« 2006年4月23日 - 2006年4月29日 | トップページ | 2006年5月7日 - 2006年5月13日 »

2006年4月30日 - 2006年5月6日

2006/04/30

『スッタ・ニパータ』考

『スッタ・ニパータ』(中村元訳『ブッダのことば』岩波文庫)は

むずかしい経典である。

最も古い経典ということになっている。
ブッダが語ったことばもそのまま
含まれているかもしれないと
言われている。
とくに第4章と第5章は古く成立したと言われている。

この経典の成立が古いのは、それはそれでよい。
古い語形を残しているといわれるなら、
そうかもしれないと思う。
その点は、別にとりたてて疑問はないのだけれど、

しかし、どうもわからん。

もし、そうなら、
ブッダの教説は
最初から
完成していたことになるのではないか。

『スッタ・ニパータ』は、経(スッタ)を集めたものだ。
スッタは、教えの内容を短いことばでまとめたものである。
「スッタ(経)」が、説かれたということは、
すでに、その思想内容は完成されていたと見なければならない。

スッタとは、教えの要点をまとめて簡潔にしたものだからなのだ。
つまり、背後には、膨大な思想の体系がひかえている。

現に、わたしの見たところ、詳細は省くけど
その内容は、
『ディーガ・ニカーヤ』
『マッジマ・ニカーヤ』
『サンユッタ・ニカーヤ』
などに説かれている
重要な教説をすでに含んでいる。

また、
内容は、各章、ヴァラエティに富んでいる。
でも、
章の中の内容は一貫してまとまっている。

この点も、背後にきちんとした体系があることをにおわせる。

さらに、この経典は
ブッダと弟子
ブッダとバラモン
の間で説かれたものも多く

その内容は、ちょっと見た目には
わからないかもしれないが
相当に高度な論理的な内容を含んでいる。
また、
教義的に専門的な内容を含んでいる。

つまり、いずれにせよ、プロ同士の会話なのである。

一方的にブッダが弟子に語るものもあれば、
ブッダとバラモンが論議をする場合もある。
それは、シビアな哲学問答である。

そんなこんなで考えると

第五章にでてくる
ブッダの三十二相も、
何かそこに関係してくるような気がする。

互いに、相手が本物か、
腹の探り合いを表したものと見ることができるのではないか。
質問し答えるのに、ふさわしい相手かどうか
互いに探り合っている真意は、当人同士でしか
わからないだろう。
非常に微妙なものだと思う。

「どこまで知っているのか」
「答えを求めても大丈夫か」

「相手は何を求めているのか」
「本当に答えても大丈夫か」

そのあたり、まず話をはじめる前に
お互いしかわからないやり方で
探り合うのであろう。

それをハタで見ていた人たちは、
その様子を
三十二相のような特徴を探すような
話として残していったのではないだろうか。

このあたりは、まだ、推測だけれど。


『スッタ・ニパータ』は

「仏教が発展する以前の簡単素朴な、
最初期の仏教が示されている」(p.438)

と、中村先生は述べているが、
これはちがうのではないだろうか。

この内容で、沙門、バラモン、仏弟子の人々を説得できているのである。
簡単素朴ということはないのではないか。

ぎりぎりの線で火花を散らす
智慧の応酬のようにみえる。

智慧の応酬になると
表現は互いにわかりさえすればいいから
非常に簡単なものになる。
要点とか核心を示すことばが飛び交うのである。

だから、一見すると
簡単素朴のようにみえる。
けど、『スッタ・ニパータ』は難しい経典だと思う。

なぜ、わたしがそんなことを思うかって?
それはね、学問的には、今は内緒。
いつかわけを書くわ。

だけど、学問的じゃなかったら
わけを書いてもいいわ。

それはね、
「掲示板」三つもやってるからよっ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年4月23日 - 2006年4月29日 | トップページ | 2006年5月7日 - 2006年5月13日 »