« 2016年4月24日 - 2016年4月30日 | トップページ | 2016年5月15日 - 2016年5月21日 »

2016年5月1日 - 2016年5月7日

2016/05/07

人を くう お話し (コワいよ、コワっ)

Dsc01997s
こぶし。


空(くう)について考えています。


空(くう)  は、  人を食う(くう) ってのにも、通じているかも。

一つのことばが、一つの意味ではないことを、
否応なく
教えることばです。


        ◇◇◇


この前、「他心通」 が話題になったことがありました。

「他心通」と言えるのかどうかは、わかりませんが、
経典には、このような表現がよく出てきます。

例えば、「梵天」(『サンユッタ・ニカーヤ』18.57)

=====
3 その時、サハンパティ梵天は、
尊師の心慮することを、
心によって了解して、
=====
心に沁みる原始仏典「梵天」

ここは、サハンパティ梵天が尊師の心を心によって、知る場面です。

わたしは、ここを、このように訳したのですが、
本来の語順を考えると

====
さて、その時、サハンパティ梵天は、
尊師の、心によって
心慮することを了解して、
====

とした方が、よかったと思っています。

直せばよいかもしれませんが、
まあ、これでもまずいわけでもありません。


心によって
心の思いを知る

という表現ですが、

「誰の心によって、誰の心を知るのだろう?」

ということが、疑問になるでしょう。

サハンパティ梵天が、尊師の心を知ろうとしているのは
わかっているので、「誰の心を知るのか」はわかります。

そうすると問題は、「誰の心によってか?」というところです。

二とおり考えられます。

サハンパティ梵天が
1:
尊師の心に依って
尊師の心の思いを知る
2:
梵天の心に依って
尊師の心の思いを知る

どちらでしょうか?


「他心通」という神通を用いたと思った人は、

梵天が、自分の心を使って、
尊師の心の思いを知った

と理解するかもしれません。

しかし、可能性としては、
1も大いにありそうです。

間違うことなく、知るためには、
梵天の心を用いても、無駄でしょう。

尊師のことは、尊師の心を用いて、尊師の心の思いを
知る方がたしかです。

尊師の心によるならば
尊師の心の内は、
梵天にも見てとれるのではないでしょうか。


どれが正しい訳なのだろう
と思われたみなさん


どれも、ありえましょう。

文字通り、語順どおりには

========
サハンパティ梵天は

尊師に関して

心によって

心の思いを

知って
======

となっているのです。

「尊師に関して」を、次の「心によって」に
かけて読むことも出来ます

★尊師の心によって
尊師の心の思いを知って★

「尊師に関して」を、その次の「心の思いを」に
かけて読むこともできます。

★(梵天の)心によって
尊師の心の思いを知って★

「心によって」にかけて読まないことで、
「梵天の心によって」であることが導かれてきますね。

それぞれが、それぞれに読むなら、

ある人は、1の読みを執る
ある人は、2の読みを執る

その解釈のちがいは、その人の理解のちがいになるのです。

どの程度理解しているのか が

ただ読みにあらわれてくるだけなのです。


       ◇◇◇


これが、「空(くう)」

だから、読みの深さが、理解の深さに通じていて

あれが正しい、これが正しいと争うわたしたちを、

経典は、黙って見つめているのです。


これが、 「人を 空(くう)」

ということで、

煩悩多きわたしたちには、経典は

「人を喰う(くう)」

とも見えるのです。

やあ、こわっ!


例えば、他人の心を読んでやろうと意欲満々なら、
結局、自分の心を用いて、他人の心を察知する、ことになりましょう。

自分の心に、「自分」という思いが強ければ
他人の心を写す鏡のようにはなりません。
曇ってしまって、他人の心を見誤ることもありましょう。

自分の心は使わず、‘無’にして
相手の心によりそうならば
相手の心の思いは自分の思いのよう。。

あるがままの観察 が、できるのではないでしょうか。

相手の心を知るには
自分の心のない時の方が
うまくいくのでは、って思います。

他人の爲に(利他)

という気持ち が 必要なんですね。
Dsc01983s

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2016年4月24日 - 2016年4月30日 | トップページ | 2016年5月15日 - 2016年5月21日 »