« 2007年6月17日 - 2007年6月23日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »

2007年6月24日 - 2007年6月30日

2007/06/25

わたしは、複雑系?

シンプルに生きるというのは
意外とむずかしいものだと思う。

感覚器官の勉強しているんだけど

5つの感覚器官と、もう一つ心
全部で6つの感覚(六入)とすると

このあたりで
もう学生さんたちは
混乱しはじめる。

「心は脳の作用だ」という子がいる。
心は、正体不明のもののように
思う子もいる。
第六感ですよね、って言うときは
霊感みたいなものを考えてるのね。

感覚器官が何をとらえ
心(?)が何をとらえるか

完全にわからなくなってくる。

混乱するなら
心がないことにして
五感だけで何をとらえるか
考えてみようとすると

こんどは

心がとても大事だという。
心がなかったら
生きていけないという。

五感だけでは
ロボットみたいだ
とも言う。

感覚器官は一つだけでは働かない
という子もいる。
感覚器官と心とセットで働く
という子もいる。
感覚器官はいつでも働いている
という子もいる。

感覚器官と心 というのは
とてもむずかしい。

この混乱ぶりを見ていると
ゴータマ・ブッダが
いかにすぐれているか
あらためて思わざるをえない。

五蘊(身体と心)
十二処(6つの感覚とその対象)
十八界(6つの感覚とその対象とその認識)

きれいに分類して
そのとおりに認識し
それを制御した。

とてもきれいに
やってのけたので
ブッダの人生は

ほんと
シンプルになった。

ほんとに頭がいいんだなと思う。

頭がいい人は、考えることがシンプルなのだ。

ということは

頭が悪い人は、考えることが複雑なのだ

ということになりますね。
うううむ、一見すると
逆みたいに見えるけど

これが正しいんだろうね。

複雑に考えすぎて混乱するから
愚か者になる

とも言えるかな。

だから
経典の中で
ブッダが
「このように考えた」
とか
「このような思いがあった」
というところを読むと

すごく
ホッとする。

ああ、なんてシンプルな思いなんだろう
ってね。

って、ことは わたしも複雑系。。。。
学生さんに文句言えないや

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2007/06/24

わたしが輪廻するわけ

労働者 管理人です。

家に帰ると、最近、完全にへたってる。

へたってるときには
元気の出るコトして
気を紛らわせなきゃ
って、思って
龍樹本を見直す。

夢中になるので
他のことはどうでもよくなる。

やばっ!予習やらなきゃ。。。
と、現実がわたしを呼びもどす。

少ない予習で
大きな成果を
あげたいが

そんな楽な道があるはずもなく
時間を食われる。

そんなわけで

仕事に出かける前から
半分へたってる。

そんでもって

帰ってきたら、完全にへたってる。

へたってるので
元気出さなきゃと

龍樹本。。。。おい!

そこで、龍樹本が出るから
また、へたるんじゃ。。。

人間というのは
こうして

苦の道を歩む

ということがよくわかりました。

わたしの場合

十二支縁起の

渇愛(愛)→執着(取)→生存(有)→生→老死→苦

という、この行程、

龍樹(愛)→執着(取)→生存(有)→生→老死→苦

って、なってるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月17日 - 2007年6月23日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »