« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年9月15日 - 2013年9月21日 »

2013年9月8日 - 2013年9月14日

2013/09/12

さっそくですが、秋っ!

どうして、こうも 月日の経つのは早いのだろうか。
とうとう 9月だ、と思っていたら、あっという間に、もう12日。。。

ああ、そろそろ雪が降るかもしれない季節。。
ってのは、さすがに気が早いかもしれないけど、
最近のお天気は、ぜんぜんわからないからなぁ。

だって、ほら、ナナカマドの実がもう赤いでしょ。
どう見ても、秋だ、って言ってるよね。
130910_131102

ほら、空が高くて、雲は筋雲、秋の空でしょ。
やっぱり、冬に向かってるよね、ちゃくちゃくと。
130910_092708


        ◇◇◇


どうも、最近、原始仏典を読んでいると、
自分のまわりで、いろんな人達が経典の中から立ち上がって、
話を始めだす気がしてならない。

とくに、バラモンたちとの対話とか、
ふつうの人々が出ている経典を読むと、

かれらが、わいわいがやがや、ブッダの噂話をしたり、
教えの話や、日常生活のできごとを語り合ったり、
ブッダに相談事を持ちかけたり、
とても、人間的な雰囲気がただよってくる。

たぶん、ブッダは、ものすごく尊敬はされていたと思うけど、

でも、経典に登場してくる人物が、
ものすごくざっくばらんで気さくに、ブッダに話しかけているのが、
何とも言えず、ほほえましくていい。

非常に素朴な疑問から、ちょっとむずかしい問題まで、
何でも、ブッダに尋ねて、

それに、きちんと答えてるブッダは、何だか、
とっても、かわいらしい。。。。変な形容だけど。

村人や町の住人、都市の人々、
偉い人も、偉くない人も、
貧乏な人も、金持ちも、
王様も、下働きの使用人も、

み~んな、ブッダとお話してる。。。

考えてみれば、なんとなく、すごいことだ。

誰とでも、話ができる、っていうのは、いいね。


みんなが、ブッダを大好きだった、ってのが、よくわかるよね。


        ◇◇◇


お布施を一生懸命しているマーガ青年は、
どんな人に供物をささげると、その供物は清らかになるのか、たずねます。

いくつもの偈を重ねて、
こんな人々にささげなさいと、丁寧に丁寧に答えるブッダ。

すっかり喜んじゃったマーガ青年は、
どんどんたずねます。
「誰が清らかになって解脱するのですか」
「誰が縛せらレ縷のですか」
「何によって人はみずから梵天界に至るのですか」

もう、聞きすぎ、ですっ、言いたくなるほど、止まりません。
でも、ブッダは、ぜんぜん気にせずやっぱり答えてくれるのです。

また、

サビヤという行者さんは、六師外道の先生方に質問をしたのですが、
かれらは満足に答えることができませんでした。

で、年若いブッダにも、たずねてみようと思います。

「修行僧」とは何をえた人のことか
「温和な人」には何によってなるのか
「自己を制した人」とはどうしたらなれるのか
「目覚めた人」とLはどうして呼ばれるのか

次から次に質問しまくります。

全部 『スッタニパータ』という経典に載っていることです。

たくさんの人から質問されて、

どれにも、丁寧にしっかり答えるブッダ。。
そんな質問、答えられない、なんて言わないブッダ。
満足するまで、こたえてくれるブッダ。。。

いいですねぇ。

こんな人に、会えたらなあ。。
こんなお花をささげましょう。
130910_131307
だけど、いくら質問できても、

ちゃんと聞く耳を持たなくては、

何もならないけど。。。ね。

| | コメント (25) | トラックバック (0)

« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年9月15日 - 2013年9月21日 »