« プリンタ買いました | トップページ | ファーストタッチは大事です »

2006/09/30

秋風と龍樹(意味ないタイトル)

2006年9月23日(土) 49、84
2006年9月24日(日) 50、83
2006年9月25日(月) 42、75
2006年9月26日(火) 46、90
2006年9月27日(水) 49、91
2006年9月28日(木) 67、136
2006年9月29日(金) 38、64

アクセス解析一週間
最初が訪問者数、あとがアクセス数です。

金曜日のアクセスが少ないのはね、
みんな、はな金で
遊びに行ったのね、きっと。

それとも

わたしのように、仕事疲れで
ひたすら寝てたか、どちらかね。

はぁ、よく寝た!
ほぼ12時間は眠り続けておりました。
1年分の睡眠不足を解消した気分だわい。

~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで、もう9月終わりですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~

お釈迦さんは
6年間、苦行に全身全霊をかけて打ち込みました。
そして、その結果、こう言いました。

苦行はむだである。

おお!よくそんなことが…

管理人は
ここ3週間、漢訳関係の研究に打ち込みました。
そして、その結果、こう言います。

漢訳研究はむだである(涙)。

おお!よくそんなこと言ったわね…

研究者の研究も読んだし、
羅什の漢訳も読んでみました。
でも
求めたものは、どこにもなかった。

探し方悪い?
そうかなぁ、そうかしら…

『中論』『十二門論』『大智度論』

漢訳は、龍樹のいいところが
あんまり出てないなぁ。
羅什は、読みやすいんだけど
それが、なんか、
論の甘さを感じさせちゃうし。

無意識のうちに
羅什の解釈はいってるんじゃないかって
ちょっと疑いの念がおきちまう。

『大智度論』が羅什作ではないかと
言われるのも
ちょっとわかる気もする。

あの研ぎ澄まされた
射抜くような論理感覚がない。
妥協を許さぬ真理への探究心がない。
彼がもってる人々へのあったかい慈悲もない。
ブッダに傾倒しひたすらダンマを求める求道精神もない。

ほんとに微妙な世界だなぁ、と思うわ。

漢訳は、とても注意深くプロジェクトを組んで
行われたはずなのよ。
荘厳な雰囲気の中で
国家事業として
何人もの人が、智慧を集めてとり組んだ。

正確に わかりやすく 流麗に 訳された。
まちがいはないはずなの。

だけど
何か大事なものを

おっことした

って気がする…

まぁ、わたしがバカだったのよ。
漢訳にへんに期待したのが、悪かったわね。

龍樹は、人に頼って読んじゃダメだって
あらためて思うわ。
自分の能力「だけ」が、頼れるさいごのもの

どんなに乏しくてもさ…
(最後の一言が、利くなぁ、ああ、わびし)

|

« プリンタ買いました | トップページ | ファーストタッチは大事です »

コメント

>サンスクリットを使わず、日本仏教や漢訳文献などから、釈尊の教えを手にして

主に、奈良、平安、鎌倉の、仏教者の諸作と、 日本仏教かどうか解りませんが
明治以降の、高楠、木村、宇井、中村、友松、増谷、等々諸氏の著作からです
(漢訳は、そこに引用があると、大正新脩大蔵経のそのあたりを参照します)
( 国訳大蔵経も、あるのですが、これは、単独で読みます)
漢訳だけを読むことは、あまりありません
(漢訳仏典の和訳は読みます)
(漢訳に入り込むと、印度の経典だと言う気がしなくなってきます)
(今では、パーリ語等の、一部の(多くの!)諸氏の、“和訳”が、
釈尊の言葉の“一部”だとまで感じています)
漢文の和訳は、多く、受け入れることが出来ないことが多いのです
(同じ人の、サンスクリット、パーリの訳は、殆どそのまま受け入れます)
諸氏の、パーリ等からの和訳では、あまり違和感がおきません
空海、道元、親鸞(?)の諸作の、和訳は、私には、引っかかるところばかりです
私自身の、体験からの、選んでいる日常の生き方と、違いを感じるのです
(それが、漢訳仏典の和訳だと、やはり、あまり違和感が起きないのです)
(漢字が、解らないというところでしょうか、、、、)
空海の著作を読む時は、藤堂明保編学研漢和大辞典で、
殆ど、全文字を調べると言っても、大げさではありません
彼の、日本人としての、漢字の知識を、拠り所としています
(選択、用法の一つ一つが、私の漢字の取っ掛かり、ディーパなのです)
同じように、道元も、多く拠り所としています

>どのようなアプローチであっても、同じものにたどりつくなら

おなじものに、たどり着きます
そうでなければならぬ、と思います

>語順や、言葉と言葉の係り具合に意識を集中しているわたしには

これは、とても大切なことだと思います
“ 手順の後先 ”という言葉がありますが、まさにそれです
一つの言葉の順序、ひとつの論の順序で、得られる結論は、変わってきますから

>語と語のあいだには、彼なりの関係があった

意識して、そのような観点から、見ていたことは
私には、無かったような気がします、、、、
- 大事な方法だと感じます
以後、心して、そのアプローチの方法を、大事にしてみます

空海は、その書簡で、最澄に、
集会一処 (商)量 仏法 大事因縁
( 一緒に仏法の大事な因縁を真っ直ぐにはかり )
共建 法幢   報 仏 恩徳   
( 共に、法の旗を打ちたて、仏恩徳に報う )
と、伝えています

