« 2010年8月15日 - 2010年8月21日 | トップページ | 2010年9月12日 - 2010年9月18日 »

2010年8月29日 - 2010年9月4日

2010/09/04

『龍樹 あるように見えても「空」という』(佼成出版社 )

001_2
 
龍樹本の見本を頂戴しました。

ピンクですねぇ。
写真がなんとなくぶれちゃってますね。


とてもコンパクトで、後書きまで入れても、130頁ほどです。

また、お値段も手頃な、1400円+税。


本屋さんに並ぶのは、9月半ばくらいだそうです。


ああ、すっかり読みふけってしまいました。
今、完読しました。

ええっと

誰が、書いたんでしょうか?

石飛道子

知らない人だ
という気がします。
 
 
まるきり他人事ですが、
うーーん、

龍樹と空思想が、少しでも身近になればいいなぁ

という著者の気もちは、わたし(?)に伝わりました。


一般向けの書ですから、
このコンパクトさですから、

難解といわれる龍樹の 空や論法を

わかりやすくお伝えするのも、これが限界かという気もします。


それと、新解釈が入っています。


カーティヤーヤナに語った有無二辺の中道について

新しい解釈を示してあります。


そして、その解釈は、親鸞の『高僧和讃』の

龍樹解釈ともつながっています。


伝統的な解釈をはずれないけど

新しい解釈を示している

という点で

龍樹は、身近になったかな。。。そうだといいな

002


| | コメント (46) | トラックバック (0)

« 2010年8月15日 - 2010年8月21日 | トップページ | 2010年9月12日 - 2010年9月18日 »