« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »

2006年9月24日 - 2006年9月30日

2006/09/30

秋風と龍樹(意味ないタイトル)

2006年9月23日(土) 49、84
2006年9月24日(日) 50、83
2006年9月25日(月) 42、75
2006年9月26日(火) 46、90
2006年9月27日(水) 49、91
2006年9月28日(木) 67、136
2006年9月29日(金) 38、64

アクセス解析一週間
最初が訪問者数、あとがアクセス数です。

金曜日のアクセスが少ないのはね、
みんな、はな金で
遊びに行ったのね、きっと。

それとも

わたしのように、仕事疲れで
ひたすら寝てたか、どちらかね。

はぁ、よく寝た!
ほぼ12時間は眠り続けておりました。
1年分の睡眠不足を解消した気分だわい。

~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで、もう9月終わりですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~

お釈迦さんは
6年間、苦行に全身全霊をかけて打ち込みました。
そして、その結果、こう言いました。

苦行はむだである。

おお!よくそんなことが…

管理人は
ここ3週間、漢訳関係の研究に打ち込みました。
そして、その結果、こう言います。

漢訳研究はむだである(涙)。

おお!よくそんなこと言ったわね…

研究者の研究も読んだし、
羅什の漢訳も読んでみました。
でも
求めたものは、どこにもなかった。

探し方悪い?
そうかなぁ、そうかしら…

『中論』『十二門論』『大智度論』

漢訳は、龍樹のいいところが
あんまり出てないなぁ。
羅什は、読みやすいんだけど
それが、なんか、
論の甘さを感じさせちゃうし。

無意識のうちに
羅什の解釈はいってるんじゃないかって
ちょっと疑いの念がおきちまう。

『大智度論』が羅什作ではないかと
言われるのも
ちょっとわかる気もする。

あの研ぎ澄まされた
射抜くような論理感覚がない。
妥協を許さぬ真理への探究心がない。
彼がもってる人々へのあったかい慈悲もない。
ブッダに傾倒しひたすらダンマを求める求道精神もない。

ほんとに微妙な世界だなぁ、と思うわ。

漢訳は、とても注意深くプロジェクトを組んで
行われたはずなのよ。
荘厳な雰囲気の中で
国家事業として
何人もの人が、智慧を集めてとり組んだ。

正確に わかりやすく 流麗に 訳された。
まちがいはないはずなの。

だけど
何か大事なものを

おっことした

って気がする…

まぁ、わたしがバカだったのよ。
漢訳にへんに期待したのが、悪かったわね。

龍樹は、人に頼って読んじゃダメだって
あらためて思うわ。
自分の能力「だけ」が、頼れるさいごのもの

どんなに乏しくてもさ…
(最後の一言が、利くなぁ、ああ、わびし)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/09/28

プリンタ買いました

夫は、壊れたプリンタもって
仕事に行きました。

「仕事帰りに修理に出すから」

夫は、プリンタもって
仕事から帰ってきました。

「プリンタ買ったから」

ヒェ~!
2週間くらいかかると言われたそうな。

「待てないので、もう一台買ってきた」

買った方が早い、というだけあって、
ほんとに早いです。

こんどのプリンタは、ただのプリンタ。
「ただ」と言っても無料ではないのよ。
機能がプリンタ機能だけ。
色も4色ですむし。

速い!安い!うまい!
じゃなかった
速い!安い!きれい!

8500円。本より安いかも!

しかし、パソコンは、壊れると「待ったなし」よね。
いかにパソコン人生おくってるかわかるわ。
即決で行動しないと
人生やってけないようになってしまってる。

うちじゃ、パソコン壊れるたびに
即決で行動して
売ってる中で
一番安いもの買うから

なんか、だんだんシンプルになってくわ。
まえは、スキャナとかコピー機能もついてた。

人間は、自分の器にあわせて
ものをもつのよ。

「何でもできます」というキャッチフレーズは
何でもできる人が使って
はじめて言えることね。

わたしの場合
「印刷しますか」
「はい」
で、いいのだというコトが
よっっく、わかりました。

わたし
カラーはいらない、
白黒のプリンタでよかったのに。


今どき、そういうもんは、売ってないっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/27

諸々の事象は滅する性質のものである

印刷中に、プリンタが悲鳴をあげて
動かなくなりました。

マニュアルをご覧ください。

はいはい。

なぬ!お買い求めいただいた販売店に聞け、とな。

マニュアルのバカ…
役に立たないじゃんっ!

何度電源入れ直しても、悲鳴をあげてます。
わたしも、悲鳴をあげつつ
授業にいくまえでなくてよかったと思うのでした。

忘れよう(オイ!)

夫はクールに

二年使ったんだから、もうダメだな
こういうもんは消耗品なんだよ
買った方が早いな

と言うのだった!

片山さんの原始仏典買うお金は、
プリンタにまわるのね。

諸行(プリンタ)は無常で
ないのは苦で
色(財布)は空で
存在物(わたし)は無我(茫然自失)だわ…

いつでもぶっきょー、どこでもぶっきょー

泣くな!
諸々の事象は滅する性質のものである…

って、これ、こういうときに使う文だったのね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »