« とつぜん降るなよ | トップページ | 智慧は、電車の如し。。。かな »

2007/11/27

世界は広い!思想は深い!

バタバタしてて、ブログもご無沙汰でした。
来てみてびっくり!
11月23日 アクセス数と訪問者数
驚くでないぞ!
なんと

アクセス数 614
訪問者数  494

ふつうのアクセス数は 今では
200~300超えたくらいです。
訪問者数も 60~90くらい。
増えましたね。

でも、訪問者数が500近いって
すごいですね。
つまり、ほぼ1000の目によって
見られているってことだ。。。

。。。。生活変えよう。。。

なるべく
清く正しく、生きよう。
あ、美しく、ってのもあったわね。

美しく。。。。。これは、まぁ、いいか。
ぜいたくは言うまい。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

清く正しい生活に、とつぜんあらためました
管理人です。
みなさま、こんばんは。

最近、管理人は、宗教の諸現象について
はげしく
勉強中です。

日本のさまざまな宗教儀礼を調べたり
世界各地の宗教を勉強したり
忙しく調査するのでした。

じつは、読む暇ないけど
小川英雄氏『ミトラス教研究』を借りました。
また、まだ読んでないけど
岡田明憲氏『ユーラシアの神秘思想』を
財布をはたいて買ってみました。

ビデオで、日本の宗教行事の
「歳神さま」について、見ました。
「現代のキリスト教」についても見ました。
「ネパールのクマーリー信仰」についても
見ました。
小さい少女を生き神さまとして崇める信仰です。
ベナレスの火葬場の風景も見て
台湾の観音様の信仰も見て
タイの出家修行の様子も見ました。

はぁ、宗教がいっぱい!

で、
南華さまのお薦めの

張明澄氏 『密教秘伝『西遊記』』 を読みましたら

これが、とてもおもしろい!

『西遊記』を、密教の秘伝を隠し伝える書として
それを読み解くという内容です。

『西遊記』は、三蔵法師が孫悟空他の家来と共に
経典を求めて、天竺まで旅をするお話しです。

張明澄氏の深い仏教の知識が
どことなく
中国の道教・儒教の匂いもただよう中で、
悟空の大騒動とともに
次から次へと展開されます。

そうか!孫悟空ってのは、孫(サル)の行者だったのか。
人間の弱さと仏教の教えの深さが
簡潔な言葉で
明快に
つぎつぎと説き明かされていくさまは、さすが!です。

『西遊記』は、仏教の教義とからめて読むと
おもしろさが何倍にもなりますね。

とうとう、『西遊記』も借りてきてしまいました。
でも、
ただの小説だと、もう、もの足りないわ。

張明澄氏は、「はじめに」で

「『西遊記』の比喩のしかたを読めないと、
ただの化物小説になり、オカルト以外の何物でも
なくなってしまいます」

と書いています。

ああ、ダメだわ。
「比喩のしかたを読めない」もんで
わたしが読んでも
ただの化物小説になっちまってる。

張明澄氏の解説がついた『西遊記』を
ぜんぶ
読んでみたい。

世の中に、
こんなおもしろいものがあったなんて
ほんと
大海を知らない蛙だわ。

そういえば、話変わるけど

先日は、哲学の学生さんが
わたしがインドの哲学をやってると言うのを聞いて
「何でインドなのかわからない」と
言ってました。
インドみたいなおもしろみのないもの。。って感じかな。。

かれは、中国の老荘思想が好きなんです。

「インドも、中国に負けず劣らず奇想天外なんだい」
といいたかったけど
うまく伝わりませんでした。

南華密教は、中国とインドの
両方の非凡なる思想を
あわせて、
まぜまぜした感じのようにお見受けしました。

さすが中国は、でかいです。

インドの「偉大なる」哲学思想でも、
ちょっと手玉にとるような
そんな中国の太っ腹な懐が、魅力的です。

そんな、魅惑の思想に魅せられた今宵は、
神秘に、というか、あやしく輝くネオンをご覧あれ!
Image123

 
 
 
大学の中庭のツリーです。
キリスト教系の学校なので、あちこちにツリーがあるのよ。

ああ、宗教色豊かなブログだ!


|

« とつぜん降るなよ | トップページ | 智慧は、電車の如し。。。かな »

コメント

春間さま

> 相手を、尊敬し、好きになり、真剣に、耳を傾ければ、
自らの足りないところが、相手の論の理解できないところとして
現れてくるだけかと思います

この一文をじっと見つめてしまいました。後半の「ならば」のあとの帰結文は、とてもよくわかります。

しかし前提の文が、わたしとは少しちがっています。
わたしの場合、「相手に、真剣に、耳を傾け、好きになり、尊敬すれば」という順序なんです。
「原因はこれだ!」という気も、してきます。ちょっとうれしい。ありがとうございます。

