« 2015年12月27日 - 2016年1月2日 | トップページ | 2016年1月17日 - 2016年1月23日 »

2016年1月3日 - 2016年1月9日

2016/01/03

あけましておめでとうございます

Dsc01863_r
写すものがないので、日めくりでも。

もう、3日になってしまって、今年も残りわずかですね。。?

焦ることなく過ごしたいけど、
そういうわけにもいかないかも。

今年の計画は立てないのか、って?

忙しすぎて計画倒れになること必定なので、
立てるのやめました。

やることはわかっているのよ。


『中論』なのだ。


      ◇◇◇


求められているのは、『中論』解説。

そのための下地が、『スッタニパータ』とふんでいます。
さらには、パーリの「ニカーヤ」類。

『スッタニパータ』と『中論』をつなぐ、大事な注釈が、
『大智度論』と『方便心論』などなど。

『大智度論』は、龍樹作ということが認められないと
ちょっと困るけど、
たいしたことではありません。


ブッダの教えの中に、論法があることを

はじめて気づいた人は誰か

ということがわかると、後は芋づる式に解決されてくるでしょう。


      ◇◇◇


だから、『スッタニパータ』をやっているのです。
龍樹は、ブッダの教えからどんなことを受け取ったのだろう。

そのヒントになるのが、スッタ(経)という形式なのです。
教えの核心を示す短いことばです。

ここを自分で探らなくちゃあかん、って思ってます。

それで

『スッタニパータ』の一部で、本を書こうと思っています。

まだ、何もかたちになっていませんが、
ここに計画として書いておこう、っと。

年々忙しくなって、落ち着いて勉強出来なくなってくるけど、
それは仕方のないことなので、
出来る範囲で、可能な限り、前進していくつもりです。


龍樹は、ブッダの法を、どのように受け止めたのだろう。

原初にかえって、何もないところからはじめてみたい。


年頭に当たり、念頭にあることばをしたためました。

きりっ!

しかし、ほんとにだいじょぶだろうね。。


| | コメント (23) | トラックバック (0)

« 2015年12月27日 - 2016年1月2日 | トップページ | 2016年1月17日 - 2016年1月23日 »