« 2015年10月18日 - 2015年10月24日 | トップページ | 2015年11月1日 - 2015年11月7日 »

2015年10月25日 - 2015年10月31日

2015/10/30

『ヨーガの樹』のご紹介

久々に、本の話題を。

Photo

これは、ヨーガの実践に関わる内容を扱った本です。

B.K.S.アイアンガー氏の著した The Tree of Yogaという書を、
吉田つとむ氏が和訳したものです。

中に出てくるサンスクリットのことばの翻訳をわたしが担当しました。

ちょっとご紹介してみます。


世界的なヨガ・ブームを牽引してきたアイアンガー氏は、
昨年8月に95歳で亡くなりました。

生涯を、ヨガとヨーガに身を捧げた人物と言ってもよいと思います。

The Tree of Yogaは、1988年に出された書で
講義録や講演などを元に、
まとめられた一冊です。

具体的、実践的なヨーガを知るためには、
役に立つと思って、
自分でもほそぼそと訳しては、
ヨガスクールで講義などに使っていました。


身体技法としての、ヨガ
冥想・思想をもつ、ヨーガ

と、一応二分して考えますと、

そのどちらも扱っている、という点で、
貴重な本だと思います。

バランスが良い本です。


       ◇◇◇


インドのヨーガの思想史上に
アイアンガー氏は、その名を刻むことになると思いますが、

様々なアーサナの指導だけではなく、
その思想的な側面も、注目されるのではと思っています。

わたしは、そちらの方に興味があります。


ヒンドゥー教のバラモンに生まれたアイアンガー氏は、
シュリーヴァイシュナヴァ派に属し、
ラーマ―ヌジャのヴィシシュタ・アドヴァイタ思想の流れにあります。

『ヨーガの樹』では、
このような個人の宗教的な側面は、明らかにはなっていません。

世界中の人々のニーズに応えるため
自身の宗教観などは、おもてには出てこないのですが、

亡くなる直前に出版された書

Core of the Yogasutras には

ヴィシュヌを頂点とする、二十七原理からなる体系を
明らかにしているようです。
「ようです」 というのは、まだ、完全に読んでいないからです。

ですが、これが、氏の完成した境地であるとすると、
ヨーギンとして、現代ヨガを教えては来ましたが

かれ自身は、ヨーガを道具にして、
ヴィシュヌのバクティ思想を確立しようと考えていた

とも考えられて、興味深く思っています。


       ◇◇◇


何でこんな話しをするんだ、と思われた方もいるかも。

アイアンガー氏は、ラージャ・ヨーガとハタ・ヨーガは同じであるとして、

ハタの教典
『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』の
拠り所であるアドヴァイタ思想と

ヨーガ学派の
『ヨーガ・スートラ』の
拠り所であるサーンキヤ思想を

結びつけることに力を入れました。

その上に、ヴィシュヌはのバクティ思想も、
ドッキングさせようとしているとすれば、


ヨーガというのは、

かなり融通の効く、
かなり普遍性ある

行法 ということになります。


ここです! 
行法としてみるとき

サーンキヤを入れると、その行の中に
倫理的な要素が、グッと入って来ます。

そして、ここは、
アイアンガー氏は気づいてないかもしれないのですが、

大半仏教の影響を色濃く受けているのです。


また、

『ヨーガ・スートラ』の アシュターンガ(八支ヨーガ)も

仏教などの影響が認められるでしょう。


思想がいかに様々であっても、

ヨーガの修行においては、
普遍的な部分を多くもつ

ということを

アイアンガー氏の著作を読むと、
ひしひしと感じます。


かれは、ヨーガを

サールヴァバウマ(普遍的な修養)

としているのですが、

かれ自身、それを信じて、
実践していったのだ、と思って
親しみを感じます。

ヨーガは一つである

と、信じて疑わなかった実践者です。

ただ

わたしは、そこに、「仏教を除いて」という
但し書きをつけると、
いいかな、と思っています。
Dsc01806s_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年10月18日 - 2015年10月24日 | トップページ | 2015年11月1日 - 2015年11月7日 »