« 2007年9月2日 - 2007年9月8日 | トップページ | 2007年9月16日 - 2007年9月22日 »

2007年9月9日 - 2007年9月15日

2007/09/15

消えます、消えます、これがブッダ流

みなさま、こにゃにゃちは。

「コンサドーレの試合で札幌ドームに4万人を集める」
というキャンペーンに協力して
我が家も3名、雨の中を出かけました。

たくさんの人が来てたのに、負けちゃいました。。。

途中から、もうこりゃダメだ!と、
悟りをひらいて
今日のブログに書くことを一生懸命考えてました。

2万2千のコンサドーレのファンの人は
このように
後半の試合では
全員、瞑想に入り、
観客席には静寂がただようのでありました。

ヴェガルタ仙台の303人(?)のサポーターが
元気よかったです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
さて、昨日は、「空」について
「名色」の特徴であるという点から
お話ししてみました。

「空」を、平川先生のように、まず「色」の特徴と見て
説明しますと、ちょっとよさそうに見えますが
しだいにボロが出て仏教から離れていくような気がします。
われらは、もっと、注意して、ブッダの教えから
落っこちないように、いきたいと思います。

お?

何ですか?なんか、文句でもありますか?

あります、あります、おおありです。
じゃ、何ですか、管理人、
あなたはぶっきょから落っこちないというんですか?
その証拠を見せてもらおうじゃないすか?

え?証拠?
証拠といわれたって、そんな!
だって、だって、ちゃんと「名色」の項目をクリアして
次の「識」にいけてるもんね!
昨日のブログを読んだ人は、みなさん、納得してくれてるはず!

管理人が「名色」、クリアできるなら
誰でも「名色」くらいクリアできると思うのが、世界のじょーしきっ!
管理人が、名色の原因である「識」に到達してるという証拠は?
さぁ、見せてもらおうじゃない。

え、そんなこと言ったって。
「名色」が滅しちゃったから、
言い訳がましいこと言えないもん。
「ことば」や「考え」から離れてるんだもんっ。
「識(識別作用)」があるだけなんだから。
(う、うまい言い訳だわ、名色が滅した、って言えば、なんとかなりそ)

う、敵もやるな。
じゃ、ちがう方から攻めるか。
管理人の説明には、大きな欠陥がある!

え?欠陥?

そうですっ!欠陥。
昨日、管理人は
「科学も、また、たくさんの見方のうちの一つの見方でしかない、
ということを知らせるのが仏教である」って、いったよね。
そして
「こうなると、いかなる見解も、見解として見るという態度が生まれます」
とも言った。

いかなる見解も見解としてみると言えるなら、ですよ、
ぶっきょ、だって、一つの理論。つまり、見解じゃないんですか。

ぶっきょ、だけが、「見解」の中で
とくべつあつかいされるということは、
ありえないでしょ?

ぶっきょの十二支縁起説とかなんとかだって、
プラパンチャ(虚妄)って、ことになるでしょ。
さぁ、どうだ!
自分たちの理論は、他とはちがってプラパンチャじゃない
というなら
そのことは、どうやって証明できるか、「名色」の中で、
やってもらおうじゃないの!さぁ、さぁ。

ま、まずい!
進退窮まった!仕方ない。
ブッダの教えも、見解だわよ。
だから、プラパンチャの中に入ってるわよ。
虚妄だわよ。
これならいいでしょ。

え?なに?
自分の見解も、プラパンチャ(虚妄)なのか?
そ、それなら、どうなるんだ!?
ばかな!
自分の見解を自分で虚妄というヤツはいないぞ。
ほんとのバカなのか、それとも、破格に利口なのか、どっちだ?!
それに、それなら、なにも主張していないことになるじゃないか。

そうだ、そうだよ。(破れかぶれだい!)
もう、ブッダは、何にも言ってないよ。
名色は滅したら、次に、識に行く。
でも、識だって、滅するんだ。
わかったぞ!ブッダはこう言ってる。

「名色が滅すれば識が滅する。識が滅すれば、名色が滅する。
名色が滅すれば、六処が滅する。六処が滅すれば触が滅する。。。。」
(『サンユッタ・ニカーヤ』12.65)

名色→識→名色→六処→…という順序になってるんだ。

「見解(名色)」をプラパンチャとみて、名色を滅する。
しかし、「名色をプラパンチャと見る」というのは、自分の見解である。
つまり、自分の見解という「名色」の一部はまだ残ることになる。
でも、とりあえず、名色が滅するので「識」に進む。
他の見解からの識別(識)はあるからだ。だから、「識」に進む。
「識」においては、あるのは「自分の見解」である。
でも、それも「プラパンチャである」と識別する。
すると、「識」が滅して、ついで、自分の見解(名色)が消える。

