« 2008年10月19日 - 2008年10月25日 | トップページ | 2008年11月2日 - 2008年11月8日 »

2008年10月26日 - 2008年11月1日

2008/10/26

輪廻転生

レクチャーのあと、受講生の年配の方とお話しする。

生死の話だからね。

いいですね。生と死のお話しは。。厳しいけど切実だ!

そして、誰も、わからない。。。

その答えを求めて、たくさんの方が、仏教の門をたたく。

だけど

満足を得られるようなお話しをしてくれる人は、

めったに、いない。
002

 
 
 


 
 

お寺さんにお話しを聞いたり、いろいろな勉強会で勉強したけど、
むずかしくて
よくわからないとおっしゃる。

「とにかく信心がだいじだ、だいじだ、
といわれるけど、
何を信心するのか、よくわからないんです。。。」

「阿弥陀さんの像はあるけど、
じゃ、お釈迦さんの像は、どこだろ?
って、思ったら、ないんですよね。。」

「法身とか、報身とか、お聞きしたんですけど。。。
そもそも、法身の、「ほっ(法)」って言うことすら、
ご説明を聞いても
わかんないんです。。。」

「極楽いったのに、なんで、
またこの娑婆世界に戻ってくるんでしょう?」

「『サンガン・サナラナン・ガッチャーミ(僧に帰依します)』、って、
いいますよね。
これ、どういうことですか、とお聞きしたら、
『みんな集まって仏教を勉強する、こういう集まり』を
『サンガ』という、って、お話しされたんです。
だけど、なんか、変だなぁ、って思って。。。
そんなものに帰依してもいいんですか?
ブッダとダンマに帰依するのはわかるんですけど。。」

「とにかく、生まれなければ、死なない、ってことは
納得できたんですけど。。。」

「生まれてきたら、どうして死んでいくのか。。
早死にする子は、何か伝えにこの世に生まれてくるんでしょうか?」

はぁ。。。こりゃ、たいへんだ。。。。悩みが深すぎる

この写真のように、疑問が吹き寄せ状態になってる。。。
010
 
 
 
 
 
 

 
でも

じい~~っと、お話しをうかがっていると
なんとなく、わかってきた。。。。

悩みの根源も

そして

今の仏教が、力でない理由も。

ほんとに、ふつうに生きてるわたしたちは、

「死んだらどうなるんだろう」
「なぜ、生まれて死んでいくんだろう」

って、知りたい!

この答えのヒントを求めて、
仏教に来ているのに

======================
仏教者は、その答えのヒントを語れない ようだ
======================

なぜか、わかるでしょうか?

わたし、わかった!!

なぜなら、肝心の生死について語る理論を
失っているからです。

簡単に言うと

輪廻転生 

これを、語らないからです。

正々堂々と
「輪廻転生」を説明できないと
奥歯にものがはさまったような
モゴモゴしたことをいわなければ
ならなくなってしまう。

仏教というのは

生死を語るもんだ、と 思う。

生死を語れば
輪廻を語る

輪廻を語れば
解脱を語れる

解脱を語れば
苦の滅も語れる

十二支縁起だって、
そのための表じゃないですか。

 有 → 【生】 → 【老死】   ⇒   苦

ほらね!こう書いてある!


輪廻転生を語らないと。。。
考えるだけで、おそろしい結果だ。。。。

で、

そういうおそろしいことに、なってるのね。。。。

「はぁ、そうだったのか」と
ズダボロで、家にたどり着く のでした。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

« 2008年10月19日 - 2008年10月25日 | トップページ | 2008年11月2日 - 2008年11月8日 »