« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »

2006年4月16日 - 2006年4月22日

2006/04/22

行!とは、なんぞや?

ようやく、さわやかで暖かい朝をむかえました。

何だか、やっとこ「春が来た」かんじですわ。

我が家は、春から家族がひとり減ったのですが、

すでに何だか離散家族といったかんじです。

子どもは部活で夜遅いし、
夫も不規則。
わたしもバテバテ。
なので、
夕食が、まともに作れない。
食べる人がいないので、
やる気が出ない。

菓子パン食べて夕食にする人の気持ちが
ものすごくよくわかるわ。

いっそ、出家スタイルで
夜は夕食なし、ってのは?

いいわねぇ。
ついでに、出家もしちゃえば…

行者A,B,Cのできあがり。


少眠不休の行をする学生行者A

通勤遊行の行をする自転車行者B

爆睡瞑想の行をする主婦行者C


どれも聞きしにまさる苦行ぞろい!
ううう~ん、解脱は近いぞっ!

え?下に行くほど順に楽になってってるって?
何いってんですか?
失礼ね。

爆睡瞑想は、いつどんな時でも行う行で、
しかも、
何か外界から刺激があれば
何事もなかったかのように
対応する!という
むっずかしい行なんだから。

zzzzz …… (おや、もうやってるのね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/18

空と無常の話って、これがですか?

毎日寒いです。
天気予報は、
雪が降るかもしれないとおどすのです。

今日は自転車の初乗り。
手が冷たくて凍えますだ。

始発バスに乗りました。
わたしの前にひとりいました。
二人乗ったところでバスは出発しました。
ずいぶん丁寧に場内アナウンスをしてくれる
運転手さんでした。

途中その人はおりました。
わたしは本を読んでいました。

スムーズに走って
目的の駅が近づいたので
おりようと思ってボタンを押し
何気に後ろをふりかえったら

 …

だ、だ~れもいませんでした。

ええーっ!
運転手さんとわたしとたった二人だけだったわけ。
ずうっ~と。
あのアナウンスは、わたしのためだったのかぁ。

わたしが降りたらこのバスどうなるんだろ。
お客さん誰もいなくなる。

ああ、
降りるべきか、
このまま客として
終点まで、このバスの末路を見届けるべきか。

激しく悩みましたが、
わたしは、バス・アンド・運転手さんを捨てたのでした。

つう、問題ではないでしょ。
授業に遅れるぞぉ!

こうして

バスは、乗客が空(くう)のまま
さびしく角を曲がって行きました。

諸行無常ですねえ。
つう、問題ではないけど。。ま、いいか。

しかし

われながら、空と無常で
話が終わるってとこが、
さすがだわ。
勉強した甲斐があったわねぇ… 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/16

話がおシャカ

ハードスケジュールにも何とか慣れてまいりました
管理人でございます。

ほんと、もうダメかと思いました。
いつものように熱の出そうな気配。

まずいすよ!ほんと!
ここで熱出したら
人生破滅。

思いついて
予防薬のポカ○スウェットを
飲んだら、何とかセーフでした。
効くなぁ。

水不足なだけだったのかな?
~~~~~~~~~~~~~~~~
最近、わたしは、お釈迦さんに救われている。

って、書くと

宗教勧誘の体験談みたいですが、
そんなつもりじゃないのよ。

いろいろな人の前で話をするとき
みんなが、つまらなくなって退屈しちゃわないように
お釈迦さん発想を取り入れてるの。

じっさいはかなりむずかしい内容なんだけど
聞いたらわかるようにはなすことができる

これは、ほんとに行うのがむずかしい。

経典の話し方を見ていると、
むずかしい内容なんだけど
素直な気持ちで聞く人は誰でも
わかるように
話していることがわかる。

むずかしいことをむずかしく書くのは
実は
とってもやさしい。

やさしいことをむずかしげに書くのも
実は
みんながよくやる手だ。

だけど
むずかしいことをやさしく書くのは
そんなこと
お釈迦さんしかできないや。

仏教は
後になるとたくさんの注釈書が生まれて
見た目もむずかしくなっていって
「学問だぞ!仏教!」になっていく。

また、

たくさんの因縁譚などが生まれて
やさしい教訓話や説話も広まっていく。

仏教が、こんな風に
ハードタイプ(学問仏教)
ソフトタイプ(説法の仏教)
に分かれてくるのも

お釈迦さんが
むずかしいことをやさしく語ったからだな
って、思うのよ。

むずかしいことをむずかしく語ったり
やさしいことをむずかしく語ったり
やさしいことをただやさしく語るだけなら

こんな風に、仏教はさまざまに変容しなかったよね。

何とか、このお釈迦さんの
「むずかしいことをやさしく語る」語り方
マスターしようと思って
勉強してるとこなの。

で、具体的にはね、何したかって言うと

昨日は、ヨーガのみなさんに
「空」と『ヨーガ・スートラ』第一章とブッダの禅定を
混ぜてお話ししてみました。

うっぷ!まぜんな!そんなもん!
食べ合わせわるいよ。

お釈迦さんの語り方、

問題にするよりなにより

話がそもそも

「おシャカ」

だったりしてますか…そんな!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »