« 2013年6月16日 - 2013年6月22日 | トップページ | 2013年7月14日 - 2013年7月20日 »

2013年6月30日 - 2013年7月6日

2013/07/06

『般若心経』は、論理のマントラ

130704_123938
並んでいます。かわいいね。

では、こんな並び方も、どうでしょね。
130704_124011

並ぶものは、よい。

乱れているものも、よい けど、
それが
並ぶと もっと よい。 

つぶつぶ、あまつぶ。
130627_091953


わたしの中には、 仏法は、論理としてある。

論理としてある、ということは、
並んでいる、ということである。


          ◇◇◇


経典は、並んでいる。
ことばが並んでいる。
行いが並んでいる。
そして、心も並んでいる。
善い心も
悪い心も

ブッダの頭の中には、すべての煩悩の配列がある。
煩悩は、ないけど、配列があるので、
ブッダは、煩悩のエキスパートなのである。

ブッダの中には、ブッダ論理がある。

それを見つけ出せると、
どんな経典も、きれいに並んでくれて
どんな経典も、お行儀よく、理解されていく。


        ◇◇◇


『般若心経』が何だったのか、
とうとう
自分でわかったと思う。

ブッダ論理の、
応用問題なのである。


ブッダ論理のエッセンスを示し、
きれいに「空」でまとめた
般若ボール
なのである。

丸いボールの中には、空(くう)がある。
どこにも障らない、
論理のボールである。

人の心をつかんで離さない。
キャッチボールのように、
人から人へ投げられる。

空は、誰も傷つけず
丸いボールは、人の心を
和らげる。

要らなくなれば
弾んで、どこかに行ってしまう。


      ◇◇◇


こんなにも長いことかかって
探し求めていたものに、
拍子抜けするほど
あっさりと、出会えたなんて。。

いろいろ尋ね歩いたけれど、
求めるものは、
実際、
こんなに近くにあったとは!


       ◇◇◇  


論理の究極は涅槃である。

拙著『ブッダ論理学五つの難問』の中で、
わたしは、このように書いた。

==========
解脱とは論理の極まったところにある。

論理を尽くして知ったことは、
心から「その通りだ、それしかない」と思えるし、
そのことがわかったらそれ以上求めることもなく
満足してこころが穏やかになるだろう。

何の心配もないし誰に何を言われても安らかである。
それは涅槃なのである。
================(p.91)

このように、論理によってもたらされる安らかな境地
ここを求めてさまよったけれど、

なんだ、

ここ!

『般若心経』!

ここが、

そうだったのね。


最後の呪文以外、

すべてのことばは
ブッダの論理学の 概説 である。

論理が尽きて、
語ることがなくなったとき、
そこに涅槃を見て

わたしたちは、
マントラを
唱えるのである。

マントラの中には
論理の極致
涅槃が、封じ込まれている。
    

       ◇◇◇


マントラの中に、
論理を入れてしまうなんて、
な~~んて、頭がいいんだろう。

けっして壊れることがないし、
けっして失われることがないし、
誰も、奪うことすらできない。


『般若心経』は、真理を表す

ありがた~い経典である。


その論理は、この世でたった一人解明していれば、
いいのである。
その真実によって、無類の効果があるのだから。


だから、

だから?


ええっとね、


だから、

ね。。。

「『般若心経』は間違いでない?」

って、エッセイは、

ま、読まなくても、いいか。。。も。。

あちゃー、花も、ずっこけて、落ちそうよ。
130628_123350

| | コメント (125) | トラックバック (0)

2013/06/30

でたにゃ~~『サンガジャパン14』 by ダン吉にゃんこ

130630_152031
ぼくが、しょってるのは、

ご主人様が寄稿した

『サンガジャパン 14』という雑誌です。


大好きな新聞紙の山の上で昼寝をしていると、
ご主人様が、
いいアングルを求めて、雑誌を片手にうろうろ。

「光っちゃうんだよね」とかいいながら
ぼくの背中を、無断で、使うんだから、まったくなあ。

130630_152059
どうぉ、こんなアングル、
うふっ!

ぼくって、知的だから、
格調高い雑誌が、よく似合う にゃんこ。

仏教

神道

聞いたことないけど、
そんなの
たいしたことないもんね。


ぼく

にゃんこのあいだでは 誰でも知ってる

 はんにゃんしんぎょう って、

ありがた~~~いお経を、となえられるにゃんこ ね。

しき そく ぜ 食う にゃんこ
食う そく ぜ しき にゃんこ

諸々の皿は、空で、生ぜず、増さず、垢だらけ 

食う うち えさは なくなる にゃんこ
色も、声も、香も、味も、食も、ない にゃんこ

空の皿には
えさの 限界も なく
えさの 意識も なく
食の 尽きることも なく
飢えの 尽きることも ない

がつ がつ さんがっつ ぱーらぱらえさ あげって ほしいよー

すう゛ぁーやくーーーー    
にゃんこ、にゃんこ、にゃんこぉぉ~


ああ、はらへったにゃーーー
お経唱えたら、おなか 減るにゃんこ


何?
へんなおきょうだって?

しつれいだにゃ、

この、はんにゃんしんぎょうは

あんまり むずかしくて、誰も、わからなかった
お経なり にゃん

でも、ぼくが、空のお腹をヒントに

解明したお経にゃん。


そういえば、ご主人様も、

般若心経

っていう、人間のお経を、読んでたにゃん。。

ま、

ネコ族に伝わる はんにゃんしんぎょう には
負けるとおもうけどにゃん

ご主人様の書いたのは

「般若心経は間違いでない?」

って、題だって。

ま、読んであげたら、
きっと、泣いて喜ぶと 思うにゃん。

130628_123350
背中使ったお礼と
宣伝してあげたお礼と
日記まで書いてあげたお礼に

えさの倍増 おねがいします にゃんにゃん にゃんこぉ~ん!


  
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年6月16日 - 2013年6月22日 | トップページ | 2013年7月14日 - 2013年7月20日 »