« 2014年12月28日 - 2015年1月3日 | トップページ | 2015年1月18日 - 2015年1月24日 »

2015年1月4日 - 2015年1月10日

2015/01/10

パーリ語テキスト、抱き合わせ用法

Dsc00996s
久しぶりに街に出たので、一枚ぱちり。
木に飾られているのが、白いまゆだまみたいに見えるけど
イルミネーション用の電球です。

せっかくなので、観光しよう??
テレビ塔と大通公園少々
Dsc00998s

角を曲がれば、時計台が見える
Dsc00999s
遠すぎるかも。

車が邪魔だけど、近くで撮ります。
Dsc01000s
なかなか、むずかしい位置にあるなあ、

時計台って。

だから、
ちゃんと、「ここから撮りなさい」スポットがある
Dsc01003s
だから、誰が撮っても、おんなじなのだ。

    
        ◇◇◇


今年初の講義に行って、力のかぎり、
空を講義したら、ふらふらになりました。

大学二つ掛け持ちで、全部で三講なので、
もともときついけど、
最後の授業だと思って、
めいっぱい 「空」 を説いたら、
頭が、酸欠で、空になりました。

学生さんの食いつきが、めっちゃいいんだよね。
特に、男子学生に、人気なのが、「空」です。

わたしの『ブッダの優しい論理学』を読んで、
すごく参考になりました、といってくれた学生さんもいました。

特に、怒りのところがよかったのだそう。

怒りを抑えられるようになってきました、ということで、
いや~、それは、よかったです。

やっぱ、本は、役に立たなくちゃなぁ、

って、あらためて思った次第。


      ◇◇◇


時間がとれそうな時に、地道に作業をしようと、
おちゃらけさまの力作
「オンラインパーリ仏典を比較してみました」の書き込みを
整理してみました。

「オンライン・パーリ仏典を比較してみました」

昔、リンクだけのサイトが、いろいろあったけど、
今も、あるのだろうか。。。

と、思いながら、

おちゃらけさまの努力の結晶を、ありがたく辿りました。


パーリ仏典に関しては、e-テキストの系統は、

おおよそ、二系列ですね。

★今まで出版されたテキストを取り込んだもの
(BJTとかPTSとか略称される)

★第六結集(CS)(1954年、ヤンゴン)のCDなどを取り込んだもの

何でも、新しいものが良いと思いがちだけど、
CSは、どうなんだろう。

例えば、第一次結集の時は、
出版記念の何とか、みたいなものは、なかったはず。

出版されてないからね。

ただ、弟子たちの頭の中にしっかり刻み込まれて、
それで終わっています。

”心清らかなる阿羅漢要素”以外は含まないように、
経と律は編纂されました。

しかし、

今日、”阿羅漢要素”以外のものが、
どうしても入ってしまいます。

サンギーティ(結集)自体が、”阿羅漢要素”以外も含むかな?
すみません、こんなこと言って。

さらに、
出版事業に、”凡夫要素”がまじります。
せめて、”優婆塞要素”が入るといいけど、
なかなかむずかしいかもしれません。

凡夫に、ミスはつきもの。
出版に、ミスはつきもの。
読者に、ミスはつきもの。

テキストは、多くの人の汗と努力の結晶だけど、
ミスはおまけについてくるものと知って、

慎んで受けとりたい。

そういう意味では、
古いテキストは、古いテキストとして
新しいテキストは、新しいテキストとして

そのまま、あるがままに、いただきましょう。


二つの系統を、抱き合わせてみていこう。

というのは、
「仏の教え」フィルターは、各人の心にあるのだから。

仏の教えか、そうでないかは、
「心清浄」のフィルターを
通るかどうか、で決まります。

だから、個人個人で、フィルターを、
作っていかなくちゃ、ならない。

そのために、仏典があります。

仏典を清めるために、修行があり
修行の目的のために、仏典がある。

お、ここにも、抱き合わせ構造が!

互いに清め合いながら
仏典も、個人も、完成をめざすわけなのね。

おお、ようやくここで
Dsc00988s
この写真が、使えるわ。
抱き合わせ猫写真です!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2014年12月28日 - 2015年1月3日 | トップページ | 2015年1月18日 - 2015年1月24日 »