、その理由になっている、先ほど述べた

「縁起観や仏陀観のような
個人の宗教的信条の根幹にあるものが
そう簡単に変えられるとは思えません(p.320)」

という部分が、確固としているかどうかによるでしょう。


        ◇◇◇


『根本中頌』と龍樹文献群との関係について

===
私は、『根本中頌』の作者のみを太陽に、
その他の諸文献の作者たちを惑星に見立てているのです。
===(p.262)

と五島先生は述べて、

その他の「龍樹文献群」の作者たちは空性の光のもとで、
それぞれ独自に主張を繰り広げたのだと考えています。


先入見を抜いて、素朴に考えてみます。

もし、すべて五島先生のいうところを認めてみますならば、

釈尊にしたがうという「宗教的な信条をもった」
『根本中頌』の作者龍樹が、
「空性」を唱道して、
実在論的な立場の者たちを斥けたことになりますが、
(あえて主張を立てなかったとはいえ)


そのような龍樹の釈尊への「宗教的な信条」は、

「空性」とは相容れないのではないでしょうか?


この「宗教的信条」、これが、龍樹の「 自性 」として、
『根本中頌』のみに認められることになり、
それによって、他の文献は龍樹作ではない

とされる
そのような五島先生の論理そのものを、

『根本中頌』の作者は、「空性」によって否定しようとしている
ようにも見えます。


      ◇◇◇


『根本中頌』の作者を龍樹として、
それ以外の文献群を、他の作者の作品としようというねらいは、
よく分かりましたが、

仮説を立てることにより
仮説であっても見解を持つことになって、

「見解をもたないこと(=空性)」を説く『根本中頌』の内容そのものに
反することになったのは、残念なことです。


もし、ほんとうに、「龍樹文献群」が龍樹作品でないのならば、
そのことは、自ずと知られていくことになろうかと思います。


     ◇◇◇


たいへん興味深く読みましたが、

ブッダ(釈尊)と龍樹の関係は、
いまだ完全に解明されたとは言えない

との結論をえました。

また、諸仏についても

===
勝者(=仏)たちによって、空性はすべての見解を取り除く手段であるといわれた。
しかし、空性を見解として持つ者は、救いがたいとも言われた。(『根本中頌』13.8)
===

この詩については、「勝者たち」と、複数形のブッダになっている理由が、
以下のごとく説かれていますが、
今ひとつすっきりしません。

===
「釈尊=空性を説く大乗の仏陀」の証明が為されていない、
本頌のこの章の段階では、大乗の立場に立っての説者は、
単数形のブッダではなく、複数形のブッダでなければならないのです。
===(p.214)

と、あって、やむなく「大乗の説を説く論者」としての立場を、
龍樹が採らざるをえなかったかのごとくに説明されています。

ここも、過去仏なども含めて、ただ「諸仏」では、ダメなのでしょうか。


あらかじめ仮説を立ててしまうことにより、それが、
本書の主張を形成し、解釈を限定してしまっているようです。

読者に解釈を任せる、という態度とは、うらはらに

読んだ印象は、

ずいぶん主張に満ちた龍樹理解である

という感想を抱きます。


     ◇◇◇


わたしは、
『根本中頌』は、龍樹が、ブッダから受け取ったもの
一切の表出であると、考えています。

見解をもたないこと

それを空性としたのが、
『根本中頌』の著者、龍樹であるなら、


読み終わったあとに


たしかに空性(=見解がないこと)が説かれていると、
実感できることが望ましい、のではないか

ということを思いました。


自分で自分に課した、この条件をクリアできるように、
『根本中頌』の解明を急ぎたいと思います。


 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2016年10月16日 - 2016年10月22日 | トップページ | 2016年12月11日 - 2016年12月17日 »