« 2009年8月16日 - 2009年8月22日 | トップページ | 2009年8月30日 - 2009年9月5日 »

2009年8月23日 - 2009年8月29日

2009/08/26

空であることは、言い争わないことである!

岩見沢の青い空。。。秋ですなぁ。。なんとなく。
002
 
 
 
 
 
 
昨日の、岩見沢は、いいお天気でした。 
 
つれづれなるままに、つづりましょうか。
本日のブログ。。
  
 
ことばを捨てて、戯論を寂滅させる
 
ブッダの 
 
「言い争わない」術、
 
ガッテンして
いただけたでしょうか?
 
 
あれ、ガッテン、の声が聞こえませんなぁ。。。
 
 
何にやら、フラストレーションのたまる
 
重い空気ですね。。。どよーん!
 
 
どよーん! というのも、
 
わからぬでもありません。
  
じつは、戯論寂滅と言いましても、
 
 
さまざまな議論が尽くされて、
 
どんな問題があるのか
誰がどんな意見をもっているのか
それは、なぜなのか

などなど

さまざまな見解が出そろい、

そして

互いに見解を検討したあと

戯論寂滅するならば

納得もいきますが

 
一方的に、捨てますと
 
何も検討がなされていないので
 
どうも、すっきりしないということになりますね。
 

 
 
まあ、そうでしょう。
 
解決されているわけではないからですね。
 

 
 
 
そこで、「ことば」は捨てても、
 
 
「検討」は残りますね。
 

 
 
捨てたのは、ことばだけであって、
 
 
検討する作業を捨てているわけではないからです。
 
 

 
 
★ここで、わかります。 ★
 
 
ことばにこだわるのは、
 
あまり得策ではないのです。
 

 
ことばを捨てても、何も変わらないからです。
 

 
ちがうことばで、ちがう言い方で 
 
いくらでも検討できるのです。

 
 
★みなさま、これを覚えておきましょう。★ 

 
これは、ことばが空であるから
 
このようなことが、あっさり可能なのです。
 
 
中身空っぽなんですから、
 
ことばは捨てられるのです。
 


もし意味が固定されていれば、

意味ごとことばは捨てられて
 
二度と検討できません。
 


 
「空」ということは、すごく広い応用力があるのです。

ことばの中身は、空っぽだから

 
 
★一つのことばにこだわらない、のです。


★一つのことばにいろんな意味を詰め込んで話せる、のです。


★いろんな言い方で一つのことを話せる、のです。
 

 

つまり、ことばは変化するのです。 
 
だから、何も心配いらないのです。 
  
 

=========================
========================= 
 
では、次です。
 
ことばを捨てたのは、
 
捨てても何も変わらないからでした。
 

 
が、 
 

捨てることには、とてもいい効果があるのです。 
 

それは、 
 
 
ブッダの説くところの

============
「言い争ってはならない」
============

という、この貴重な教えが

しっかり身につくからなのです。

 

ことばを捨てた人は、言い争わないのです。
 
 
 
では、では 

 
言い争わないと、どんないいことがあるでしょう。 
 
 
★ 無駄におなかが減らない。
 
★ ことばによる悪を行わないで済む
 
 
という善いことがあります。


ことばによる悪とは、
 
 
たとえば、 
 
■ 相手の悪口をいう

■ 嘘をつく
 
■ 二枚舌を使う
 
■ へつらいを言う
 
こういったことがらを指します。 
 
 
いずれによっても、
 
 
ことばによる諍いや中傷など
 
 
ろくなことは起こりません。
 
 
 
これらによって、苦しみが生まれてくるのです。 
 
 
 
わたしたちは、

苦しみのタネをまくことなく
 
 
しかし
 
 
ことばは捨てたのに
 
 
何も失っていないことを
 
 
喜びたいと思います。 
 
 
幸せのタネは
こんな大きなメタセコイヤの木になる
004
。。。の
。。。で
。。。す (ほんとか!)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年8月16日 - 2009年8月22日 | トップページ | 2009年8月30日 - 2009年9月5日 »