« 2013年11月17日 - 2013年11月23日 | トップページ | 2013年12月1日 - 2013年12月7日 »

2013年11月24日 - 2013年11月30日

2013/11/26

もれ落ちるもの

廃校になった小学校があります。
ずっと長いこと、誰も立ち入ることがなく、
自然にまかされたままなのです。
131122_072433
人が入らなくなると、
小さな生き物たちの楽園ができます。

ここには、ね、エゾリスが住んでいるのです。

何度も見かけているけど、すばやいので、
撮れません。

実は、上の写真のどこかに、
なんと二匹、エゾリスがいるんだけど。。。
131122_072446
見えないよね。

松ぼっくりなどいろんな木の実が落ちてて、
リスたちには宝の山でしょう。

フェンスがあるので、人は入らないし、
中で、自由に遊んでいます。

二匹が、じゃれるように、飛び回って、奥の木まで
あっという間に、飛び回っているのを見ました。

なんて、楽しそうなんでしょか~、
いいなあ~。

カメラが、リスに追っつきません。

ときどき、大胆に、フェンスをぬけて、他の住宅区域にまで、
遠征しているのも見るのです。

怖いのは、カラスくらいかなあ。
でも、カラスも、そんなにいなくなったし。

いつまで、リスの楽園で居続けられるのかなあ、って、
そんな心配をしているのです。


出かける朝が早いときの楽しみは、
エゾリスに出会うことです。

いつか、きっと、写真に撮るぞ!
って、思いながら。


        ◇◇◇


人間の欲望がどこまで広がっていこうと、
どんなに自然を征服しようとしても、

スリッとすり抜けるものがある。
それは、リスだったのだけどね。

でも、リスじゃなくても、同じことで、

スリッと

こぼれる自然がある。。

福島のイノシシの増加も、そうなのかな。


        ◇◇◇


人の気持ちも、人間社会も、同じようなものだと思う。

どんなに求めて得ようとしても、
すべての権力や富や情報をかかえ込もうとしても、

スルッと漏れていくものがある。

どんなに秘密を保持しておこうとしても、

スルッと漏れていくものがある。

なぜなら、人は、すべてのことを
考えられないからである。
求めるものがあるときは、
求めていないもののことは忘れている。

漏れていくものは、求めていなかったもの。。

ここから、推論する人もいるだろう。


わたしたちには、論理がある。
Dsc00359s
ブーゲンビリアは、初夏にはピンクの花が咲いて、
初冬の今頃、今度は白い花が咲きました。

もれ落ちるもの。。。それを掬うものでありたい。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2013年11月17日 - 2013年11月23日 | トップページ | 2013年12月1日 - 2013年12月7日 »