« 2008年4月20日 - 2008年4月26日 | トップページ | 2008年5月4日 - 2008年5月10日 »

2008年4月27日 - 2008年5月3日

2008/04/27

沈黙は金、一言は禁。

どうもねぇ、
なんとなく納得いかないですねぇ。

何が?

さくら です。

何で?

今ひとつきれいじゃない。。。

003

 
 
  

 

や、きれいはきれいなんですよ。。。
でも。。。 
004
 
 
 
 
 
 
存在感がうすいのよ。。。でしょ?
どう思う?この写真。

だから、ついつい、さくらばかり撮ってしまう。。
なぜだろう、って思いながら。

「時機」 じゃないときに咲いたからかしらね。

少し 早すぎた のかも。。。ね。

などと、おしゃべりついでに

ぶっきょ の話でも。。。

こっちに話をふってしまおう。

さて、さて、ぶっきょは、どうでしょうか?

存在感が  。。。  うすい、ってことはないですよね。

だけど

濃い  って、こともないです。

ブッダ、とか
諸行無常、とか
一切皆苦、とか
一切皆空、とか
諸法無我、とか

いってれば、ぶっきょ、みたいに見えてくる。

仏教の用語を語ると、ぶっきょになりそう。。

だけど、そんなに甘いもんではないことを
ぶっきょ、を、ちょっと、べんきょした人なら
すぐわかる。

仏教の用語を出せば出すほど
ぶっきょから、遠ざかる

という、
かなしいケースも出てくるのです。

じゃ、何がぶっきょで、どう語るとぶっきょになるのか?

それは、これじゃないかと、思います。

最近、ずっと、脳裏に巣くっていて
出て行かないことばです。

========================

それ故に、真実には、寂滅(涅槃)によって、
この世界が無に帰するのではありません。
(したがって)勝利者は
「この世界には終わりがあるのか」
と問われたとき、沈黙されました。

 
諸仏は、この深淵な法を、
(理解する)器でない人びとには説かれなかったという
まさにその理由によって、
全知者(仏陀)は真に全知者である、と知られるのです。

 (瓜生津隆真先生訳『宝行王正論』1.73,74)
========================

器でない人には語らない。。。な~る。。。

ぶっきょ というのは、語る 「時機」 をはずすと
ぶっきょ でなくなる

という、おそろしく
あぶないもの
であるように思われます。。。

■語る内容は、 聞く人の器に応じているとき
ぶっきょ となり
■語る内容が、聞く人の器に応じていないとき
ぶっきょ からはずれてしまう

だから、ブッダのように沈黙によって答えることも

ときには

当然、答えになる。。じゃ、もう一度、引用するよ

========================
それ故に、真実には、寂滅(涅槃)によって、
この世界が無に帰するのではありません。
(したがって)勝利者は
「この世界には終わりがあるのか」
と問われたとき、沈黙されました。

 (瓜生津隆真先生訳『宝行王正論』1.73)
========================

★ブッダの沈黙は、一切智者のあかし。。。☆

答えるな!時機でなければ!


★しゃべりすぎるのは、愚か者のしるし。。。☆

適切に答えよ!時機をのがさず!


ああ、かっこよく決まったわねぇ。。。だけと、
だけど
「その時機」って、いつなのかしら??


管理人!この一言が、ねぇ。。オチで落ちました。。なはは。

| | コメント (29) | トラックバック (0)

« 2008年4月20日 - 2008年4月26日 | トップページ | 2008年5月4日 - 2008年5月10日 »