投稿: 管理人エム | 2007/12/02 10:28

>前田恵学先生は原始仏教で有名

学士院賞を受けて見えましたね
確か、東大で名誉教授の専学氏は弟君でいらしたと思います
調べてみたら、講演は「浄土の教えの極まるところ」という題でした

>スリランカで撮ったスライド、、、

お誘いを受けた折も、収集された東南アジアの仏像を展示する催しがあり、その時には、確実に会場におみえになる時間帯があるので、お知らせくださいました
(仏像を見せたかったのか、私に突っ込んだ話をさせたかったのか、わかりませんが、、、)
講演の折には、話に関して、いくつもの疑問点を書き出していたのです
前田氏は、しっかりそれを見ていたようで
(前から二列目に座っていたので)、
質問をするように促してくださいましたが、
私は、その機会ではないと、考えたのです
お忙しい方なので、
うまくこちらと時間を合わせることが大変なのです
紀野一義氏のようには、わたしと波長が
合っていないのかもしれません
(紀野氏は、一月にもお見えになるような事を言ってみえました)
> 一体と、感じなければ、、、、しなければ、、、、
ということは、こういうことで、別に誰それに足りないこと
というようなことではないかと思います
相手を、尊敬し、好きになり、真剣に、耳を傾ければ、
自らの足りないところが、相手の論の理解できないところとして
現れてくるだけかと思います
それは、(好意を伴って)相手に伝わり、そこを通じて、
一つの場(仏国)を共有することになるのではないでしょうか

難しく考えるよりも、まず好きになってみてはどうですか

韓流星系が好きなあなたには、あの顔は駄目かな、、、、 ?

投稿: 春間 則廣 | 2007/12/01 21:54

春間さま

前田恵学先生は原始仏教で有名ですね。
すごく昔ですが、講演を聞いたことがあります。スリランカで撮ったスライドを使ったお話しでおもしろかったです。

> 前田氏は、つい最近まで、歎異抄について、話ができなかったそうです

そうなんですか。でも、ちょっとわかるような気がしないでもないです。うまくは説明できませんが、原始仏教とはちょっとかみあわないかもしれません。

> 一体と、感じなければ、、、、しなければ、、、、

ここなんですよね。
わたしには足りないものがあるんですね。

また、春間さまは、ブッダは、友としてすぐ隣にいる、というように、おっしゃることがしばしばありますが、どうもピンとこないんです。
「あ、春間さまはそうなんだ」と思うのですが、自分にとって、そういうことがあったかな、と考えると、思いつかないんですよね。
そうだったかもしれないし、そうでなかったかもしれないと思ったりします。

こういうところも、わたしにとって、親鸞がむずかしい一つの理由ではないかと思います。

投稿: 管理人エム | 2007/12/01 20:00

>煩悩すら尊いですわ。でも、親鸞さんには近づけないな。。まだまだ

私の住む隣の区に、著名な仏教者が住んでおられます
夏前になりますが、お話を聞かせていただく機会がありました
(在家仏教の會があったのです)
前田恵学という方で、(浄土真宗の?)仏教学者としても高名な方ですから、
名前くらいは、ご存知のことかと思います(前田家の寺、前田寺住職です)
もう、紀野一義氏と同じくらい、ご高齢ですが、お二方とも溌剌として見えます

(講演の内容ではありませんが)
前田氏は、つい最近まで、歎異抄について、話ができなかったそうです
ようやく、近年、取っ掛かりをつけているとのことでした
お話の後で、(こちらが出向けば)時間を作っていただいて、
お話をいただけるとのこと、申し出を受けておりましたが、
まだ、御伺いすることはできておりません
紀野一義氏のように、私の自宅まで訪ねてくださるとありがたいのですが、、、、
(紀野一義氏の現実直面主義は徹底しているようです)
(すべて、実際に確かめるということです ― その場に出向くという意味です)

ブッダも親鸞も近づくというような接し方では、
触れ合うことは無理だと思います
一体と、感じなければ、、、、しなければ、、、、

煩悩がなければ、弥陀の誓願もこの世にないわけです
美しさ、清浄さ、正しさ、、、、、そして、 菩提さえ 、、、、
それらのものが、煩悩によって縁起として起こるわけですから
煩悩こそ、“ 見つめる人にとって” 、ブッダそのものでしょう
( 起こす人にとってではありません )
空海は、煩悩の根源を、清浄におさめとったのです、、、、、

( そこから多くのものを学び、観、證る )親鸞は、
自らの煩悩を見つめつつ生きる“煩悩の人(ブッダ)”です
紀野一義氏は、きわどいところで、親鸞をつかみ損ねていると感じます
(きわどいところで、仏法をつかんでみえるのですが、、、、)
(親鸞も、道元も、最も心のよりどころとするところは、法華経なのですから、、、、)

抽象的な述べ方しかできませんが、
お二方とも、日本にとって、まだまだ大事な方だと感じます
力強く、お話を続けて戴きたいものです

三人目のあなたにも、気を引き締めて、次へと進んで戴きたい、、、、
( まだ まだ ではなく、いますぐに、、、、 )

投稿: 春間 則廣 | 2007/11/30 21:32

春間さま

煩悩具足の凡夫が、おおらかに、煩悩を発散している風景を眺めていますと、煩悩はパワーであることを思い知らされます。

> 貴方が、自らを見つめ、こみ上げるものがある事を、(他人事といっても)
> うれしく感じます

煩悩すら尊いですわ。でも、親鸞さんには近づけないな。。まだまだ。

投稿: 管理人エム | 2007/11/30 17:32

えび天サンバさま

張明澄氏のご本は、ほんとにおもしろいです。
表現は、簡明です。解説は、明瞭です。そして、正確であると思います。仏教の、アビダルマ、空、唯識の思想が、シンプルに説かれますが、適切であると思いました。(ちょっとわたしとはちがうところもあります)。
さらに、中国の道教の呪術的な知識や密教の思想も説かれます。

> 三毒の貪・瞋・痴と密教の三密、身・口・意が三蔵法師=三人の従者という具合になっているのかな、というようなことは考えたことがありますが

ちょっと、「はじめに」から引用しますと

三蔵とは 経典研究者
悟空とは 空を悟った人
八戒とは 戒律を守る人
和尚とは 寺の中の僧侶

とあります。最後の「和尚」は「沙悟淨」です。それぞれ、かれらには弱点(心の弱み)があり、それが妖怪として表現されているのだとうです。
何回も熟読しなくちゃと思ってます。楽しく勉強できてうれしいです。お勧めです。

投稿: 管理人エム | 2007/11/30 16:58

>ほんとに人間て、貪瞋癡の三拍子そろってるんだなぁ、と感動ともつかないものがこみ上げてきます

歎異抄では、(親鸞が)金言は「煩悩具足の凡夫」と教えています
「煩悩なきやらん」のでは、佛典が否定されます
(今の私にとって、親鸞は仏陀とほとんど変わりがありません)
その親鸞と共に歩む唯円でさえ、こんな分かりやすいような真理であっても、
親鸞から教えを受け、自らの受け取り方を確認し、喜び、心を収めるのです

人は、煩悩ひとつ 見つめること でさえ、
見つめているつもり だけ であることが多いのです

貴方が、自らを見つめ、こみ上げるものがある事を、(他人事といっても)
うれしく感じます
その幾ばくかの、片鱗が、私にも伝わってくるかのように感じられるからです

投稿: 春間 則廣 | 2007/11/30 13:02

エム先生

張明澄氏の解説つき『西遊記』は面白そうですね。三毒の貪・瞋・痴と密教の三密、身・口・意が三蔵法師=三人の従者という具合になっているのかな、というようなことは考えたことがありますが、早速、便乗してみたいと思います。(笑)

投稿: えび天サンバ | 2007/11/29 15:43

春間さま

> でも、読み進むうちに、どこが「清浄」なのか、見失っていました

あ、ほんとだ!
わたしの「清浄」は、刹那滅ですね。
とほっ!なさけな。。。

宗教の諸相をつらつら眺めていますと、ほんとに人間て、貪瞋癡の三拍子そろってるんだなぁ、と感動ともつかないものがこみ上げてきます。「清く正しく」はどこかへいっちまうのです。

さらに

今日は、学生さんに甘く見られてはいけないので、「少し厳しく採点するように」と、アドヴァイスをいただきましたら、なめられまいゾと気張ったので、とっても性格悪くなっちまいまして、また「清く正しく」が6時間ばかりどっかに行っちゃいました。

投稿: 管理人エム | 2007/11/28 20:13

おはようございます

>清く正しい生活に、とつぜんあらためました

こういう風に、すぐ風が吹くところが管理人様の真骨頂ですね

でも、読み進むうちに、どこが「清浄」なのか、見失っていました

Confusion will be  ”  ”  epitaph

混沌は”私の”エピタフなのかも、、、、

投稿: 春間 則廣 | 2007/11/28 09:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58200/17208343

この記事へのトラックバック一覧です: 世界は広い!思想は深い!:

« とつぜん降るなよ | トップページ | 智慧は、電車の如し。。。かな »