« 2006年5月7日 - 2006年5月13日 | トップページ | 2006年5月28日 - 2006年6月3日 »

2006年5月14日 - 2006年5月20日

2006/05/18

学習しなさい!管理人

また、やりましたわ。

何って?

言いたくないけど、列車に間違って乗って、
あさっての方角にいっちまったのよ。

どうして、学習しないのかしらねぇ。
何度もやってるけど、
いつも、相当距離を走ったあとでないと
気がつかないという、なさけな~いことになるのだわ。

夢中で、『増谷文雄著作集』を読んでて
ぜんぜん気がつかなかった。

駅に着いて、顔あげたら、見たことない風景だったのよ!!!
え?ここはどこ?
どこに行くんだっけ?

仕事でしょ!管理人!

飛び降りて、ホームの階段駆け上がり駆け下り、
反対ホームの列車に乗って、もとの札幌駅まで戻って、
走って、千歳線に飛び乗って、そのまま時計とにらめっこしながら
乗り換えて、駅に着いたら、とりあえず電話して、タクシーに乗って
学校に着いたら、まだ授業が始まって5分だった!かろうじてセーフ。

上出来じゃん!!

どう考えても、40分以上ロスしてるのに、
5分遅れで済んだなんて。
奇跡に近いわ。

まだツキはおちてないようだわね。

それはいいけど、
ほんと、身がもたないわ。
こんな人生!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/16

三つの幸せ

電話があって、中学・高校時代の友達からでした。

「三吉神社で、4時半から、中学のとき同級だった’やまき’がコンサートやるけど聞きに行かない」
「うん、行く」

ふうん、やまきくんのコンサートか。
でも、やまきくんて、誰だろ?

神社の境内で、やまきくんは、すばらしい声で歌ってくれました。
バックの演奏もヴァイオリンやケーナなど民族楽器とギター、あといろいろ。

顔もどこかで見たことあるなぁ、と思っていましたら
「ふきのとう」というグループをやっていた やまきやすよ くんでした。

今はソロで活動している正真正銘のシンガーソングライターです。
あら!有名人だったのでした。

深いのびのあるよく通る声で、
「三吉神社の歌」という作詞作曲した曲を歌ってくれました。
昔、一世を風靡したヒットソングもいくつか歌ってくれました。
「小樽の歌」も歌ってくれたし。
即興であわせるバック演奏もすばらしかったし。

帰ってから、仕事の残りをやらなきゃならない、というのさえなければ、

ほんと最高でした。

そして、1日後、
幸運は続くのであった。

フニャコさん、ステキなCDありがとう!

さらにさらに

おばさんが行けなくなったコンサートの券を
くれるというのでした。
ああ、ゴメンよ、さすがに仕事で無理だ。

立て続けに、三つも、幸せが!
こういうこともあるんだなぁ。

とはいうものの、今年の幸運は、
きっと尽きたよね…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月7日 - 2006年5月13日 | トップページ | 2006年5月28日 - 2006年6月3日 »