« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »

2007年6月3日 - 2007年6月9日

2007/06/09

龍樹のきもち

毎週、同じことを書いてますが、
今週も無事に過ぎました。ヤレヤレ。

仕事の帰り、大通りのヨサコイ会場を尻目に
あれこれ用事をすませて帰ってきたら
疲労困憊して
そのまま夕方7時半まで数時間寝てしまう。

ヨサコイ、
わたしが踊ってるわけじゃないんだけど
脇を通っただけでも疲れるって、
いったい、なんでしょ。。うつるのかな、疲労は。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

とはいうものの
今日は、睡眠じゅうぶんで
すっきりと、龍樹本を眺めています。

龍樹本を書いているときは
やっぱりふつうじゃない。

龍樹度 が、フルの段階だったなぁと思う。
最高を、5とすると
今は、だいたい1か2の段階。

このくらい、低い段階で、見直すと

この本

やっぱり、

変。。。。お、おい

じゃなくて

非凡だ。。。同じ意味だけど(笑)。

龍樹度5のときは、

みんなにブッダ・龍樹の論理を
わかってもらおう、もらおうと
しながら

一方で

無意識に
わからない人には
ぜったいわからないようにしよう
とも、思っている
ということが

今、読むと、よくわかる。

つまり、
ブッダと龍樹の教えを
めちゃくちゃ誤解してかかるような人から
守ろう、守ろうと
すごく必死になっているのが
伝わってくる。

むしろ、そっちが強い。
めちゃくちゃにされるくらいなら
誰にもわからない方がいい!

思っている。。ようだ。
(他人事ふうす、龍樹度1だからね)

だから、肝心なことが
ぬけてる!

この本の目玉が
ウソみたいに
きれいさっぱり
隠されている。

よく読む人には
わかるかもしれないけど

わたしの主張が
書き忘れられている!!

気がつかなかった。。。(笑)

座標軸が一本
ぬけてました
って、感じです。
こういうことから分析しますと
書いてるときは

無我っ!

なんですかね。
で、
一本、座標を書き足しました。
数行だけど
かなり、何してる本か
わかりやすくなったかもしれない。

今となって、思うことは

一気に完成品出してしまえるなら
めちゃくちゃにされることもないだろう
ということ。

それより
わかってくれる人の方を
優先しなくちゃ
と思うわね。。。大丈夫よね。

あとは、読者のみなさまにおまかせだわ。

@@@@@@@@@@@@@@@
と、以上のようなことに
気がついて
もう一度、龍樹のことを考えて
ハタと思い至りました。

●なぜ『方便心論』が、これほどわかりにくいのか

●なぜ『中論』が、偈頌で素っ気ないのか

●なぜ『廻諍論』が、突如始まり身も蓋もない議論の末
突如終わるのか

そうか!そうだったのか!
そうだったのか~ぁ~!

「仏法を守るために 
荊棘(けいきょく)の林を築く」という意味が
あまりよくピンとこなかったけど

今なら、よくわかるわ。
『方便心論』には
ブッダのブの字もでてこない。
『アングッタラ・ニカーヤ』によりながら
ぜったいそれがばれないように
してるのよ。

ブッダ論理に気づいた人だけが
荊棘の林をぬけることができる。
守られた正法は、
それを受け取るにふさわしい人にしか
知られないようにできている。

ブッダ論理を認めない人は
まわりのとげにやられて
混乱して
ただの藪だと、帰っていくのね。
要するに、ブッダ論理の流れに
逆らって進もうとするから、混乱するの。

それも、ねらいの一つだったのか!
つまり
わからない人にはわからないように。。と。

だから、

三つの本に分けて
ブッダ論理学を論じ
どの本も論が重ならないようにしながら

他との連絡路となるヒントを
随所においた。
わかってくれる人を
かくじつに導くためよ。

三つの本に分けたのは
テーマを区切る意味と
ブッダ論理学を守る意味と
二つあるわね。

龍樹が、
何を考えて
どういうことしてたか

龍樹度5にいたると
よく見えるわね。

どうやって
仏法を護りながら
(=知られないようにしながら)
しかも
仏法を広めるか
(=知ってもらうか)。。。。

不可能な道を
ほとんど不可能と知って
やってたのか。。。はぁ

だまされたわね。。。龍樹に。
ほんと、思うけど
来世は、

ぜったい 

龍樹研究するのだけは
やめよう
って、思うわ。

どうか覚えてられますように。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/06/06

お休みは愉し

ふふふ

ふふふ

あはは

気持ち悪いですね、管理人
とうとう来たか、と思った あなた

ちがいますっ!しつれいね。

じつは、今日は休講で休みなのです。
久しぶりにくつろぐのです。

ここで一息入れて、あと7月の終わりまで
死のロードをつっぱしるのです。
はぁ、いいわぁ。
よし!癒しついでに
ホッとする画像をアップしよ。
Image070_1
Image073_1
庭の牡丹です。
風に揺れて
なかなかレンズにおさまりません。
えいっ!
テキトーシャッター!

あ、まぁまぁね。


せっかくの暇だし、さて、龍樹本でもはじめるかな。るんるん。

自分でいうのもなんだけど
わたしって、休みだとメチャ機嫌いいよね。


自分でいうのもなんだけど
わたしって、ほんと単細胞生物だなぁ、って。。。思うなよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/05

理想のすがたは?

暇を見て、龍樹本の手直しをしてるのですが、
ただ書くよりこちらの方がむずかしいですね。

出版社の意向にそった分を
自分の書きたい方向へ
すりかえていこうと思うのですが

これって、案外むずかしい。

「最高のものを書いてくれ」といわれて
自分の最高限度のものを書いたら
ボツになっちゃいました(笑)

ので、

最高限度のものをそのまま出すのは
まずいのかな(?)、と思います。

内容のレベルを維持して
読みやすく
非難されても、反論されない!もの

これを書くのがわたしの使命であ~る。

最後の「反論されない」
ここは、とくに大事です。

非難は、いつものことだから
やってもらっていいのよ。
もう慣れてるしね(笑)。

でも、反論となると、
ブッダ論理学全体にかかわるので
ちょっと用心しなくちゃ。

ブッダ論理学それ自体に
ほころびがあってはいけない
ということですよね。

あ、ブッダ論理学にはほころびはない。
ブッダは万全!

けど
わたしの書き方が悪いせいで
ほころびを作ることがあるかもしれない。

ここは、ぜったい注意しなくちゃ。

それから、次の問題は
「読みやすい」こと。

ここも、ほんと、むずかしい。
そもそも龍樹ですもん、
読みやすいなんて、ほとんど無理

なんだけど
そこをなんとか、できるかぎりがんばる ぞと。

となると

西洋論理学の論理学書 のような感じに
論理学の全体を語り

インド哲学教典 のような感じに
スートラ(経)の註釈を語り

仏伝や本生譚 のような感じに
人物のものがたりを語る

こんな感じになるといいな。。。理想のすがたは

ふう、理想「だけ」は高く設定されてますなぁ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »