« 2011年12月4日 - 2011年12月10日 | トップページ | 2011年12月18日 - 2011年12月24日 »

2011年12月11日 - 2011年12月17日

2011/12/11

009
自然露光では、きついです。

でも、なかなか冬っぽい感じで、雰囲気は好きです、この写真。
テレビ塔の建物と、よくわかんないイルミネーションに、恋人らしい二人。

それと、忘れちゃいけない、テレビ塔の左に小さく ○  これは満月!

月食だったんですね。
昨日、10日の月です。

===
さて、母が退院してきました!

手足がきかないので、いろいろ介護の心配もあるのですが、
何だかたいしたことではないような気がします。

今のうちだけかもしれないけどね。

それにしても、遠い病院に通わなくて済むので、
介護を考えても、気分的に楽。

家に帰りさえすればよい、というのが、よい!
やったー!

母も、病人から、一気に、障害をもったふつうの人に格上げになりました。
この気分のちがいは、ほんとに大きいです。

ようやく家が、明るく復活してきました。


===
浅野順一氏『旧約聖書を語る』(NHKブックス)
竹下節子氏『聖母マリア <異端>から<女王>へ 』(選書メチエ)

二冊を読んでいます。

一神教の世界においては、
仏教とはまったく異なる思考のあり方が必要です。

浅野氏の書は、以前にも読んだのですが、
再び読むと、また、多くのことに気づきます。

キリスト教的な世界では
人間が他の動物や自然とはちがって、特別である、といわれます。

仏教的な世界では
人間は他の動物や自然と何ら変わりません。有情などといわれます。

なぜ、こんなに、ちがうのでしょう。

神が、人間を作るとき、
神は、人間を人格として創造されたからだ、と浅野氏はいいます。

神が人格であるように、人間も人格として作られたので、
他の動物とはぜんぜんちがう。

他の動物が長生きしても、ただの長生きだが、
人間の長生きは、神の祝福を受けているあらわれなのだ、

と、このように考えられるのです。

ふーーーん、なるほど、そうなのか。

仏教では、長く生きるも短く生きるも、縁起によって起こる。
このことわりは、生きとし生けるもの、自然、すべてに当てはまる。

動物が長生きするのも縁起によって
人間が長生きするのも縁起によって


自然にたいする態度も、
西洋と東洋とでは、ちがいがありますが、
これも、このような宗教的なちがいの影響もあるかもしれませんね。

人為によって、自然を作り替えようとする欧米。
自然とあるがままに融和していこうとする東洋。

ありきたりではありますが、しかし、
キリスト教的な思惟の色濃い世界と
仏教的な思惟の色濃い世界とでは、やっぱりちがいが出ますよね。

人間の特権意識は、神からの祝福によって生まれてくる。
生類への平等観は、縁起のことわりによって生まれてくる。

001
欠けるときもあれば、満ちるときもある月。

神のなせる業なのか、縁起のことわりを示すのか。。


| | コメント (24) | トラックバック (0)

« 2011年12月4日 - 2011年12月10日 | トップページ | 2011年12月18日 - 2011年12月24日 »