« 2013年3月10日 - 2013年3月16日 | トップページ | 2013年3月24日 - 2013年3月30日 »

2013年3月17日 - 2013年3月23日

2013/03/22

喩えのお話し、たとえば、こんなの

お久しぶりです、ダンです。
130321_174931

ご無沙汰でした、サムです。
130321_175102

二匹そろって、ダン&サム!
130321_175348

サムどんは、4.5kg
ダン吉は、5.1kg

サムは、すばやくなって、階段を駆け上がり
洗面台から、隣の本棚てっぺんに、一気に跳びのるのだ。。

しかし

ダン吉くん、
君は、飛ぶどころか、
動こうともしないっす。。

上昇志向の、サム
地の民の、ダン

同じネコとは、思えない。

人なつこいサム
人嫌いのダン

おもしろいなあ、性格ちがう。

だっこしてくれぇ  の、サム
だっこさせてぇ   の、ダン

===============

こんな風にちがうものは、たくさんある。

だけど、

こんなもん、出さなくたってね、良いんじゃない。


今、出してみるのは、

ブッダの語り
イエスの語り

いろいろなところで、きれいに対照的な構造が見られる。

その中の一つ。

喩え

これを、ちょっとあげてみよう。

ブッダも、イエスも、喩えをよく用いる。
ブッダの教えが、急速に人々に広まったのは、
喩えを用いて、わかりやすく説いたからだ、と言われる。

イエスも、また、人々には喩えを用いた。

しかし、二人の喩えは、ぜんぜんちがうものだ。


        ◇◇◇
 

わかりやすくするために説いたのが、ブッダ。
わかりにくくするために説いたのが、イエス。


ブッダの喩えは、たとえば、こんなもの。


村の長が、ブッダに尋ねた。
西からきたバラモンは、亡くなったものを、祭祀によって、
呼び起こし、天界に入らせることができると言うけれど
そんなことがあるでしょうか。

ブッダは、答えた。
よこしまで、意地悪な人間が、死んだとき、
「天界に生まれますように」と祈ったとしても、
天界に生まれるだろうか、そうではなく、悪趣に行くだろう。

大きな岩を、湖に投げ込んで、
「岩よ、あがれ、陸に上がれ」と大勢で祈ったら
陸に上がってくるだろうか。

あがってこないように、
悪いことをして死んだ人間は、悪趣に落ちる。

よいことをして死んだ人を、祭祀によって
「悪趣に行きますように」と祈ったとしても、
悪趣に行くだろうか、天界に行くだろう。

油を入れた瓶を、湖に投げ入れて、割ったとしよう。
瓶は沈むが、油は浮いてくる。
そこで、大勢の人が、「油よ、しずめ」と祈ったら、
油は沈むだろうか。

沈むことはないように、
よいことをして死んだ人間は、天界にのぼる。
(『サンユッタ』42.6より)


湖に投げ込んだ大岩と
湖に投げ込んだ油を入れた瓶 がたとえです。

わかりやすいです。


         ◇◇◇

イエスの喩えは、こんなもの。


ある人が、「神の国で食事をする人は幸いです」と言った。
イエスは、こんな喩えを出した。

「ある人が、盛大な晩餐会を開いて、
たくさんの人を招いた。
ところが、招かれた人は、みな、いろいろな口実で、
招待を断ってしまった。
そこで、主人は、怒って、下僕に言った。
町の大通りに行って、貧しい人、
身体の不自由な人たちを連れてきなさい。
下僕は、『仰せの通りにしましたが、まだ、
席があります』と言った。
『道や垣根のあたりにいる人も連れてきなさい、
家がいっぱいになるように』と主人は言った。

あなた方に言っておくが、招かれた人で、
わたしの晩餐会にあずかる人はひとりもいないだろう」
(『ルカ』14.15-24より)

招かれたお客(金持ち)は、招待を拒絶し
貧しい者、身体の不自由な者が招かれる

神の国とは、そのようなもの。


うーん、わかりにくい

が、

わかることがある。

何か、試されている、ということ。


イエスの場合は、喩えによって、
人に、みずからの意志を尋ねている。


あなたは、財産を捨てて、神の国に入りますか。
(金持ちが神の国に入るより、ラクダがが針を穴を通る方がたやすい)


ブッダの場合は、喩えによって
人に、みずからの意志の結果を教えている。


善いことをして生きた者は、おのずと天界に行く
バラモンの行う祭祀の力によるのではない


イエスの用いる喩えは、隠喩となり

ブッダの用いる喩えは、直喩となる。


意志を問い、心を問うものは、隠喩を用いる。
心のありかを、ものごとに託して、知ろうとするからだ。
あなたの心はどのようなもの?


意志を教え、心を教えるものは、直喩を用いる。
ものごとのあるがままによって、わからせるからだ。
あなたの心はこのようなもの。


          ◇◇◇


龍樹も、隠喩(ウパチャーラ)を拒否した。

「山を焼く」

これも、隠喩?

そう、どうして、「山を焼くなどと言うのか、草木を焼いているのに」

だから、ブッダの説く「法(もの、存在要素)」に至るまで、みな、
このように語ると、隠喩となる。。。。

むずかしいね。

どうやら、      
「行(意志)」ということが、ポイントになるようだ。


イエスは、意志を隠して問い、
ブッダは、意志を露わにした。


どっちが、好きかな、
あなたの意志は、どちらに向かう?

| | コメント (20) | トラックバック (0)

« 2013年3月10日 - 2013年3月16日 | トップページ | 2013年3月24日 - 2013年3月30日 »