« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »

2011年8月7日 - 2011年8月13日

2011/08/10

いいさ、どうせ龍樹は空なんだもん、の巻

001

ああ、暑いね、龍樹っ。


まったく。こう、毎日、暑くちゃ、身体がもたないよ。
管理人、頭から水かぶったようだぜ。


水かぶってるんじゃなくて、汗かぶってるのよ。
なんか湯気出てきたかも。


ところで、道場で、ぼくの話をしてるだろ。


ああ、掲示板ね。
道場では、龍樹、君の話題で盛り上がってるわね。。。
あ、間違えた。。盛り上がってるって、わけでもないわね。


なんだ、ぼくの話してるんじゃないの。


うん、はっきり言えば、無視されてるかな。
ほとんど、龍樹の後に出てきた註釈者の人たちの話題で、
盛り上がってるわね。


ええ、無視されてるぅ。。ひどいや、ひどいや。


仕方ないのよ。むずかしいんだもん。
みんな、龍樹のこと、話題にしようとするけど、あんまりむずかしくて、
気がついたら、註釈者とか他の人の話に移っていっちゃうのよ。


わたしなんか、
ずいぶん、龍樹の方に話を引き戻してあげてる方なんだから、
感謝してよ。
それにしても、何で、むずかしいことばっかり書くのよ。
説明できないじゃん。


ぼく。。むずかしくないよ。。


むずかしいよっ!


むっずかしくないっ!


むっずかしいっ!


むっずっかしくないっっ!


むっずっかしいっっ!


むっずっかしっくないっっっ!!


ちょっと、龍樹、どうでもいいけど、「っ」 が多くない。
遊んでないで、何でむずかしいか考えてみてよ。
みんな、ぜんぜんわかってくれないんだから。


管理人の説明が悪いんじゃない?


ええっ!そんなことないよ。
やさしく説明しようと、すんごく苦労してるんだから。
そうだっ。思い出したっ。
聞きたいことがあるの。


何?


『方便心論』とか『廻諍論』とか『中論』とか、
全部、内容が絡み合っているのに、
ほとんど同じフレーズも出てこないでしょ。
なのに、明らかに、この個所とあの個所は関連してる、って、
よく読むとわかるところがたくさんあるの。
みんな、ちがうことばが次々に出てくるけど、似ていて、
内容的にはつながっているの。
どうして、こんな書き方してるの。


うーーん、どうして、って言われても。。
ぼくは、いつも、いつも、新しいことを考えているのさ。
そのせいかもしれない。


『廻諍論』も、龍樹が書いたんじゃない、って言われたり
『大智度論』もちがう、なんていわれてるんだわよ。
なんで、のちのち、疑われるような書き方してんの。
すんごく、迷惑なんですけど。
わたし、一人で苦労してるんだから、何とかしてほすいわよ。


管理人、こんな書き方してるの、他にいないわけ?


いないよ、いるわけないじゃん。
こんな変な書き方する人。
決まった言い方がないんだもん。


だって、決まったことがないから、決まった言い方もできないんだよ。
いつでも同じになることなんてないじゃん。


「ないじゃん」って、龍樹、それ、わたしのまねっこじゃん。


いいじゃん、まねっこなんていうなよ、対機説法って、言っておくれよ。
管理人の知能レベルにあわせてあるんだから。


ちっ!失礼しちゃう。。あ、わかったわ!


え、何?管理人でもわかることがあるんか?


も!失礼しちゃう。。さっき、「むっずかしいっ」って言う風に、
「っ」を増やしていったのも、この言い方ね。
龍樹風の言い方なのね。全部、一回、一回、ちがってくるのね。


ま、そうかな。たいした言い方じゃないけどね、オホン。
ことばには、もっと神経使わなくちゃいけないんだ。
ぼくのことばは、いつでも、対話する人に合わせて、
どんどん変化するんだよ。


そうか、似ているけど、ぜったい同じ言い方してないもんね。
簡潔に短くしたり、長く説明したり、詩の形になったり、いろいろ。
名詞で言ったり、文で言ったり、句になっていたり。おもしろいわね。


そうだろ。全部、ちがう言い方して、全部ちがうことが書いてあるのに、
だけど、全部、同じことだ、って、心の中に浮かぶだろう。


そういえば、そうねぇ。。みんな、龍樹のことを
「空だ、空だ」という詭弁論者、って思ってるものね。


ええっ!もう、しょうがないなぁ。
まあ、いいさ。
それぞれの人が、それぞれの能力で、ぼくを判断するように、
そんな書き方をにもなっているから、仕方ないんだよ。


ふーーーーん、じゃ、龍樹を詭弁論者だという人は。。
もしかして、その人、詭弁論者なわけ?


え? あ、まあ、その気はあるかな、わはは。冗談だ。
でも、評価は、分かれるのは、当然のことさ。
それぞれが、それぞれの能力で、ぼくを判断する
その根拠は、ぼくは、空だからなのさ。
全部、相手にあわせて言うから、自分の中身は空っぽになっちゃうんだ。


そうかぁ、表現がころころ変わってつかみどころがないのも、
空だからなのね。
その場にぴったり合わせて、語ることばは、空、ってことか。
ああ、少しすっきりしたわ。
龍樹、
龍樹が、評価低くても、わたし、気にしないことにするわ。
どんなに罵倒されても、龍樹は空、
どんなに蔑まれても、龍樹は空
って、ことだもんね。


う、うん。。なんか抵抗あるけど。。。


まあ、気にしないで。
龍樹って、そういう人がちゃんといるように思われるけど、
ほんとは、幻かもしれない。
だから、全部の作品を否定されるのね。
だんだん、すっきりしすぎてきたわ。
龍樹、もう、君がぜんぜんいなくなっても、大丈夫。
完全に消えても、龍樹は空。
龍樹は、
どんな作品も書かなかった。
『中論』も書かなかった。
龍樹は、空だから、幻だった、いなかった、って、言っておくから、
だから、ね
消えてもいいよん、バイチャ、りゅうじゅぅぅぅ
003_2

何だよ、管理人。。。
いくら空でもさ。。。。ぼく。。さびし。。

だから、
009
友達のピーマン君、呼んだから。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »