« 2007年3月18日 - 2007年3月24日 | トップページ | 2007年4月1日 - 2007年4月7日 »

2007年3月25日 - 2007年3月31日

2007/03/25

身体と心と無我

バタバタする管理人です。

くるぞくるぞ、という感じで
ぐぐっと忙しくなってきました。

ヤダ!

といっても
やって来るものはやって来る。

仕方ないので
気にしないことにします。

忘れるために話題を変えよっと。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@
先日アップしました
『大智度論』の
「鬼に身体を食われた男のはなし」
いかがでしょうか。

このおはなしに似たのは、
授業で何度か使っているんですよね。
哲学の
身体と心の問題で。

他の人と、たとえば、身体が入れ代わってしまったら
どちらの方を自分だと思うか、みたいな問題です。

自分の身体+他人の心
他人の身体+自分の心

このうちどっちが自分でしょう?
こういう問題は、わりと学生さんも乗ってくれる。

西哲系でも、これはよく問題にされて人気です。

『大智度論』のこのおはなしも、仏教ですが、
かなり現代人向きなテーマで
ちょっとおしゃれ(?)な感じかな。

『大智度論』は、現代感覚で読んでも、
じゅうぶん通用するし
さらに、それよりもっとふかいことがわかる。

西洋哲学の心身の扱いを、
さらに一歩も二歩も超えたところに
問題が設定されているからね。

この「鬼に身体を食べられた男のはなし」もそう。
よく見ていくと、
かなりむずかしいんだわ。

けっきょく、仏教の根本である「無我」と結びつくので
思想的にここまで理解してもらおうと思うと
相当時間をかけて、エネルギーを費やして
考えてもらわなきゃならない。

で、

あげく、ほとんどうまくいかない。

身体と心に分けると、
心のある方が自分だと、という人は多い。
中には、身体が自分と思う人もいる。
ここまでは、スムーズ。

けど

心において自分と思うのは
あるいは
身体において自分と思うのは

それは迷いであって
ほんとうは、「自己ではないもの」を

「自己!」

と誤って思っているんだと
いうふうに考えるのは、
至難のワザなんだよね。

一つめの関所。

これを理屈でわかるためには
まず因果関係を理解しなくちゃならない。
因果関係を理解するにしても
帰納論理学でわかってる程度じゃ
まだ仏教の真髄ではない。

二つめの関所。

とりとめない心の因果をつかむには、
よくよく考えて
よくよく素直でなきゃならない。

すんなり了解する人は、
すぐはいないかもしれないが
「こういうことを考える人もいる」
ということがわかるだけでも、いい。
世界が広がる。

自分が煮つまってきたとき
この「無我」の思想は
とても役に立つ。

苦しいときに
そのときこそ
とても役に立つ。

やっぱり「苦を除く」思想なんだな。
だから、
このおはなしも、ここに載せておくと
みんなの役に立つかもね。

おもしろくおぼえてもらって
困ったときに役に立つ

いいおはなしだにゃ~


| | コメント (42) | トラックバック (0)

« 2007年3月18日 - 2007年3月24日 | トップページ | 2007年4月1日 - 2007年4月7日 »