« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »

2008年3月23日 - 2008年3月29日

2008/03/28

星の子チョビン

居間に行くと

帰省中の息子が真剣にテレビを凝視している。

きりっ!
久しぶりに知的だ。

何見てるの?

星の子チョビン

何、それ?

http://www.youtube.com/watch?v=fdKmdShFcb4&feature=related

1140864209_2
 
 
 
 
 
画像は、ここからお借りしました。↓
http://diary.jp.aol.com/kuvhffcz/725.html
なんと、このようなアニメははじめて見ました。

息子も、わたしも。。。

二人は、親子ほども
年は違いますが、(ん?)

星の子チョビンを見たことないという点では
まったく、共通しているのです。

1974年に放映されたテレビアニメ。
石森章太郎作品。

その最終回を見ました。二人で真剣に。。。

むすこ
「こんな頃から、
日本のアニメは世界の中で
最高水準だったのか。。。」

はは
「こんな頃から、って。。。
ついこの前ジャン。。。

その前にも手塚治虫とか
アニメ文化はあるんだけど。。」

むすこ
「ストーリーが
へいわだなぁ。。

でも、基本的には技術は
あまり今と変わってないな」

はは
「ストーリーが
情緒豊かだよね。。

でも、基本的に発想は
あまり今と変わってないな」

最後の敵キャラを戦いで倒して

きれいな王妃のママ上に
再会するチョビのチョビン

親子なのに、似てないね
っと
友達のカエルの親子の会話。

親ガエルが言うには
「お前も、オタマジャクシの時は
親に似てなかったぞ」

そこで、深く納得する 視聴者。。。そう言うもんか!

最後にチョビンは、ママ上と一緒に
チョビンの星に帰って行くのでした。

オバQ と、
銀河鉄道999 と、
アルプスの少女ハイジ と、
ウルトラマン と
ドラえもん の

五つの味わいを一つにまとめた
星の子チョビン

こんなマーブル味の
アニメがあったなんて
知らなかったよ。

日本の子どもは
基本的に幸せだったんだ。

親子ほど年の差がある
二人は
ともに
納得するのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/26

ま、いいっか!

札幌は、6日連続で最高気温が10度を超えました。

明治以来、3月で10度を超える日が6日も続くのは
観測史上初めてなのだそうです。
001
 
 
 
 
  
  


率直に言って、暑いです。。

半袖の人も多い。

積雪もゼロなのです。。。観測では。。
あらん、これは何?
芽吹いているそばには、雪がまだ残ってますね。
002
 
 
 
  

 
 
これは、何の芽かな?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

最近、人に会うことが多くて、
また、
いろいろな話を聞いていると

人間というのは
どうしても苦しい方向に向かうように
できてるんじゃないか

思えてきます。

困ったときにこそ

「ま、いいっか!」

と、

思うと
気も楽になって
良いんじゃないかと思うんだけど、

なかなか、そうもいかないんだよね、これが。

よし、それでは、
みなさまに『ダンマパダ』をプレゼントだ!

====================
1 怒らないことによって怒りにうち勝て。
2 善いことによって悪いことにうち勝て。
3 わかち合うことによって物惜しみにうち勝て。
4 真実によって虚言の人にうち勝て。
====================
(『ダンマパダ』17.223)

ストレートでいいですね。
わかりやすいしね。
覚えやすいしね。
心にしみるしね。
いいことばですよね。

。。。ただ。。ちょっと。。。

。。。実行するのが。。ね

。。。むずかしい。。だけ。。

そうなんだよね。
やろうとしても、なかなかね。。
聖人君子じゃないもんね。。。

どんないい言葉でも
杓子定規にとりあげて
金科玉条のように
押しつけられるのも

。。。ただ。。。ちょっと

。。。いやですよね。。

。。。余計なお世話だい。。ってなっちゃうね

自分でやろうと思ってたのに
人に言われると
やる気なくなっちゃうようなもん。

ほんとに、人間て
わがままでむずかしい生き物ですなぁ~

そういうとき、
どんな場合でもあてはまるのが、これでしょう。。

必殺の文句!

「ま、いいっか!」

お釈迦さんだって
「ま、いいっか」って言ってる。。。ほんと?

