« 2009年6月28日 - 2009年7月4日 | トップページ | 2009年7月12日 - 2009年7月18日 »

2009年7月5日 - 2009年7月11日

2009/07/11

ウソ。。それは、何?

わたしは、哲学の あやしい 教師でっす。

で、あやしい 授業をやって まっす。

どんな風に あやしいかって?

それは、こんな風に あやしいのですぅぅ。。。002

 
 
 
 
哲学の森は、暗くて 深くて
穴がある

ちょうど、この写真のようにぃ~~
 


だから、授業の最初に、こう言いました。

「みなさん、哲学で、いっちばん大事なことは!

ウソをつかないことです。

正直に自分の意見を書くことが

い~~っちばん、大事だからねっ!」

 

で、まじめな 学生さんたちは、
みんな、事あるごとに

「せんせ、ウソ書いちゃ、ダメなんだよね」

と、確かめながら、
正直で赤裸々な意見を書いてくれたのでした。。。
 


なに?
ぜんぜん、あやしくないジャン、って?


まあ、これからですよん。
 

さて、今日の問題は
「ウソをつくか、つかないか」
にかんする問題です。

刺客に追われた友人が、あなたのところに来ました。
あなたは、友人を逃がしてやると、刺客がやってきて
友人の居所を言え、と脅します。

====================
さあ、あなたは、
友人の居所を言わず、ウソをつきますか。
それとも
ウソをつかず、友人の居所を言いますか。
====================

ウソをつかず、正直に答えましょう???

さあ、困った。。。

友達は助けたい、自分の命も惜しい、ウソもいけない

どうする?どうする?
  


◆もちろん、ウソついて

だいじな友達を助ける。。。。

ついても良いウソもある! 
 
 
 
 
◆だが、

よく考えると

自分の命も惜しい。。。。

親しい友人は助けるけど、

それほどでもなかったら、正直に言う
 
 
 
  
◆だが、よく考えると
 
友達によって区別するのも問題だ!
 
友達逃げる時間稼ぎに

刺客と駆け引きしてやるぞ! 
 
 
 
  
◆だが、よく考えると

刺客に脅されてパニック。。。。

ウソなんかついてるゆとりはない!
 
ほんとのこと言っちゃうだろな。。
 
 
 
  
◆だが、よく考えると

ほんとのこと言っても

どのみち、自分も殺される。。

こうなったら、友人の一人くらい助けて

自己満足で死のう。ウソついてやるぅ!

  

 
 
◆だが、よく考えると
 
ほんとは、どうよ?

こんな風にしゃべってる自分って、本音なのか。。。

ただことばを組み合わせてるだけなんじゃ。。。
 
こう書いてる、自分に、ウソはないんだろうか? 
 
 


ああ、わからん

それに、ウソといっても

気づかぬ相手には、それが真実だ。。

 
 
ああ、わからん

それに、ウソがいやなら

言えない、というのもありだ

言えたら、だけど。。。うう。。 
  
 

 
ああ、わからん

人を殺そうとしている人間に
 
ほんとのこと言う必要があるのか?! 

 
 
 
ああ、わからん
 
生まれてきてから今まで

ウソつかなかった人はいないだろ?  
 
 

 
ああ、わからん
 
でも、ウソはつかないのが一番だ
 
ウソはかならずばれる。 
 
 
 
ああ、わからん
 
何がホントかわからんのに
 
何がウソかなんて、わかるんか?
 
 

 
ああ、ウソ、ウソ、ウソ、

ウソって何?

窓の中の風景が遠ざかるように
 
ウソも、ホントも、遠ざかる 
008
 
 
 
 
 
 
せんせ、正直に書きますっ!
ウソついちゃダメなんだよね!
 
どうなるか、わかりませんっ!!!
出たとこ勝負でっす。。。。
 
 
せんせ、何がホントか何がウソか
わからなくなりました。。。

 
 
みなさん!とってもいい答えですよん。
  
んでもって、 
 
何がウソかホントかわからない”ここ”

ここから
 
哲学が”始まる”んでっす。 
 
あら。。。時間ね。。。んじゃ
 
これで、哲学を”終わり”まっす。 
 
 
始まりと終わりが一つになる

あやしい 哲学の穴 でした。
 
 
 
わたしは、あやしい 哲学の 教師でっす ♪フフ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/07

争わない、って、争うのは。。。

004



 
 
 
せ~んろはつづくぅ~よ、どぉ~こまでも~~

っといいながら、塀の柵にに描かれた電車で、GO!
 
 
今日も暑かったですね。

「カレー日記」書かないと、
コメント欄が掲示板になっちゃうよ

との請問者さまのおことばですので、

油断せず、更新 昂進 ポッポ~~

 
さあ、少し対話がはずんでくれば、

これまでの論理学的な問題点もはっきりしてくるかな

どうでしょうか? 


 
仏教がむずかしいのは、一つには

純粋に学問上の観点からの問題が

くるっと

その人の心のあり方の問題に

転換してしまうところがあるからですね。 
 
 
 
学問上の問題を論じているつもりが

他の人によって、心の問題(煩悩)として

評価・判断されてしまう怖さは
 
西洋の思想・哲学には、絶対ないものです。


 
そういう意味で

西洋的な価値観は、仏教的な世界観の中では

ほとんど通用しません。
 
 
 
そのあたりを、浮き彫りにしようとしたのが

拙著 『龍樹と、語れ!』 なのです。
 
 
 
西洋的な思惟にひたっていた人には、 
びっくり仰天の発想です。
 
知識のある人はエライ!
というのが、西洋的な思惟です。
 
 
善悪のわかる人はリッパ!
というのが、仏教的な思惟です。
 
 
いや~、これじゃあ~、ぶつかりますねぇ~
 
【西洋】
いや、ぶつからないよ。
なぜなら、
知識のある人は、良識もあるからね。
良識があれば、善悪もきちんとわきまえてるよ。

【仏教】 
いや、そうでもないよ。
知識があっても、良識のない人もいる。
知識は、善悪を保証しないよ。
 
【西洋】
しかし、何だって、善悪なんだ?
学問は、正しい、正しくないだろ?

【仏教】
学問の正しい、正しくないは、
決定する手立てがないからだよ。
争うことになるだけさ。

【西洋】
何? ぼくらは、理性によって、学問をリードしてきたんだ。
正しい、正しくないは、ぼくらが決める

【仏教】
いや、それはダメだ。
きみが「正しい」っていう根拠を、ぼくらは受け入れない。
だから、善悪がだいじだ。

【西洋】
いや、正不正だ
 
【仏教】
いや、善悪だ

【西洋】
いや、正不正だ
 
【仏教】
いや、善悪だ  

【西洋】
いや、正不正だ
 
【仏教】
いや、善悪だ

ううん、伸びてく、伸びてく
ツタは伸びてく
002
 
 
  

 
ツタない命だっちゅーのに

おい、おい!
そんなに争うなよ。

ツタが絡まるように
言い争って絡まっても

仕方ないっすよ。。。

それにしても、どうなってんだろね

このツタ。。。

電信柱をまるごと占拠しちゃってるっつた。

| | コメント (29) | トラックバック (0)

« 2009年6月28日 - 2009年7月4日 | トップページ | 2009年7月12日 - 2009年7月18日 »