« 2012年7月22日 - 2012年7月28日 | トップページ | 2012年8月12日 - 2012年8月18日 »

2012年7月29日 - 2012年8月4日

2012/07/29

難病を生きるは、輪廻の力

Sbsh0165
おいしそうでしょ。
先日、小樽に行ってきました。

====
わたしの母は、難病です。
CIDPという病気です。

なんだかわからん?

病名があんまり長くて覚えられないので、
頭文字で示されるのです。

神経組織が破壊されて、手足が麻痺する病気です。
運動障害や感覚障害を起こすのです。

三年前に発病し、
二年間入院生活を余儀なくされ、
昨年暮れ、症状が安定したので、
退院して、半年以上経ちました。


自宅で介護しながら、療養中です。


半年で、母は、変わってきましたね。
病気の人から
ただの障害者になりました。

寝たきりだった状態から
起きて坐っていられるようになりました。

半分ボーッとしていたのが、
なんとなく人間らしく
ふつうの人になってきました。

====

で、小樽まで、遠出してみましたよ。

車いすで行けそうな美術館に行って

お寿司を食べて

天狗山にものぼりました。
Sbsh0166

いい眺めだな!
Sbsh0169
さて、

「人間は考える葦である」

と言ったのは、パスカルですが、

「人間は考える足である」

と言ったのは? 誰でしょう?


それは、わたしです。

やはり、足だ、足が大事なのです。

歩かないと、足は非常に動きにくくなり、
しびれもひどくなって、身体全体が衰え、
どんどん寝たきりになります。

それだけでなく、頭もぼけたようになるのです。

でも

少しでも動かしたり、歩くような訓練をすると、
足だけではなく、身体全体がしっかりしてきて、
次に、頭がはたらきだします。

表情が出てきて、ボケがなくなって、
意欲的になって、

「考える足」としての人間になるのです。


このちがいは、とても大きいのです。
生きている人と死んでる人くらいちがうのです。

だから、山だろうが、谷だろうが、
行けるところは、どんどん行った方がいい、
ということなのです。

行(サンカーラ)が滅すると、悟りと言われますが、
しかし
たんに行が滅するだけですと、寝たきりとなるのです。


いかに、生きんとする意志を、保たせるか、


悟るのもたいへんだけど

輪廻の道をしっかり行くのも

思いのほか、たいへんっすよね。


ほんとですねぇ、
お互い、こんなうちでもがまんしなくちゃにゃ サムにいさん
Sbsh0173
うん、共にたえようぞ、生きるため、ダン吉おとうとよ。

サム兄さんと、ダン吉弟よ
ってのは、いいんだけど、どっちがどっち?

同じ大きさになってきちゃって。。。たらっ(汗)
ダン吉、食べ過ぎだっつーの。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2012年7月22日 - 2012年7月28日 | トップページ | 2012年8月12日 - 2012年8月18日 »