« 2014年9月28日 - 2014年10月4日 | トップページ | 2014年10月12日 - 2014年10月18日 »

2014年10月5日 - 2014年10月11日

2014/10/07

『般若心経』の気持ち 「宝経(ラタナ・スッタ)」を支えに!

Dsc00845s

図書館で、
福井文雅氏の『漢字文化圏の思想と宗教』(五曜書房、1998年)を
借りて読んでいるところです。

少し古いですが、
当時の東南アジアでの仏教のありさまを知ることができます。

その中に、マレーシア仏教青年総会という団体が出しているパンフレットを
和訳したものが載っています。

それを見ると、おもしろいです。

メッタ・バーヴァナー(慈悲の冥想)
ヴィパッサナー
サマタ
という上座部ではおなじみのカリキュラムがあります。


が、その他に
上座部系と大乗系を統合したプージャー(礼拝供養)を行う
とあるのです。

密教のマントラ(オーン・マニ・パドメー・フムなど)
メッタ・スッタ(慈経)
『般若心経』

これらを用いているようなことが書かれていました。


ここに目が吸い付けられます。

パリッタ(災厄を除き身を守る呪文、護明呪)として用いられているのだろう、

福井氏も語っていますが、了解できます。

        ◇◇◇

『般若心経』が、併用されるのは、真言が入っているので、
そこから来るのでしょう。

わたしは、『般若心経』が、護明呪としての役割を果たせる理由は、
『宝経』に基づいている、と思います。

『スッタニパータ』の第二章第一経が、「宝経(ラタナ・スッタ)」です。

この詩の構造が、『般若心経』のマントラに向かう構造と同じなのです。
たとえば、224偈を見ます。

224
この世やかの世におけるどんな富も、
あるいは、天界におけるどんな妙なる宝も、
如来に等しいものはない。
―― このことこそが、ブッダにおける殊勝の宝である。
この真実によって、吉祥であれ。

    
もう一度、書きますよ。
==============
この世やかの世におけるどんな富も、
あるいは、天界におけるどんな妙なる宝も、
如来に等しいものはない。
―― このことこそが、ブッダにおける殊勝の宝である。
==============

この個所ですが、空の文章になっています。

この世に如来に等しい宝はない
といっておいて、
この文の内容が、如来における宝だ、と述べているのです。

つまり

如来に等しい宝がないことが、如来の宝だ

もっと簡単にすると

(如来の)他に宝のないことが、如来の宝だ

ということですから、
たしかに、他に宝がなければ、如来は宝でしょうね、
って、思うでしょう。

そして、

もし、これが真実なら、
真実だと信じられるなら、

如来の宝を信ずることによって、
幸いになることができるはずです。


真実を知って不幸になる人はいないでしょう。


        ◇◇◇
  

では、『般若心経』でもやってみます。

『般若心経』の後半以降は、「空」の話しが終わって、
菩薩や諸仏の境地が説かれます。

その後で

「それ故に知るべきだ」とあって、
「真言(マントラ)」へと、話しが進んでいきます。

無上の真言は、偽りがないから、真実だ

という文言を、根拠にして、有名な真言が説かれます。

ガテー・ガテー・パーラガテー・パーラサンガテー・ボーディ・スヴァーハー

と。


偽りがないから、真実だ

という文も、空でしょう。
その文の意味だけで成りたっています。

もし、今までの『般若心経』の内容に問題を感じないなら、
偽りがなく真実だと納得できるなら、
その真実の力によって、幸せになることができるはずでしょう。

そのためには、『般若心経』全部唱えることが必要ですが、
長くて、たいへん、という人のために

短くて、優しい、ガテー・ガテー…のマントラがあるのだということです。


ということは、真言は、「真実」を代弁する音になっているわけです。


       ◇◇◇


『般若心経』の内容は、空の論理を、理論化する内容になっています。
これは、高度な論理体系を示していますが、
しかし、
ブッダの意向をふまえて、争わないため、
理論化してることが、わかったら困る、わからないでくれ、
という意図も含んでいるのです。

でも、わからないのも困る、インチキではないんだから。。


わかってほしい

いや

わかっては困る

ああ、やっぱり

わかって

いや

争うなら、わからない方がいい


ええい!どっちなんだ、はっきりせんか!

しょうがない、パリッタにしちゃおう。
みんなを守るんだ。

苦しみのある人を守るんだ。

『般若心経』! 頼んだよ!
すくえ、『般若心経』、菩薩の力!

だから、
拝んでいい~~んです。
唱えていい~~んです。
パリッタ、パリッタ、ぱりっ!
Dsc00849s_5
空だなあ。


| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2014年9月28日 - 2014年10月4日 | トップページ | 2014年10月12日 - 2014年10月18日 »