« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年5月15日 - 2011年5月21日 »

2011年5月1日 - 2011年5月7日

2011/05/05

『サンガジャパン Vol.5』

Samjap5_big
この雑誌が出て、少し時間がたってしまいました。

『サンガジャパン Vol.5』
「死と仏教」というテーマです。

あの運命の日、3月11日が校了だったという、
のちのちまで深く印象に刻まれそうな雑誌となりました。

仙台の本社ビルで仕事をしていた編集者のS氏は、
大地震・津波の時の様子を、編集後記で生々しく
語ってくれています。

やっとの思いで生まれてきた雑誌である、という気がします。

「死」というテーマは、

震災があってもなくても、いつでも、わたしたちに
深く問いかける内容をもっています。


亡くなった人たちに、手を合わせるとき、
生きている人は、死について何を思うのでしょう。

「死」は身近でありながら、わたしたちは、「死」を知らない。


編集部が掲げた巻頭のことばの中に、
「死」を特徴づける、次のような表現があります。

「わたしたちにとって死とは体験不可能な、未知のもの」


生きている自分自身にとっては、未体験である

という意味では、たしかにその通りです。
体験してしまったときには、何も言えません。
だから、
語るときには、いつでも、
「死は未体験」ということにもなりそうです。

亡くなった人たちを思って、涙にくれるとき、
それは、いつでも生きている者たちの鎮魂歌です。

亡くなった人たちは、どこに行ったのだろう。

悲しむ人々は、こう考えます。

身体は、この大地に帰っていく。

そして
魂は、
祖先と一緒になるか、
空に上って星になるか、
風になるか、
神さまのところに行くか、
まだ他にあるかもしれませんが、
そんなところだろう。

または、
他には何も残らず、
ただ、わたしたちの思い出になって、
わたしたちが死を迎えるまで
わたしたちとともに生き続ける。

多くの人は、こう納得して、お墓の前で手を合わせます。

写真の中に、
記憶の中に、
変わらない姿をとどめる死んだ人たちは、
年ごとに美しい清らかな思い出になって、
生きている者たちを
慰め、
守り、
励まし、
教えるのです。

一緒についててあげるから、大丈夫だよ。。
見ててあげるから、心配しないで。。

こう言われて、生きてる者たちは、
何とかやっていけるのです。

生きている人には、亡くなった人たちは必要なのです。


これは、これでよいのです。

わたしたちは、こうして生きるのですから。


=====

しかし、一方には、

誰に聞いてもわからない

「自分の死」

というのがあります。

これだけは、誰も語ってくれないのです。

亡くなった人に尋ねたくても
誰も答えてくれません。

死は、未体験だから、何も言えないのでしょうか。

死は苦しみです。
未知であるが故に、恐れます。
それが不可避にやってくるのを
ただ手をこまねいているばかりなのでしょうか。

そのような状況の中で、

ブッダは、死を乗り越えようと
「不死」を求めました。
そして、
それを成し遂げました。

たしかに。。

たしかに
かれは
死を克服し、
「不死を得た」と言ったのです。

そのことを、今回、短く書きました。

ブッダの教えは、とてもむずかしいと思います。
どうして乗り越えたのか、
なかなかピンとこないでしょう。

生まれてきたから死んでいくのです。
生まれてこないなら、死んでいくこともないのです。

生まれてこないこと(不生)

ここを目指して
ここに到達して
涅槃の安らぎに入ったブッダは、

たしかに。。

たしかに、
誰の目にも「不死」の存在になっているように
思われます。

むずかしくて、よくわからないけど、
でも、言えることは

自分の死

これは、体験するもの、というより

知るものなのだ、
ということかもしれません。

未体験であることを特徴とするのが「死」なら、
わたしたちは、「死」をよく知って、
それを、自分の手でどうにかすることが、できる、
と、
そう知ることが、意味があることかもしれません。

死は、乗り越えられる、
それを成し遂げた人がいる

と知るとき

わたしたちには、
それだけで、安らぎを感じるかもしれません。

もう少し「死」を学んで、それから、死んでも悪くないかもね。
どう死ぬかは、その前にある、どう生きるかを決めていきますね。
よし!
004
泳げ!空飛ぶさかなたち!

さかなだって、空を泳ぐこの世界。。
不死を求めて、どうしていけないだろうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/05/03

ただちに影響はでない。。

雨のお休み、日曜日。
002
ロマンチックに朝からお出かけ、すてきだわ。。
006
こぶしが、きれい。。。
あ、桜も咲いてた、知らなかったわ。
009

な~~~んて、言ってるばあいじゃ、なかとよ。

朝もはよから、仕事です。。んでもって、ほぼ徹夜です。
雨と風が、いっそ気持ちいい徹夜明け。

先日、話題に出たので、『バガヴァッド・ギーター』を勉強して
ギーターに説かれるヨーガについて
お話してきました。


ジュニャーナ・ヨーガ(知識の道)
カルマ・ヨーガ(行為の道)
バクティ・ヨーガ(信愛の道)


この三つのヨーガが説かれています。

たしかに、ヨーガの行法も説かれています。
しかし、それだけではありません。

いろんな哲学思想も説かれています。

でも、気づくのは、仏教思想の強い影響ですね。
いいところは、みな仏教から借りてきてるような感じです。

いかに、仏教が、インドにおいて大きな存在であったか
あらためて思います。


それと、カルマ・ヨーガですが、これは

「汝の本務(スヴァダルマ)を果たせ」

というメッセージとして説かれます。

「専念すべきは、ただ行為そのものであって、
行為の結果を動機としてはいけない」

執着を捨てて、
ヨーガに立脚して行うことが求められるのです。

このやり方は、いささか危険もともないますね。
善悪を判断しないと、危ないです
でも、
使い方しだいでは、役に立ちそう。。

とくに、わたしの場合、
これだけ忙しいと、
何も考えずに、行為そのものに没頭して、
無我の境地で行った方がいいかもね。

もう、そうするわ。。。

っと、講義をしながら、そんなことを考えちゃいかん!

ヨーガの講義なんですが、
講義をヨーガでしちゃったわたし。。。

========
さて、
震災以来、有名になったことばがあります。

「直ちに影響はでない」

放射線量の
基準値を超える放射線をあびても
基準値を超える食物をとっても
基準値を超える水を飲んでも

直ちに影響は出ない

と言われました。

否定のことばは、人を巧みに翻弄します。

直ちには影響は出ないが、後々出る、のか
直ちにも、後にも、影響は出ない、のか

よくわからないので、みな、買い控えると

風評被害だ、

と言われます。

直ちに影響が出ないのが、放射線被害
直ちに影響が出るのが、風評被害


あいまいな言い方やあいまいな情報に終始すると、

風評被害という名の影響が直ちに出てくる

と、情報を出す政府関係者のみなさんは覚えましょう。


「直ちに影響は出ない」という言い方が、

直ちに影響の出る風評被害を

生み出すのです。


情報は、早く正しく的確に!


実際に原発で作業している人たちに
重要な放射線量の情報を知らせないのは
もってのほか。
彼らの健康を守ってください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年5月15日 - 2011年5月21日 »