« 2014年7月6日 - 2014年7月12日 | トップページ | 2014年7月27日 - 2014年8月2日 »

2014年7月20日 - 2014年7月26日

2014/07/23

あるく、あるく、あるく、あるく

Dsc00754s
ちょっと前になりますが、歩いていたら、
空がなんとなく虹色に見えて仕方がないので、写真に撮りました。

やっぱり、何かの光が写ってますね。

では、もう一つ。
Dsc00760s
綿アメみたいな気もする雲と空です。

7月は、どうも、
いろいろ
めちゃめちゃで、
ぐちゃぐちゃで、
悲惨な展開になってきてます。

21日は、休日ですが、講義があったのを忘れてしまいました。

ひたすら、すみません、すみません、すみません、すみません、と
連発して、なんとかしました。

はぁ~~、謝っても補講はちゃんとあります。

忙しくて、いろいろ
追い詰められてくると、
何かを、必ず、忘れてしまう。

まだ、何かを忘れている気がするけど

どうか、気のせいでありますように。

まあ、お花でも ご覧ください。
Dsc00762s
しかし、なんとなく倒れてますよね。。。

将来を暗示しては、いないだろな。


           ◇◇◇


さて、話題を変えて、少し気分も変えてみよう。

先日ご紹介した『一分で読むブッダの教え』(サンガ)ですが、

その中で、気に入っている一篇があります。


19 歩くという重要性   (p.44)

===
歩くということは深い哲学です。
ただA地点からB地点に行く、
という大したことのない話しではありません。
昔は「歩く」ことには深い意味がありました。
===

とあります。

これは、わたしも、思っていたことなので、

おお!!
っという感じで、読みました。

===
歩くということは、
いろいろな人に会うこと、
いろいろな環境に出会うこと、
いろいろなちがう環境を経験することです。
ずーっと自分を変えること、
学ぶことなのです。
====

これは、わたしも、そう思います。
遍歴遊行することは、
多くの出会いをもち、多くの経験を積むことと同じです。


と、ブッダについては、
こんな立派な考えも浮かぶのですが、


しかーし、

自分はどうでしょうか。


といいますのも、
わたしも、実は、よく歩くのです。

仕事の行き帰り、
地下鉄、バス、JRなどを使うほかは
ひたすら、歩いています。

だいたい多いときで、8kmくらい
少ないときは、2-3kmだけど。

どうして歩いているのか、
よくわからないんだけど、
なんとなく、歩いてしまうのです。

歩きながら

「こんなことをしちゃいられない、
何か考えないと。。。」

と、いつも想いながら
ほとんど、目立ってよいことも考えず
歩いてます。

は、っと気づいて

「こんなことをしちゃいられない、
何か考えないと。。。」

と思い、
気づくと、また、何も考えてません。

なんて無駄なんだ

「こんなことをしちゃいられない、
何か考えないと。。。」

と、また想いながら、
気づくと、ただ歩いているのです。

そして、やっぱり、何も考えずに
がっこに着いちゃいう。。

ああ、損したわ。
無駄に、時間を過ごして、何も考えなかった、
と思う毎日です。


このような日々を送っているのですが、
なぜか知らないけど、
それでも
歩くことは、大事だと思っているのです。

======(p.44)
歩くということは学ぶこと。
歩いていろいろな人に会って話してみて、
猫に出会ったら猫にもちょこっとしゃべったり、
犬に出会ったら犬にもしゃべってみたりして、
ずーっと人生は変わって変わって
成長していったのです。
======(『一分で読むブッダの教え』)

うーーん、そうか。。

わたしの場合は、
犬や猫にも会わずに、
カラスに襲われたりするだけだけど、
ほかには別にないけれど
なぜか
歩くんですよね。
Dsc00749s

なぜだろう。


| | コメント (33) | トラックバック (0)

« 2014年7月6日 - 2014年7月12日 | トップページ | 2014年7月27日 - 2014年8月2日 »