« 2012年2月26日 - 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »

2012年3月4日 - 2012年3月10日

2012/03/04

『在家仏教』4月号に書きました

003

さっそくですが、こんなのを書きましたので、ご紹介します。

昨年、3月18日に、在家仏教講演会(札幌)で
お話しした講演録をまとめたものです。


昨年は、ほんとうにほんとうにたいへんな年でしたね。

3月11日

この日、東日本大震災が起こりました。

今年も、11日が近づいてきています。
あれから、一年になるんですね。

実は、講演会は、大震災の一週間後で、
まだ、日本中が混乱しているときでした。


そこで、わたしも、混乱しながら、
このようなお話しをしております。


「幻のごとく化のごとく」


激甚災害を、いかにして乗り越えていくかという、思いで書きました。

大乗の菩薩のお話しです。

ボランティアをする人々、他を救う人々、さまざまに支援する人々

かれらの姿に、菩薩の行を重ね合わせて、

復興の祈りを込めて、お話しました。


      ***


しかしながら、震災後一週間ということで、
すべてが混乱状態でもあります。
で、
わたし自身も相当混乱状態です。


混乱しながら、お話ししております。

なんだか、くどかったり、冗長だったり、
あっちにいったり、こっちにいったり、
少し推敲すればいいのに、という感じです
が、
この混乱したようなお話しぶりが
当時の緊張感を伝えるような気がして、
かえって、新鮮に響くように思います。


ほとんど手を入れることなく、
講演の内容が、
載っていますので、
よかったら、ご覧ください。


     ***


それにしても、1年があっという間です。
ものすごく長い1年だったような気もするし、
あっという間の1年だったような気もします。


この特別の思いのする1年を過ごして
思うことがあります。


そろそろ、日本にも、ほんとうの

菩薩たちが、現れてきてもよい頃だ


そう思いませんか。
大乗仏教が、人々のために役立つチャンスでもあります。


大乗は、自分たちで開発していく仏教です。

人々のために、と思う人が増えてくると、
自然と大乗の世界が広がっていくでしょう。


幻のごとく化のごとくに、
世界を空と見て、
活躍する菩薩たち。

利他の島、日本であれかし。

どんなときでも、プラスの思考で、
願を胸に、菩薩たちは行く。。

このような災害のときこそ、
人が変われるチャンスなのかもしれません。

菩薩よ、いでよ!


     ***

お。サム!
見上げてるね、夜空の星かい?菩薩の星かい?
011
そうだ、いいぞ、菩薩猫になるんだーーっ!

と、思ったが。。。
012
あ、こらぁ、長続きしないのね。

すぐえさに気をとられるんだから。。


| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2012年2月26日 - 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »