« 2013年7月21日 - 2013年7月27日 | トップページ | 2013年8月4日 - 2013年8月10日 »

2013年7月28日 - 2013年8月3日

2013/07/28

牛飼いダニヤのうた

昔から好きで、
ずっと読んでいくと

最後にきて、やっぱり、好きだなあ。。って、思う、そんな詩(うた)
130527_123310

『スッタニパータ』第1章 蛇の章 第二 ダニヤ経

牛飼いダニヤと、
お釈迦さまの掛け合いのような詩が、
何とも言えません。

二人の 生きるということの 真実が
浮かびあがってくるような、そんな感じです。

★ダニヤ★
====
18 「ご飯を炊いて (パッコーダナ))、
乳はしぼってしまった (ドッダ・キーラ)。
わたしは、マヒー川のほとりに(妻子と)ともに住まいしている。
小屋の屋根は葺かれ、火は燃えている。
―― さあ、望むなら、雨を降らせよ、神よ」
と、牛飼いのダニヤが語った。
====

★ブッダ★
====
19 「もはや怒りなく (アッコーダナ)、
頑迷さを離れている (ヴィガタ・キーラ)。
マヒー川のほとりに一夜の宿をとる。
(わたしの)小屋は開かれ、(煩悩の)火は消えている。
――さあ、望むなら、雨を降らせよ、神よ」
と、尊師は語った。
====

牛飼いダニヤは、雨期には小屋を作って
牛たちと川のほとりで定住するようですね。
日々に満足する穏やかな暮らしがうかがえます。

ブッダは、そこに一夜の間借りをするのかもしれません。
ブッダは、ダニヤの詩に、

★きれいに、音をあわせて
うたいます。

パッコーダナ(ご飯が炊けた)     には
アッコーダナ(怒りがなくなった)    と。

ドゥッダ・キーラ(乳は搾った)     には
ヴィガタ・キーラ(頑迷さを離れた)  と。 

★そして、今度は、対比されます。

家族と共に住んでいるダニヤ (サマーナ・ヴァーソー)
一夜のやどりを借りるブッダ (エーカラッティ・ヴァーソー)

★小屋と火が喩えのようにして、対比されます。

葺かれた のは 小屋(クティ)、 
燃えているのは 火(ギニ)      と、ダニヤはうたいます


開かれた のは 小屋(クティ)、   
消えているのは、火(ギニ)      と、ブッダはうたいます。


ブッダは、何のことを言っているの?

こんなことだよ。『ダンマパダ』にあるね。
====
154.家の作り手よ! おまえは見られた。
おまえが、ふたたび家を作ることはないだろう。
おまえのすべての梁や桟は破壊され、
家の屋根は壊れ落ちた。
心は、意志(行)を離れ、渇愛は滅尽に至った。
====

小屋 (クティ) は、輪廻の身体かなぁ。
開け放たれて壊れたんだね。
火 (ギニ) は、渇愛(煩悩)の火だね。


ここで、ダニヤの心をしっかりとつかんだブッダは、次々と
ダニヤと、詩で、やり取りをします。

★ダニヤ★
====
20 「黒蠅も蚊もいない。
茅の生い茂った沼地で牛たちは歩き回っている。
やって来る雨にたえられるだろう。 
―― さあ、望むなら、雨を降らせよ、神よ」
と、牛飼いダニヤは語った。
====

★ブッダ★
====
21 「筏は、しっかりと編まれてよく作られた。
暴流を征して、彼岸に渡り (パーラガトー) 到達した。
もはや筏は必要がない。 
―― さあ、望むなら、雨を降らせよ、神よ」
と尊師は語った
====

世俗に生きる ダニヤの心境と
出世間に生きる ブッダの境地が あざやかです。


ここで、 「解脱」 「涅槃」 とは言われず、

 「暴流を超える」 「彼岸に渡る」 と説くブッダの語りは、、 

ダニヤには、とても分かりやすく、
ダニヤには、身に沁みるのです。

どうやって、牛たちを無事に川を渡すか
ということを説いた経典もありましたね。

ダニヤは、川を何度も渡ってきたのでしょう。
暴流に手をこまねいたこともあったかもしれません。

でも、今なら、準備万端、いつ雨がきてもよい、
そんな、ダニヤの気持ちと、

すでに彼岸に渡って、筏を捨てた
ブッダの気持ちは、重なります。


     ◇◇◇


こんなところに共感すると

「到彼岸」をめざす大乗仏教は、
やはり、在家の人々に
受け入れられていくのだなあと
分かります。

在家の人々の思いが、
小さな川がやがて大きな川に合流していくように
大乗仏教を生んでいく濫觴(らんしょう)にも、
なっているかもしれませんね。

もちろん、これだけではなくて、
修行者の中からも、川を渡ることに、
修行の本髄を感じた人々がいたかもしれません。

高地や低地を満たして降る雨期の雨は、
そのうち、小川となって、
やがて、滔々と流れるマヒ―川(大きな川)に
そそいでいくのでしょう。

ダニヤとの心の交流は
そのうち、小さな詩の形にまとめられ、
やがて、とうとうと語られる経典(スッタ)の中に
吸収されていくのですね。


そのうち、「心に沁みる原始仏典」に「ダニヤ経」を
あげておきたいです。

130527_123425

日記、しみじみヴァージョンでした。
     
※ ここにも、ダニヤ経のリンクをあげておきますね。

http://homepage1.nifty.com/manikana/canon/dhaniya.html


| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2013年7月21日 - 2013年7月27日 | トップページ | 2013年8月4日 - 2013年8月10日 »