たぶん、このお話は「ま、いいっか」ってことだと思うんだけど。。。

修行をムキになってがんばって
あげくのはてに、行き詰まった弟子に
お釈迦さんはこう言った。

弦は張りすぎても弱すぎても
いい音がしない。
ちょうどよく張るのがよい。。

案外、「ま、いいっか」くらいに
やるのが、長続きのコツかもね。

やるなぁ、お釈迦さん!
。。。。いちばん、わたしの好きな教えだったりして(汗)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/03/23

春は心のクリーニング

横光利一の作品に
「春は馬車に乗って」ってのが
ありましたね。。ちょっと関係なかったです、はは。

さて、っと、春らしく明るい感じでいきたいな。
001
 
 
 
 
 
 
変わった角度でとらえてみましたよ。
では、こんな写真も。
002
 
 
  

 
 
 
 
春になって雪解けがすすむと
いろんなところが汚れているのがわかります。
道路はゴミだらけ、雪も泥で薄汚れて汚いわ。

さぁて、汚いのは、道路ばかりじゃない。

あなた、 「心」  が汚れてませんか?

春らしくクリーニングしてみませんか?
え?心もクリーニングできるのかって。

長年染みついてるんだよ、心の汚れは。。。
もう染み抜きしても、ぜったい落ちない。。。
真っ黒けの心なんだから、ぐすぐす。。。

こうおっしゃるんですね。大丈夫 V!!

頑固な、真っ黒汚れも
ザブにお任せ。。。真っ白けになるわよ。。。

ってんじゃなくてですよ、

あなたのように真っ黒な汚れも
だいじょうぶ、ちゃんと落ちるって、
経典に書いてあるの。

希望をもってよ、今、その経典を教えてあげるから。

その ありがた~い経典は『ダンマパダ』
二つ詩を読めば、ばっちりだから ねっ!

手間はかかんないわ。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【第一章 ひと組ずつ】

1 ものごとは心にもとづき、心を主とし、
心によってつくり出される。
もしも汚れた心で話したり行ったりするならば、
苦しみはその人につき従う。
――車をひく(牛)の足跡に車輪がついていくように。

2 ものごとは心にもとづき、心を主とし、
心によってつくり出される。
もしも清らかな心で話したり行ったりするならば、
福楽はその人につき従う。
――影がそのからだから離れないように。

(中村元訳『ブッダの 真理のことば 感興のことば』岩波文庫)

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

この詩で、どうして、心がきれいになるのかって?

この詩は、じつは、じつは、希望の詩なのだ
ってことに、管理人は気がついた。。。

だってさ、喩えを見てよ。

汚い心のあなたは。。。牛
たくさんの苦しみの車を引っぱる 牛

とぼとぼ踏みしめる足跡に
車の轍がついて行く
深く刻まれて、あとをずっとついて行く。

だけど、ね、牛は車を引いてるの。

なんで、車をひくのよ。。ね、そうでしょ。

車を放して、おいていくなら
もう、苦しみは、なくなるわけよね。。

だからさ、春だし、すっきり、車なんか
捨てちゃいなよ。。車の轍は、あなたのあとをついて行かないから。

ねっ!!!

いっぽう、
きれいな心のあなたは。。。あなたのまま

清らかな行いをしているのに
でも、でも、なぜ、いつもあなたは、損ばかりなの。。
いいことなんて、いいことなんて、ちっともない。。。

ああ、ああ、そんなに悲観しないで!

あなたに、日の光が当たってないだけだから

暖かい春の、日の光のもとで
ほらっ、ね、くっきり影があなたのあとをついて行く

福楽は、いつも目立たないのよ、
お日様のあたるところで、
はじめて影が見えるように
日の光のもとで

あなたにしっかりとついて離れない福楽が見えるのよ。

だからね、そんなにがっかりしないでよ。
春はお日様いっぱいだからさ。

ねっ!!!
いい詩でしょ!!!(^_-)

~~~~~~~~~~~~

え?そうかなぁ、ですって。

うたぐりぶかいわねぇ。。

あのね、じゃぁ、

次のように考えると、
この詩が良い詩だって
もっとよくわかるから。

ちょっとやってみるよ。

~~~~~~~~~~~~

もし、この喩えが、1の詩と2の詩で
逆だったら。。。。。。と、トンでもないわよね。

悪事をなした苦しみが、影のようにつきしたがうなら
影が見えないように
もう、お日様のささないところ、日陰に生きるしかない。。

じょ、じょうだんは、よしてよね。
苦しみから逃れられないし、ね。

もし、福楽が、車の轍のようについてくるなら
あれ、車がはずれちゃった。。。な~んてとき
せっかく為したよい行いの結果も
一緒におっことしちゃうことになる。。。。

善いことしたって、そんなの関係ないよ。。。
どうせ、どうせ、わたしなんか、わたしなんか。。。ワーン(泣)

こうなっちまうのか。。。。

おしゃかさま、さま、 
適切な喩えを
どうもありがとう

だからね、ほら、
心はクリーニングできるのよ。

冬物クリーニングは、今三割引だし
あなたの心も、一緒に。。。どう?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »