« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年4月8日 - 2012年4月14日 »

2012年3月25日 - 2012年3月31日

2012/03/26

サンガジャパン Vol.9 上座仏教と大乗仏教

043
目つき真剣。。だけど、どことなくオットセイ風。

そんなことかまってられるかぁ、

だって、

だって

見つめる先には。。。

046

そう、猫じゃらし。

ほんとに好きだよね、猫じゃらし。

二日前、急に調子が悪くなって、
えさも食べなくなって、じっと寝ているだけになりました。

その前まで、悪さしかしないので、
もう、ほんとに、「そばに寄るなあ」って、
じゃけんにしてたら、

ほんとに寄ってこない。。

そうなると、また、心配になる。

あんなに悪さしてたのが、なつかしい。
はやく元気になって、駆け回れ、って気持ちになるのが、げんきんね。


心配しているうちに
今日になったら、また元通り、腕白猫に戻ってました。

あんなに、
「腕白でもいい、元気でさえいれば」
って、祈る想いで言っていたのに、

元気になったら、ころっと変わって
「病気の時は静かでよかったね」って、
気持ちがしてくるのは、なぜ。


我ながら、いい加減な性格だ。

===
さて、さて、

『サンガジャパンVol.⑨』は、
特集のテーマが、「上座仏教と大乗仏教」です。

おもしろそうな
問題の多そうな
むずかしそうな テーマです。

今までの経緯から考えて、

上座仏教 と 大乗仏教

という、この並記は、なんとなく対立の構図。。。のよう


と思ったかもしれませんが、
中を読みますと、意外と、そうでもないのです。

わたしも、このテーマで書いてみました。

お題は

「龍樹菩薩の気持ち」


今までも書いてきたことですが、
大乗と部派の二つの仏教は、どちらが欠けても、
仏教は成り立たない
と、述べました。

どちらも、仏法を伝える、
とも書きました。

よかったら、読んでみてください。

       ***

現代は、
新しい仏教運動の流れの中に
あるのだろうか

という気もしてきます。

仏教の理解が進んでくると、
仏教的な精神を、みなが感じ取れるようになってくる。

そうなると、
部派と大乗の違いを乗り越えて、
仏教がめざしていくものが
見えてくるような気がしますね。


      ***

なんだか、あまりたいしたこと書いてない日記ですね。

二つの仏教は、違いはあれど、
確実に共通するのは、
どちらも、「人を救う」ということ。

この国で、たくさんの人が、
それを期待し、それを求めてるということ。

自由な空気の中で、自由な感受性で、
はるか昔に自由に活動した
ブッダの精神をつかみたい。

こんな感じかな。

「自由に」語り
「自由に」求めよ。
「自由に」悩め。
「自由」に苦しめ。
「自由」に活動した、過去の声聞・菩薩に 倣いたい。

037

最後は、自由の象徴、わがままニャンコ のお通りだい、だい!

| | コメント (19) | トラックバック (0)

« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年4月8日 - 2012年4月14日 »