« 2015年12月13日 - 2015年12月19日 | トップページ | 2016年1月3日 - 2016年1月9日 »

2015年12月27日 - 2016年1月2日

2015/12/27

薪から生ずるのが、実に、火なのです

春間さまに教えてもらったフリーソフトのおかげで
写真のリサイズが容易になりました。
すごく便利です。 ありがとうございます!
Dsc01862_r_2
ですが、写真が、あまりぱっとしませんね。
なかなか撮りたい風景に出会いません。。あれ?

あれれ?

うーーん、意外に意外な風景かも。
建物が傾いているように見えますね。

ピサの斜塔のよう。

気のせいかな。
とにかく、動かないから、ぶれることはないと思うぞ。


       ◇◇◇

さて、昨日は、今年最後の、
朝日カルチャーセンターでの講義でした。

『スッタニパータ』「スンダリカバーラドヴァージャ経」と
格闘してました。

何だか、「むずかしオーラ」がじわっと漂う経典です。

スンダリカバーラドヴァージャ・バラモンは、
聖火を焚いて、火の祭りを行います。

祭祀を行った後、供物の残りを誰かに食べてもらうことにして、
適当な人物(バラモン)はいないか探すのです。

そして、近くに座っていたブッダが目にとまり、
供物を捧げるのにふさわしいバラモンかどうか、
確かめようとします。


「あなたの生まれは何ですか」


こう聞いたのが、運の尽き(?)

じゃなかった

こう聞いたのが、縁となって、

かれはブッダの教えにふれることになるのです。


で、何がむずかしいかというと、

ヴェーダの知識が、その話の中に、
それとなくちりばめられているようなのですが、

そのあたりのことが

悲しいかな 
ヴェーダに詳しくないこともあって、
わたしには、はっきりしないのです。


仏教の解説も、ヴェーダのことはどうでもよいらしく、
あまりはっきりしたことが書いてありません。


     ◇◇◇

ですが、
わたしが、いくらか調べてわかったことを書いてみますよ。

ほんと、たいしたことはないけど、
それでも
ちょっと、わかった感じがします。


さて、
ブッダは
スンダリカバーラドヴァージャ・バラモンに、
このように聞かれます。
============
「わたしは、祭祀が好きなのです。
君、ゴータマよ、祭祀をしたいと思っています。
ですが、わたしはわかっていないのです。
わたしにどうぞ教えてください、尊者よ。
どこに献供すれば成就するのですか。
どうぞ、わたしに話してください。」
============

ブッダは、こう答えました。
===========
「では、バラモンよ、耳を傾けお聞きなさい。
わたしは、あなたに法を説きましょう。」

462 「生まれを問うてはなりません。
行いを問うてください。
薪(カッタ)から生ずるものが、
実に、火(ジャータヴェーダ)なのです。
賤しい生まれであっても、堅固な聖者であって、
恥を知って慎むならば、高貴な者となるのです。
===========

ここで悩んだのが、

「薪から生ずるものが、実に、火なのです」

という文です。
何を言っているのでしょうか、ブッダは。

次の文の「賤しい生まれであっても…」と、
どのようにつながるのでしょう。

なんだろ、なんだろ??

と考えて、
多くの注釈者や翻訳者は

「火は、実にあらゆる薪から生ずる」と解して、
だから、
「賤しい生まれであっても、高貴なものとなる」と

読むのですが、
何だかピンと来ませんよね。


ここね、祭祀と絡んで理解すると、見えてくるものがあります。

火の祭式では、
祭壇をもうけ、炉をきって、火をおこします。

その時、薪を使うでしょう。

具体的に、薪を用いて、火をおこして、
その火を聖なるアグニ(火)の神と見なして、
祭式を行っていきます。

薪(カッタ)

ということばは、「薪」の意味のほかに
「悪い」とか「無用の」とか、そんな意味があるのです。

さて、

たいしたことのない、
さしたる役にも立たないような細い薪でも
祭式を行うには、充分です。

そこから、式次第をきちんと
ヴェーダに説かれるとおりに守って行うなら、
ただ、火をおこすのとはわけが違ってくるのです。

起こされた火は、聖なる祭火となるのです。

その火は、「ジャータヴェーダ」という語で
言われています。

これは、火の別名ですが、ただ、それだけではなく、
太陽(サヴィトリ)の別名でもあり、火の神の名ともなります。

また、「ジャータヴェーダ」は、語源的には、
「生まれてきたものを知っている者」とも、理解できるのです。


だんだん見えてきたでしょう。

この、ブッダのことばの前にも、
ほかに
スンダリカバーラドヴァージャ・バラモンと、
いくらかやりとりもあるのです。
そこも見てみましょう。


ブッダは、自分の生まれについて、

「バラモンでもなく
クシャトリアでもなく
ヴァイシャでもなく
ほかの何物でもなく

 凡夫の姓を知り尽くして

無一物で、
賢明に世間の中で行じている」

と答えるのです。

「凡夫の姓を知り尽くす」ということは、
「生まれてきたものをみんな知っている」ということで、
「ジャータヴェーダ」とつながるでしょう。

それから

太陽(サヴィトリ)神についても、

ブッダは、スンダリカバーラドヴァージャに、このように尋ねています。

「もし、あなたがバラモンであるというのならば、
バラモンでないわたしに話してください。
わたしは、あなたに、
三句二十四文字からなるサーヴィトリー讃歌を
尋ねましょう」

このサーヴィトリーの讃歌は、
たいへん有名な詩で
現代でも日々バラモンたちが唱えているものです。

これによって、ブッダは、ヴェーダに詳しいことを
暗に示しました。

サヴィトリ神(太陽神)は、また、ジャータヴェーダとも
呼ばれるのです。

太陽は、光線によって、あらゆる生き物と結びつきます。
すべての生き物をあまねく照らして、見るのです。
逆に
生き物は、どんなものも太陽を仰ぎ見ることができます。
「ジャータヴェーダ」は、一切を見守る太陽の火でもあります。


こうなってくると、

「薪から、実に、生まれてくるのが、火なのです」

ということばの意味が、はっきりしてくるのではないでしょうか。

「賤しい生まれ(薪)であっても、
堅固な聖者であって、
恥を知って慎むならば、
高貴な者(聖火)となるのです」

ジャータヴェーダ(火)は、
単に高貴で聖なる火ではなく、

生きとし生ける者を慈しむ
太陽の光として、
意義づけられているのも
ブッダらしいところです。


     ◇◇◇

きっと、もっとヴェーダをよく知っていれば、
もっと何か出てきそうな気がします。

でも、とりあえず、

薪と火の謎は、ちょっぴりわかったかな。


あ、買い物に行かなくちゃ。
写真をあげますよ、こんなのどう?
Dsc01861_r
ブッダのジャータヴェーダ(太陽)には、
負けちゃうけど、
これも太陽でっす!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年12月13日 - 2015年12月19日 | トップページ | 2016年1月3日 - 2016年1月9日 »