こうして、名色→識→名色→六処→…という順序で、滅していくわけか。

たしかに、
自分のバカ(虚妄)の部分を消していけば
見解もなにもなくなっていくわね。

もってた財産、どんどん失って、
まるはだかになってく気分だね。
ほんとに無我になるしか道はなさそだ。

ブッダの教えを受けとって
教えの通りに進んでいくと
わかればわかるほど、
どんどん教えは消えていく。

これが、ブッダ流。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007/09/14

「空」の考察(妄想風味)

平川彰先生の『インド・中国・日本 仏教通史』の

龍樹のところを読んでいたら、こんなふうに書いてありました。

「竜樹は『中論』で、仏陀の根本思想である縁起説を空(シューニャ)の立場で解明した。事物の本性は空であるから、現象の世界が成りたつ。諸法の本性は無自性・空である。これは有部が、法を有自性と見る立場で現象を説明するのと真向から対立する。空の立場は、物質の本性をエネルギーと見る近代科学の立場に近い。すなわち空とは虚無の意味ではなく、力として実在であるが、特定の固有性をもたない意味であり、物質的と精神的との無自性の力の結合、強力のあり方の上に、現象の成立、変化を理解する立場である。
………それゆえ、空とは現象成立の能動的根拠を示した用語である。」(39-40ページ)

かなり、解釈が入っていますね。
「空」については、このような現代の科学的見方をアレンジした解釈が多いと思います。
玄侑宗久氏の『般若心経』(ちくま新書)の解釈もそうだったような気がします。

「空」ということばは、それこそ空(空っぽ)なので、
ここに、いろんな意味を入れることができる便利な用語です。

その分、けっこう恐いことばでもあると思います。
どんな場面に使っても、それなりに、ピタッとおさまってしまうことばです。

平川先生の解釈も、それなりにピタッとおさまって、うまく説明できているように思います。
これは、これで、このような見方をする人には、成りたちます。
科学者にとっては、説明のとき、この解釈は便利に使えるかもしれません。

でも「空」ということばが、これだけの意味しかないかと言うと
どうでしょうか。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

「空」は、ブラックホールのように、人々の思惟を何でも吸い込んでしまう。
しかし
「空」は、虚空のように、人々の思惟を雲散霧消させてしまう漠々たるものでもある。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

「空」は、「名色(名称と色形)」の特徴だと思います。
「縁起」の論理を「名色」において展開させると「空」という特徴がでてくるのです。

ということは、平川先生は、「名色」のうち、おもに「色(色形、物)」の部分について
説明したということになります。

仏教は、科学ではない。
科学を部分としてもつけれども、それだけに終わるのではない。

科学も、また、たくさんの見方のうちの一つの見方でしかない、
ということを知らせるのが仏教である。

仏教では、「名」を先に説くからです。
「名色」とは、名称と色形のことです。
基本的に、名称が先に来るのです。
その後、色形をそれに添って認識するのです。
しかし、この「名色」というのも複雑で
「名称」と言っても、
たんに「ことば」と言うだけではないさまざまな心の働きを
すべてふくめていっています。
意識の上にのぼってくるもの、それらをほぼすべて
とりまとめて「名」と呼んでいるように思います。

こうなると、いかなる見解も、見解として見るという態度が生まれます。
その見解によって、色(物質)が、説明されます。
いかに巧みに説明されようと、色(物質)は名(名称)の支配を受けています。

色が、独り立ちして、わたしたちを圧倒することはありません。
(平川先生の解釈は、ちょっと、色が一人歩きしてる感がありますね。)

科学の世界が、現代人のわたしたちにとって、世界のすべてであるように見えても、いずれ、それは失われていく理論でもあることを、名色の「名」→「色」という順序は、暗示しています。

しかし、それだからと言って、「名(心の働き)」が、一切を生みだす真実なるものかどうか、それもわかりません。

なぜなら、仏教では、名色の世界をこのようなことばで呼ぶからです。

プラパンチャ

名(心の働き)によって広がる世界を、多様な現象世界(プラパンチャ)と呼んだのです。
それは、心の中に広がる意識の世界、さらには、言語で言い表される世界をさしています。

わたしたちの心の営み、ことばをもつ人間の営み、一切が、プラパンチャです。

プラパンチャは「戯論(けろん)」と訳されます。
巧みな訳語です。「戯」の字が効いています。

現代人が、人間を他の動物から区別するところの誇るべき特徴
「思惟する動物」「言語をもつ動物」
このような、側面を、仏教では、プラパンチャと述べるのです。

なんちゅうこった!

「考える」
「ことばをもつ」

これなくして、人間を他から差別化するものはない、とまで言える
大事な特徴。

われらが誇り、ともいうべきもの。

なのに、
なのに、
このような思惟によって広がる世界を

プラパンチャ(迷妄、虚妄)

と、仏教では述べるのです。

人間が、奢れば奢るほど、仏教の思想は
ガツンガツンと
人間の頭をたたくのです。

そして、

おまえは、おまえ自身(自己)において

「空(空っぽ)」だと

知れ

と、とどめを刺すのです。

行き詰まった人間が
「えーん、ごめんよ、ごめんよ。バカです、バカです」
と、反省したとき

そのとき、ようやく扉が開く音がするのです。
「名色」を脱して、ようやく、次の行程にいけるのです。

ああ、まだあったのか、次の行程が。。。「識」「行」「無明」
がんばれ!先は長いぞ!

仏教は、自分がバカであることを
一つずつ確認する道なのです。

なんてぇ、こったい!仏教って!

| | コメント (15) | トラックバック (1)

2007/09/09

部派と大乗、どっちに転んでもいばらの道

本を一冊書くごとに
わたしはかしこくなる。

書いたものが、自分の中にしみわたってくると
何を書いたか、自分でもわかってくるらしい。

ってことは

それまで、わからんで書いてたのか?
という疑問が当然出てくるでしょう。

ううううむ、そうかな。。。

というのは、世間のテマエ、まずいので、
書いたものの意味が自分でも自覚される
といいましょう。

でも、これって、
「わからんで書いてた」
と同じ意味ですね、ははは。

つまり、ね、何が言いたいかというと
あらかじめもっていた偏見が
一つ、また、一つと減っていくということなのです。

ものすごく率直に言いいますと
これまでの龍樹解釈は、明らかに、変。

何が変かというと、
何かどこかにタブー視してるところがある。
龍樹の部分だけで満足しようとしている、意図的に。

これは、龍樹がでかすぎた、ということでもある。

ブッダを、わたしたちがとらえきれていないように
龍樹を、大乗仏教はとらえきれていないのだ

と思ったら、ストンといろんなことが見えてきた。

龍樹は、大乗中観派の開祖なんていわれるけど
そんなもんじゃすまないことは、
大乗の諸君は百も承知だと思う。

中学生になってるのに
おまえは小学生だと言い聞かせて
むりやり、きつくなったランドセル背負わせて
学校へ行かせてるようなもんだと思う。

中観派というランドセルを無理に背負わせても
龍樹には、小さすぎてきついんだわね。

だけど
大乗仏教が、ほんとうに、龍樹の大きさを量りそこねていたのか
というと
これも、必ずしもそうではなさそう。
どこか意図的にランドセルを押しつけていた
感じが残る。

大乗仏教って、そうとう。。。そうとう。。。
なんて言ったらいいか
ほんとは、悩みは深いんだって、思えてきました。

菩薩摩訶薩(ぼさつまかさつ)、って言うけど、
摩訶薩(大士、マハーサットヴァ)って、
ほんとに言うとおり
「偉大な人物」「偉大な志の人」
だったんだと思えてきました。

大乗が、なぜ、そんなにつらかったかというと
たぶん、基本的に
龍樹の論法を受けとることを
拒否する道を選んだからだ
と思う。

論法を得ても、きつかったと思うけど
これを拒否すると、
ラクダが針の穴を通るような道を行かなきゃならない。

小さいランドセル背負った菩薩が
大人に向かって
訴えても
誰が聞くだろうか?

子どものくせに
大人に説教するとは何ごとだ
「空」「空」とうるさく言うんじゃない
となっちまう。

大乗は、たぶん、主要なところでは、
部派の中から生まれてきたのだろう。

八千頌般若などの初期大乗の経典は
そう思って読むと
胸に迫るものがありますね。

この経典が作られた頃、まだ、
龍樹は生まれてないだろうから。
さぞかし、きつかったことだろう。

龍樹を得て、ようやく、大乗は
使わないまでも
伝家の宝刀、論法を
心の支えとして持ちえた。。。

表だって使ってはいけないことに
変わりはなかったけど、
自分たちの理解のためには
支えとなったのだろう。

部派も大乗も
いずれにしても
歩む道は

いばらの道なのか。。。

大乗経典を
大衆向けの宗教的文芸作品という
解釈を
わたしは
捨てます。ぽいっ!

| | コメント (18) | トラックバック (1)

« 2007年9月2日 - 2007年9月8日 | トップページ | 2007年9月16日 - 2007年9月22日 »