« 2008年11月23日 - 2008年11月29日 | トップページ | 2008年12月7日 - 2008年12月13日 »

2008年11月30日 - 2008年12月6日

2008/11/30

二つの奇跡

寒さがちょっと遠のいて
せっかく降った雪が溶けてきましたが
それが、また凍るから、道はつるつる!
危ないです。
008
 
 
 

 
 
 
恵み野の駅のプラットホームの通路には

こんなステキなカボチャが!

おシャレに飾ってあります。。
 

さて、ヨガの講義で、ウパニシャッドのお話をしました。

昨日は、『ヨーガ・スートラ』も読んでいました。。。


まぁ、仏教ではない分野、バラモン教の系統の分野です。

こういうものを読んでいて、思うことは

ただ一つ。。

はぁ。。やっぱり!ブッダの法は、すごいですねぇ。。。


ウパニシャッドだって、すばらしい思想だと思う。

近代ヨーロッパの哲学者たちをうならせた。。。

神秘思想の極致といってもいい。。。

『ヨーガ・スートラ』だって、論理性もある!

サーンキヤの哲学にもとづいて心を見事に分析してる。。

仏教の影響も受けているから、整ってもいる。。。


でも、

でも、

ブッダの法を知ってしまうと、もうダメだ。。

ブッダの法の前には、赤ん坊の思想のようだ。。

かならず、無理や矛盾や無駄が、ある!

モヤモヤしたわけのわからない部分が、出てきてしまう。。


ブッダの法さえなければ、世界の最高峰だったのにネ!

惜しかったネ!

======================

さて、そんなことを考えると、ブッダの法が

この世に出現したのは、世界の奇跡であることが

わかります!


よく、

ブッダの金口(こんく)の説法は、わからない
経典は、ブッダの直説ではない

とか、言われますが、どうも納得できないのです。


ブッダの口から出たことばどおりには、わからない

ということは、ブッダの法にかんして、

何の問題にもならないと思うのです。

なぜなら、そもそも、ブッダの法は

ブッダの語ったとおりに、口移しに、

頭から暗記してきたものではないからです。

いくらかそういう部分もあるかもしれませんが

基本的に

これは、ブッダの法を受け取った比丘たちが

伝えてきたものだからです。
 
 

ここにおいて、わかることがあるのです!

それは、ブッダの法が残るためには

奇跡が二つ必要だということです!!


二つの奇跡?

そう、

★一つは、ブッダの法が、まず、奇跡の法だということ★

人間が作り出した思想の中で、もっとも完成された思想です。

どんなわずかのミスもなく、円満具足の法なのです。


では、二つ目は?

★それは、法を了解して、受け取り

完璧に維持できる比丘たちがいたということ!!!★


これを忘れちゃいけない。。

比丘たちがいなければ、ブッダの法は、今日の姿では

残っていないでしょう。
 


ブッダの法を理解して、それを編集し、整理し整え

完全な法の形を作り得たのは、

比丘たちなのです。
 


語順も完璧、ことばも完璧、一つの無駄も入れず

過不足なく、整理整頓したのは、

ブッダではなく

比丘たちなのです。


要するに

どんなすばらしい法も

聞く人がわからないと、

ゆがめられたり捨てられたりしてしまうのです。


だって、何を言ってるかわからなければ、

受け取れないし、自分で法を説明したりもできないでしょう。


ブッダの滅後、即座に、経と律を結集した比丘たちは、

ブッダに等しい人々 であったということです。

かれらを 阿羅漢 と呼んで、

ブッダの悟りと同格に位置づけるのも

まったく理にかなったことだと思います。

ほんとうに500人の阿羅漢が、当時はいたんだ!!


これも奇跡だと


ブッダの法を見るとき

つくづく知るのです。 
 
ブッダの法は、

師ブッダと弟子の比丘たちの

心の 

お! 

奇跡 

あれ! 

軌跡 

なのです。。。きまったな
 
001
 
 
  

 
 
ああ、もうクリスマスですねぇ。。。はやいですね。


 
 
 
 

| | コメント (8) | トラックバック (1)

« 2008年11月23日 - 2008年11月29日 | トップページ | 2008年12月7日 - 2008年12月13日 »