« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »

2008年1月20日 - 2008年1月26日

2008/01/26

ブッダが語ったわたしによって語られない法

雪は降ります。
降るものです。
アイスまんじゅう型。
003
 
 
 
 
 

 
ナナカマドの赤い実にも雪の山。 
005

  
 
 
 
 
いつもよりずっと雪が少なかったのに
一気に降って
けっきょく例年通り。

ま、そんなもんです、世の中。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

さて、本日、朝カルで

『箭喩経(せんゆきょう)』を、じっくりお話ししてきました。
どうなることかと思いましたが

なんとお
ぴったり1時間半
しゃべりまくって

うまく、全部終えることができました。

こんなにきれいに
ぴたっと
話が決まったのは

はじめてだ。

いつも、全部話が終わらないんです。

ちょっと少なめに見積もったのがよかったのかな。

いわゆる 十難無記 という十の形而上学説も
けっこうしっかり説明できたし、

論争好きの若いマールンキヤプッタが
ブッダとの問答の中で
ブッダの貫禄ある語りに
圧倒されてくの様子も
浮き彫りになった。

毒矢の喩えも
じっくりと検討できたし

ブッダ論理学の
語りの語順の話も
展開できた。

いっつも、こうだといいな。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

仏教は、ええですな。。。
なんか、最近、何を言っても

仏教思想になってきちゃった。

こういうこと言っていいのかどうかわからないけど

あらゆる哲学の中で

わたしのわかるものは
ブッダと龍樹だけだ。

この二人のことなら
自分は
「わかる」
といっても
嘘つきにならない、と思う。

ブッダと龍樹の言うことは
シンプルなのだ。
だから、わたしが、わかるのです。

二人を理解するコツは

================
Ⅱ  言ってることしか言ってない  Ⅱ
================

ということに、気づくことのような気がする。

ただ、言ってることだけを言っていて
中身、それしかない。

だからこそ、いろんなところに応用できるんじゃないだろうか。

ブッダがマールンキヤに言った言葉:

「それだから、マールンクヤプッタよ、
わたしによって語られなかったことは、
語られなかったものと憶持しなさい。
そして、
語られたものは、語られたものと憶持しなさい」

語られない教えである十難無記の説も
語られないものとして、覚えておくんだよ。

これが、ブッダが語った
「わたしによって語られない法」
という教えなのです。

言ったことは言っただけのこと。

おもしろいヤツだよ、お釈迦さん、ってさ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/01/23

中国でも珍品は珍品

寒い写真のあとは、寒くない写真もあります。

月曜日のこと、苫小牧に行きました。
たしか、千歳をすぎるまでは
雪があったんだけど

あり?
ない!
雪が。。

006
 
  
 
 

 
 
正面の山は
樽前山(たるまえさん)
山だけ雪をかぶっています。

同じ北海道とは思えん!

007

 
 
 
 
 
苫小牧ではスケートが盛んだと
聞いてたけど

これじゃ
どう見ても
スキーは無理だよねぇ。

苫小牧は雪が降らないとも聞いてたけど
ほんとに、こんなにないとは!

しかし、寒いことは寒いです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

苫小牧駅に向かうバスで
イエス・キリストにかんする
話をずっと読んでたら

だんだん
怪しくなって
苦しくなってきた。

やばい!

人々に福音を告げて
説教を行うところや
山上の垂訓、奇跡物語
パリサイ派との論争や
十字架にかけられるところ
イエスの復活

ダメだ!
もう、これ以上読んだら
管理人はパンクする。。。

はぁはぁ。。。

話が濃密すぎる!

『中論』読んでるときと
同じ感じがよみがえる。

人間の根源にふれる話を
バスの中で読むのは

止めよう、っと。

@@@@@@@@@@@@@@@

そういえば、講師室で

中国人の仲良しの先生が

「センセ、ヘンな飴あげる」

と、ヘンな飴くれました。

中国の飴だぞ!すごい!
食べたあとの包みだけで、ごめんね。

011

 
 
 
「え、ヘンな飴? ども!
ふつうの飴だけど」

「ふふふ、味は、おいしいんだけどね。。。」

「じゃ、いただきます。。???
うっ!すごい、におい」

「ドリアンの飴」

たしかに、味だけは、おいしいけど。。
においが、なんちゅうか、すごいユニーク!

しかし、さすがに

ちゃんと「珍品」と中国語で書いてあるな。

中国語も、読めちゃうわたし。。。ってか(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »