« 2014年3月30日 - 2014年4月5日 | トップページ | 2014年4月20日 - 2014年4月26日 »

2014年4月13日 - 2014年4月19日

2014/04/13

『サンガジャパン』vol.17 仏教とキリスト教

2014sanga17

今回の『サンガジャパン』Vol.17は 「仏教とキリスト教」の特集です。

わたしは、執筆の期間が短かったために、
日頃、講義などでも扱っている内容を書きました。

そのため、ちょっと、ありふれていた内容だったかも。。。

って、いう気がして、申し訳ないような感じもありましたが、

出来上がってみると、
あまり、そんな感じにも見えず、ちょっとホッとしました。


問題そのものは、けっこう普遍的なところもあり、
それぞれの宗教に特徴的なところもあり、

というところで、
自分的には、よかったかな、と思っています。


教えの中でも、とくに大事なところ!

のような気がします。


なにせ、 

「愛(いとしいもの)」 

という、テーマですから。
Dsc00579s

キリスト教では、「愛」は、大事な中でももっとも大事 ですが

仏教では、どうなん?

と思われる方もいるでしょう。


わたしにとっては、

「愛」は、仏教でも大事な中でももっとも大事、だと思います。

「愛 (いとしいもの)」

これを語って、語り尽くせないなら、
どうして、宗教と言えようか、
どうして宗教でありえようか、

という気もします。


「愛 (いとしいもの)」の、マイナス面もプラス面も、

素朴に語れ
深く語れ

その心のありようを。


というところでしょうか。


       ◇◇◇


ブッダは、愛の根を示しています。
イエスも、愛を露わにしています。


いとしいものは、
ただの感情であらわされるのではなく
ただただ、関係で築かれていくのだ
と思います。


       ◇◇◇


特集の巻頭言に

ティク・ナット・ハン師の言葉があって

「真の幸せを知る仏教徒は同時にキリスト教徒であり、
真の幸せを知るキリスト教徒は同時に仏教徒であると
私は信じます」

と、説かれています。

もし、ほんとうにそうなら、共通項がありますよね。

きっと、それは 「いとしいもの」 というのにちがいない、

ということも思ったのですが、ほんとかどうか、確信はもてません。

つらつら考えていくと、キリスト教も仏教もなくなりそう。。。


 いとしいもの をもつ人は、いわゆる 「宗教」ということから離れる


とも言えそうですね。
そんな気がしてきた。。。
Dsc00580s
「宗教」があってもなくても、サフランは、今、愛しい。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

« 2014年3月30日 - 2014年4月5日 | トップページ | 2014年4月20日 - 2014年4月26日 »