« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »

2006年7月30日 - 2006年8月5日

2006/08/05

起き抜け日記

進まない「龍樹本」
カメの歩みとしては、8月3日 -100%

昨日終了時のカメ   4日午後12時  -99%
本日突入時のカメ   5日午前 0時  -95%

4日の午後12時は5日の0時と、
一緒ではないだろうか、
という人がいるならば、

それは、甘い!

日々、人間新たなのである。
日が変わった瞬間、
そだ!やっぱりこれだ!ってのを
ちょっと見つけたのです。

最近の三浦某先生の掲示板での
間接的なやりとりも影響してるかな。
どうかな?

もう少し練らなくちゃね。

よし!今日は、じっくり、『中論』でも読もうかな…

って、

大丈夫なんですかね。
今ごろ『中論』ですか。

でも、昨日読んでたのは、パーリ仏典だったんだから、
だいぶ前進したっち。

さ、がんばりますわ。
じゃね。

あ、忘れてた。午前9時07分現在のアクセス解析

アクセス数: 18 (前日値:138)
訪問者数: 14 (前日値:69)

アクセス数(138)は訪問者(69)の倍というのは、固定したようだわ。
ぴったんこ倍で、お見事!アクセスくん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/04

行うは、行うは…あつい

今日のアクセス解析、午前11時36分

アクセス数: 49 (前日値:207)
訪問者数: 27 (前日値:98)

だいたいみんな二回ずつ来てるのかな。
更新できてるので、心は穏やかよん。ふふふ

~~~~~~~~~~~~~~~~

しかぁし、毎日暑いですね。

息子が東京みやげに

お茶を四種類買ってきてくれました。

ヨモギ茶、スギナ茶、柿の葉茶、びわ茶

このうち二種類と番茶を、それぞれ大さじ一杯ずつ
やかんに入れて、わかしては飲んでいます。

柿とびわの組み合わせは、癖がなくて飲みやすいです。
スギナとヨモギはちょっと香りが草餅でかすかに苦みもある。

「でもさ、大半番茶の味だね」
「もう少し、ブレンドの割合変えたら」
「もう少し濃く出してもいいよね」

みんな好きなこと言ってなさい!


言うは易く、行うは、行うは、

行うは… 熱いっちゅうの

火のそばにいるだけで、死にそうだよぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/03

カメはアキレスに追いつけるか

本日、午前9:31分のアクセス解析より

アクセス数: 45 (前日値:137)
訪問者数: 28 (前日値:75)

訪問者の中に管理人1名あり。

分析:
アクセス数が飛躍的にのびているな。
でも、訪問者は昨日と同じ。
これは何かな?
同じ人が二回来たりするということでしょう。

というか、
管理人が、おもしろがって
何回も行ったことによる影響ですね。
出たり入ったり、ってのを10回くらいは
やってしまいました。

アクセス解析は正しく反応しているようだ、フム。

などと、バカをやっていないで、

=========
龍樹本はじめなさい!
=========

無宗ださまから、
きつーいつっこみいただいてしまいましたで…
(昨日、コメント欄参照)

なさけないことにけっこうぐちゃぐちゃなんですわ。

思ったときにはじめられなかったので
それから、次々問題はでるわ、
読まなきゃならない本は出るわ。
最初の目次は、チャラにして、もう一度作り直しだ。

カメの歩み
本日開始 -100%

アキレスじゃなくて、アキレタですか、そんな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/02

こわい話って、これですか。

ココログでアクセス解析というのがあると教えてもらう。

何ですか?それ?

何人くらい訪問してくれたかわかる装置なのです。

さっそく行ってみてみる。

アクセス数: 57 (前日値:92)
訪問者数: 39 (前日値:72)

これは、今日の午後2時までの数だからね。
だから、昨日より少ないのよ。

で、でも、ギョッとするぞ!
こわいでござる!

昨日は、訪問者72名(うち管理人1名を含む)が、
ここを覗いて、
なんて言ったかを考えるのだよ、

こわいことだが、勇気を出せ!

たぶん、こうだわ。

「ちぇっ!ちっとも更新してないじゃん。
何やってんだ、管理人!
日記なら、毎日書いてよね、ったく」

うう!何でアクセス解析なんてもんが、この世にあるんだ。

さっさと更新せんかぁ、という脅迫装置みたいなものだ。

いやなら、見に行かなきゃいいでしょ。

そうなんだけど、つい、こわいもの見たさで…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかしですよ、こんなに見に来てくれている人がいるなんて
夢にも思わなかったけど、
どうせだったら、もう少し、赤裸々に自分を出しても…

それはやめなさい
誰も来なくなる

あ、そ、そうね、わかったわ。

けっこう、言いたいこともあったりするけど、
じゃ、控えめに…出そう…

けっきょく、出すわけね。

学問の世界は真理を追究するところだ
とはいうけれど
案外、世の中、本当には
名利を追求するところなんだなぁ

いう気もしたりするかもしれない今日この頃。

どうだ!控えめな意見です。
「かもしれない」と「今日この頃」で控えめ度アップね。
でも、思ってること自体は、
ぜんぜん控えめじゃないかしら。

でもでも、そんなこと考えると

ブッダ、あんたはえらい!
自分の身を名利から一番遠ざけて
ものしゃべってますもん。

弟子たちに、ブッダは
こんなことを言っています。

「比丘たちよ、たとえば、竹は果実を生じて、
自己の破滅を来たし、果実を生じて、凋落が始まる。
そのようにデーヴァダッタは、利養と名声をえて、
自己の破滅をまねき、利養と名声とが生じて、
凋落が始まったのである。

比丘たちよ、たとえば、葦は果実を生じて、
自己の破滅を来たし、果実を生じて、凋落が始まる。
そのようにデーヴァダッタは、利養と名声をえて、
自己の破滅をまねき、利養と名声とが生じて、
凋落が始まったのである。

比丘たちよ、たとえば、牝のろばは子を胎んで、
自己の破滅を来たし、子を胎んで、凋落が始まる。
そのようにデーヴァダッタは、利養と名声をえて、
自己の破滅をまねき、利養と名声とが生じて、
凋落が始まったのである

比丘たちよ、このように利養と名声は
おそろしいもの、苦々しいもの、過酷なものであって、
無上の安穏に到達する障礙なのである。」
(増谷文雄『阿含経典』第一巻)

こ、こわい!
名利、コイツはこんなにこわいものだったのか!

アクセス解析より、ずっとこわい!

ああ、暑い夏には、こわい話が一番ね!
みんなもダメよ、名利を求めちゃ、

でも、管理人の場合、
名利の方がこわがってよってこないかも…ははは。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »