« 2007年8月5日 - 2007年8月11日 | トップページ | 2007年8月19日 - 2007年8月25日 »

2007年8月12日 - 2007年8月18日

2007/08/16

ブッダ派? それとも 龍樹派?

今日は、ホッと一息、27度。
生き返りました。

全国のみなさま、ほんとすみません。
40.9度の多治見と熊谷のみなさま
お見舞い申しあげます。

なんとか息を吹きかえして
自転車で図書館に行ってきました。

図書館の中が、暑い。
外の方が、すずすいぃぃ。

マチウリカールの『掌の中の無限』を
借りようとしましたが、貸し出し中。

前にも、借りようとしたら、貸し出し中だった。

人気があるのかな。

何回か挑戦して、いまだに手にできない。
次こそ、なんとか!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@
さてさて、

学問というのは、なかなか、むずかしい。
何がむずかしいかというと

偏見をもたずに研究するのが
けっこうたいへんです。

「これまでの研究」というのを
おさえないといけないが
しかし
あまり身を入れて見てしまうと
自分のなかに
先入見を植えつけることにもなってしまう。

先人の成果は成果として見ながら
それとはちがった観点を見出すのは
至難のワザだ。

その点で、

龍樹研究というのは
けっこう、ありがたい。

意外なことに
研究者が、いるようで、あまりいない。
龍樹註釈の研究者は、多いけど
龍樹専門の研究者は、それほどでもない。

さらに、論法の研究者は、皆無にひとしい。

なんでだろ?

こんなに有名なのに。
こんなに目立つのに。
こんなにおもしろいのに。
こんなに核心に近いのに。

それに不思議なのは、
論法に冷淡なのは
今に始まったことではないということ。

昔から、龍樹の論法は
なかなか、検討されなかった。
注釈者でも、ここに手を付けた人はいない。

むずかしかったからなのかな?

『中論』は有名だけど、
これは、論法の本だ。

論法がダメだと
ぜんぜんわからんようにできている。

論法ぬきでなんとかわかろうとすると
修行の完成間近の人でないと
むずかしいと思う。

つまり

論理に強い人か
煩悩ぬきの人か
どちらかでないと
わからないようになっていると思う。

そして
一番むずかしくて
かならずみんながこけているところ

そこにはゲーデルの定理がある。

どうやら、そのあたりでひっかかっている
ということが
わかってきた。

注釈者の解釈が分かれるところや
研究者が疑問点として出すところ
まったく学者が検討できていないところ

そこにあるのが、ゲーデルの証明不可能性をめぐる問題です。

それでは

ブッダは、ゲーデルに気づかなかったのでしょうか?
龍樹だけが、それを問題視したのでしょうか?

いや、心配なく。ブッダにもれはありえない。
一切智者なんですもん。

ブッダは、ゲーデル問題など
とうぜん了解済みでした。

では、どうして、ブッダのときは、何も言われなかったのでしょう。
問題にならなかったのでしょう。

それは、ゲーデル問題が出てこないように
ブッダは、理論を組みたてたからです。
知ってるからこそ、
ゲーデル問題にひっかからないように
できたのです。

ブッダだからこそできた理論の組みたてなのです。

じゃ、どうして、龍樹は、ゲーデルを問題にしたのでしょう。

うううん、どうしてかな?

わたしが思うに、
変な言い方だけど

龍樹は、どんな人に対しても
手抜きせず、バカにせず、正面から
正直に対応したから

だと思う。

対等の立場で
相手に対応したので
どうしても、ゲーデル問題を
はっきり出さなければならなかった。

それに対して

ブッダは、慈悲によって、
体系の欠陥を見せないようにして
人々をすくい上げた。
人々の無用な混乱を避けたのだと思う。

ブッダの教えの説き方は
弟子の能力にあわせてある。
必要なことだけにしぼって教えてくれる。
母牛が子牛を守るようだ。

龍樹の教えの説き方は
相手の智慧にあわせてある。
必要なところにヒントを置いて教えてくれる。
分かれ道に道しるべがあるようだ。

どっちがよいのかはわからない。

ブッダの守護と清浄行。
試練の龍樹と菩薩道。

好きな方で進んでください。

あなたは、

ブッダ派? それとも 龍樹派?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/13

暑い

暑いです。

覚悟をきめて
試験の採点をしてましたが
暑くて
意識がうすれます。

一日中
採点してて
一日中
暑かった。

ようやく
終わったら
もう
次の日だった。

夜中の12時すぎても
まだ暑いなんて
北海道じゃないぞ!

と思ったら
やっぱり
外はずいぶん涼しい。

北海道の家は機密性が高いから
夏が暑くて、こまります。
こもった熱が逃げません。

暑いと
管理人
まるきり
頭がはたらきません。

話題が
暑い 
一辺倒です。

では、おやすみなさい。

最後に
ひと言

暑いです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2007年8月5日 - 2007年8月11日 | トップページ | 2007年8月19日 - 2007年8月25日 »