« 2006年7月30日 - 2006年8月5日 | トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »

2006年8月6日 - 2006年8月12日

2006/08/10

暑いですわよ

本日午前10:20なり。

アクセス数: 72 (前日値:202)
訪問者数: 38 (前日値:106)

ああ、昨日は、更新してないのに、
こんなにたくさん人がきている。

油断すると、すぐこうなるのね。
アクセス解析って、誰が考えたんだろう。

知らないと幸せなのに、ね。
知ってしまうと、背後霊のように
とりつかれるのね。

===================
さて、龍樹のカメ  -70%

あいかわらず何も勉強できてないけど
どういうわけか、覚悟がかたまってくるので
開き直るというだけで、出発点に向かうのです。

ちょっとおそろしいすね。
===================
先日、澤根哲郎さんの
『会社がみるみる変わる 戦略マップ バランス・スコアカード実践活用法』
(略して『戦略マップ』)を買いました。

会社経営するんですか?

まさか!

インド哲学の後輩の人なのです。
特異な学科、インド哲学の中でも
特異の人で、インドの奥地に探検に行ったりした
おもしろい人なのです。

忙しくて
少ししか読んでいませんが
会社経営の本なのに、
なんとなく
インド思想の香りが
ただよってくるような…

そして、簡潔に要点をまとめるという点で
勉強になる
そんな本のような…です。

全部読んでなくて、ゴメン。
ほんの最初だけですが
講義の参考にしようと
チェックして
備忘録の中に入れました。
後でゆっくりね。

なんとなく
何してもあせってきますわ。
とりあえず
仕事は、四つか……トホホ

それにしても
暑いです!

先日、白クマが雪の穴から顔を出し
雪面をすべって転げ回ってる
映像をテレビで見ました。

来世は絶対白クマに生まれたい!
ああ、気持ちよさそう!
ブリザードが顔にやさしい北極の雪原。

かき氷の中で暮らしてるようなもんだ。
うらやましい……

ああ、それにしても、あつっぅ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/08

幻想の果てに

本日 午前9時37分

アクセス数: 47 (前日値:152)
訪問者数: 25 (前日値:71)

龍樹のカメ   -80%

昨日は、息子が帰札したので、ばたばたする。
これで全員集合!となりました。

一つも勉強できなかったけど、
なぜか-80%にいたる。
少し、龍樹が見える…希望が出てきたぞ

それはいいけど
しかし、夏休みに賭けてたのは
どうも誤りだったような気がするわ。

だって、また、答案が届いたんですもの。
一週間で「やれ」と書いてありました(めそめそ)。
もう一つの段ボールの答案は、まだ未開封。。。
みんなが、
「どうすんの、これ、じゃまだよ。
ここに一生おいとくの」
とか、おそろしいことを言う。

それに毎日これから三食、みんな食べるわけよね。

子どもは夏期講習で学校に行くしなぁ。

図書館からは、「本返して」だって。。。

うう、追いつめられてきた感じがするわ
ひしひしと。。。


わかったわよ、悟るわよ。。。
真実に目を向けるわ。

わたしの夏休みって、幻想でしたっ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/06

本を書くって、さ、…

本日12時38分のアクセス解析くん

アクセス数: 48 (前日値:114)
訪問者数: 29 (前日値:61)

龍樹本
カメの進行は?  -90%

ほんとなのかな?
ようわかりません。
進んでるのか後退してるのか?

時間は足りないすよぉ。
ああ、この先、秋の泥沼が待っているような…
実りの秋に向かいたい!

赤裸々な自分としては…

本に書くのは、本に書くのは…

真実だけですよぉ、
三浦先生ぇ…

「学術書には書けない怪しげな主張は、
そういう本の中で発表することにしています」
http://8044.teacup.com/miurat/bbs(三浦掲示板8月 6日(日)02時53分29秒)

とおっしゃいますが、
この「怪しげな」というのは、三浦先生流のレトリックですよねっ。
読者をだますという意味じゃないよね。

わたしは、
学術書に書いたことと一般書に書くことは同じだから。

そのときわかった最善を尽くす、
学術書にないことも一般書に出ることは大いにある。
って、いうか
一般書には力が入る。

学術書は、専門家の深い知識で自分の未熟さを補って読んでもらえる。
厳しい評価と共に、書いてない可能性も見てくれる。

一般書は、読者の期待に応えるものをどれだけ自分がもっているかだ。
書いてあることのほんの部分で評価は下される。

それぞれの人の関心で本は読まれるからね、仕方ないのよ。

知りたい人には、どこまでも深く知ってもらえるような、
そんな本が書きたいな。。。

龍樹の『方便心論』みたいな…うっとりぃ…

(管理人!おい!まずいよ、それ!
夢見てないでさ、しっかりしてよ

それ … 誰もわかんないじゃん!)

| | コメント (19) | トラックバック (0)

« 2006年7月30日 - 2006年8月5日 | トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »