« 2013年10月20日 - 2013年10月26日 | トップページ | 2013年11月3日 - 2013年11月9日 »

2013年10月27日 - 2013年11月2日

2013/10/31

紅葉は日に映えて

あいかわらずの紅葉ですが、今が、盛りとばかりに
美しく輝いています。

今年は急に寒くなったので、どこも、本当にきれいです。
Dsc00290s_4
空も青いし、紅葉は赤い。

一枚でも、きれいだ。
Dsc00302s

たくさんなら、もっと美しい。
Dsc00326s

木を見上げても、美しく
Dsc00324s

地に積もっても、美しい。。
Dsc00309s

近くに見える赤い色も美しく
Dsc00304s

高くそびえる黄色も美しい
Dsc00321s

空と一緒も、ああ、美しい。。
Dsc00306s

え、なに、もう秋た。。じゃなくて、もう飽きた、って?

まあ、そう言わないで、今しかないから、楽しんで!
すぐに、冬が来て、真っ白になるから、ね。


         ◇◇◇


日本の民間信仰・神祇信仰の世界の中に
はまり込んで、
ひたすら、魅了されている今日この頃。


日本の土地では、
神仏は、さわざわとざわめきながら、
わたしたちにさかんに接触しようとしている、
そんな気がしてきます。

ウエットな、この気候とも相まって、
神々や仏たちは、
何か、わたしたちに湿ったまとわりつくような気配を
送り込んでくるようです。

神仏とわたしたちの関係は、
ちょっとあやしい不思議な友好感覚。


ところで、一方


インドの大地では、
神仏は、どこか乾いた無常感に吹かれて
人々との関係も、ドライで割り切った印象です。

神さまに熱烈なバクティ(信愛)をささげても、
どこかで、
人間の智慧と力が、神さまに対抗しているよう。

人間さまの方が、神さまを食っている
ようなところもあって、
神々と人間の関係は、ちょっと熱い不思議な緊張感覚。


土地柄でしょうか。

ヒンドゥー教と、日本の民俗宗教を比べると、
似てるところもたくさんあるのに、
空気が違うなあ、という感じがします。


似ているところは、仏教の思想的なものかもしれないですね。


気分で語っていますけど、あんまり、まとまってないから、
こんなことしか、言えません。

もう少し勉強しなくちゃね。


        ◇◇◇


ぼんやり、
龍樹のことを考えると、
日本に生まれていたら、
弘法大師のようになっていたかもしれないな、
って、
ちょっと思っています。


それにしても、わたしたちの先祖は、
ブッダの教えを
なんと真剣に受けとめたのだろうか、
と感心します。。すごいよね。

現代のわたしたちは、どうでしょうね。
昔と違って、仏法のことを知りたいと思えば
なんでも知りうる
恵まれた環境にいるのに
何か欠けているような気もするな。

気のせいかな。。

というところで、とりとめない今日の日記を終わります。


| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2013年10月20日 - 2013年10月26日 | トップページ | 2013年11月3日 - 2013年11月9日 »