« 2014年2月2日 - 2014年2月8日 | トップページ | 2014年2月23日 - 2014年3月1日 »

2014年2月16日 - 2014年2月22日

2014/02/16

まめまめしいのは。。

ああ、苦労しました。
ダン吉、アショカ王石柱獅子のポーズ。。のつもり
Dsc00497ss
イメージは、あのりりしいアショカ王の石柱なんだけど。

http://www.gakushuin.ac.jp/univ/rioc/vm/c05_koshashin/c0204_shouzou/toyorekisi_024.html

似てますか?
え、横向いてくれって。

ではでは、どや?
Dsc00500s
カッコ、ええかしら。

ふつうに見てると、こういうカッコをするけど、いざ、カメラを向けると、
逃げるか、寄ってくるかのどちらかで、
猫モデルとしての自覚に欠けているのです。

Dsc00502s
すんません。

しっぽが、くるっと足に巻き付くのが、特徴で、
しっぽは、とてもお行儀が良いのです。


         ◇◇◇


ようやく、少しゆとりがでてきそうだと思ったら、
恒例の、確定申告に季節がやってきました。

ああ、一番苦手な仕事が、最後に来ます。

このとき、心底思うのが、
どうして、比丘尼にならなかったんだろう、ってことです。

こんなお金の計算もしなくてもいいし、
そもそも金銭に触れてはいけないので、
お金のことが、頭をよぎることすらないのだ。。ろうなぁ。

うらやましい。

比丘尼がダメなら、猫でもいいかも。
お金の計算する猫なんて、聞いたことがないもんね。

だいたい、猫に小判、っていうことわざがあるくらいですもんね。


         ◇◇◇


考えると、世俗の中で世俗に染まらず生きる、って、
ほんと、むずかしいですよね。
お金がないと生きていけないけど、
たくさんあるのもわずらわしそうです。


そういえば、
ヴィマラキールティ(維摩居士)は、税金って払っていたんでしょうか?

かれなら、文殊菩薩に計算してもらったかもしれませんね。

それとも

蔵から出して、貧しい人たちに現物支給だったのかなあ。。


って、こんなこと、考えていると、つい、計算するのを忘れて、
仏典とか、開いてしまうから、ダメなのね。


         ◇◇◇


そういう点では、旧約聖書は、けっこう生活感覚がにじみ出てますよね。

神さまは、土地や作物について、どのようにするか、細かく規定しています。

ユダヤ人たちが、世界中に散って生活しなくてはいけなくなったときも、
律法が、ユダヤ人のアイデンティティーを支えましたね。

安息日があるように、土地にも7年に一度安息年があって、
土地を休ませるとか、

土地を売るようなことになっても、買い戻す権利を放棄してはならないとか
(なぜなら、土地は神のものだから)

買い戻す義務は、親戚などもその責任を負うとか、

ほんとに細かいのです。

でも、そうして、

民が困らないように、
みなが地に満ちて繁栄していけるように、との、神さまの配慮が感じられます。

神さまの言うことを聞けば、ちゃんと生きていけるように、
なんとまめまめしくはたらく神なのでしょう。

異教徒としては、えらいなあ、神さまは、という気がしてきます。


      ◇◇◇


神をもたない異教徒は、自分で、まめまめしくはたらかなくちゃならないのだ。
岩見沢の寒い朝。
Dsc00506s
異教徒は、今日も出勤です。

もう少しで、終わるぞ、がんばろ。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2014年2月2日 - 2014年2月8日 | トップページ | 2014年2月23日 - 2014年3月1日 »