仏陀に関わるものは、全て、こうありたいものだと望んでいます

投稿: 春間 則廣 | 2006/10/06 00:16

春間さま

印順氏の引用は、彼の意図するところとはちがった印象をあたえてしまったように思います。
すみません。春間さまと印順氏のお二人に謝る必要がありますね。

印順氏は、『大智度論』を龍樹作として証明しようとしているのです。

説明するのが、なかなかむずかしいのです。
それは、わたしがまだよくわかっていないからです。

春間さまは、サンスクリットを使わず、日本仏教や漢訳文献などから、釈尊の教えを手にしておられますね。

わたしは、パーリ経典と『方便心論』(漢訳だけどサンスクリットのようです)から、ブッダの教えを知りました。

わたしが知ってるブッダと春間さまが知ってる釈尊とは、同じようだと思っています。春間さまは、ちがうと言われるかもしれませんが。

どのようなアプローチであっても、同じものにたどりつくなら
それはそれでいいのかもしれません。
ただ、わたしは、美辞麗句で経典を飾らないようにと、注意したブッダにしたがっているので、「ブッダ」と呼んで尊敬語も略せるようにしています。
お釈迦様とか釈尊というと、動詞なども敬語にしなくちゃ、という意識が働くので、なるべくそういう手間を省いているのです。法を確実に手に入れたいからです。

だから、語順や、言葉と言葉の係り具合に意識を集中しているわたしには、飾られた文体は、とても邪魔です。
論理の形式がぐちゃぐちゃになるのではと思って心配の種なのです。
それ以外にブッダを知る方法を訓練していないのです。
羅什は、彼なりの方法で訳したと思います。語と語のあいだには、彼なりの関係があったと思います。
それを知りたいと思っています。彼は、わたしにはまだ未知の人です。


投稿: 管理人エム | 2006/10/05 21:24

印順法師の著作には、触れたことはありませんし、
触れる事も無いかもしれませんが、
文学的素養(表現技法)については、
思い続けることがあります

一体、“卓越した技術”とは、
どのようなことを指すのでしょうか

私達の、様々な分野での、表現技術とは、
“相手に伝えること”を、その目的としています
体裁を整えること、美しく飾る事、
それ等は、その為にしか存在しません

たとえ、選ばれた技法を稚拙に感じても、そこから受ける
インパクト、インプレッション、インスピレーション等々が
多ければ、それは卓越した表現技術となりますし、
そこから受ける反感でさえも、その技術の暗示下にあるのです

貴方の、切り口とは、多少、たがうかも知れませんが、
印順が、もし、批判的にそれを述べているのならば
(貴方がそう受け取るの“なら”、
そのようだと私は、決め付けます、、、)
“義学沙門の眼”などという物は、
私にとって、どうでもよいのです、、、
(どうでもよいことでなければ 
“ いけない ” 、と 自戒 するのです)

玄奘が、砂漠の中で、拠り所とした般若心経は、
羅什訳だったと思いますし、
私達が受け取る蓮華の経は、その心の、許の、伝えるものです

印順が、何を伝えたくて、その文学的美しさに言及したかは、
読んでもいない私が、正確に捉えていないと、
指摘を受けるかもしれませんが、
印順が、羅什の(釈尊の)、心と、共にあって、
(わたしにとっては)“なにを“伝えたいかということが、
焦点になります
(学術的正確さへの評価や、
史実の記載も、“目的を持つ”ということです)

>サンスクリットを学んで呪縛を薄めてきたかもしれません

これは、無理だと感じます
「まなぶ」、「じゅばく」、「うすめる」、
これらが、呪縛だと思うからです


投稿: 春間 則廣 | 2006/10/05 09:16

春間さま
> このように、考え合わせると、鳩摩羅什は、決して、屈服していないと思います

そう思われますか…春間さまの言葉を信じてみようかな。
そうかもしれないとも思うのですけど…そうでないかもとも思ったりもします。

印順氏の『『大智度論』の作者とその翻訳』の中に
羅什の「秦語」は、漢文の文学的素養という点でまだまだだったとあります。
「(羅什は)漢文の特徴や文学的な美しさ(「方言殊好」)には深く通じていなかった。
たとえば、早い時期に訳された『百論』は、翻訳が悪かったために、弘始六年に改めて翻訳された」
などなど、義学沙門の眼には羅什の秦語は、あまり期待に沿わなかったように書いてあります。

羅什も、秦語と梵語との板挟みでたいへんだったろうと思います。
どこまで妥協し、どこまではね除けたのだろうと、そのあたり、知りたいのです。
また、『出三蔵記集』の中にインド語と漢訳との相違点なども記されていたりします。
漢訳については、いろいろまだわからないことだらけです。

> すでに、私達は、歴史的に蓄積された、漢字の洗礼と、(日> 本で発展した)仏教の
> 産湯に使って、育ってきたのです
> 日本人で、この呪縛から逃れる人を、私は知りません

わたしの場合、サンスクリットを学んで呪縛を薄めてきたかもしれません。

投稿: 管理人エム | 2006/10/03 15:07

>仏教が取り込まれたんじゃないかという疑いと
>二つ。

中国には、すでに老荘等による道教や儒教が地域思想として確立していました
新しい文化を摂取することに意欲を持っていたのですが、
それは、あくまでも自分達の思想、言葉で翻訳されるものです
この事は、今の自分に当てはめれば、すぐ理解できるはずです
(ただ、私達は、複合文化の下地ではありますが、それでも、事は一緒です)

鳩摩羅什の、卓越した、言語知識は、まるで彼が、
中国を“無条件で受け入れているかのごとく駆使された”(か?)に見えます
(“中華”思想は、他国のものには、服従を強制しているのですが、、、、)
(彼が、破戒僧になったと観るのは、過激な、発言ですね、、、、)

ここで、翻って、わが国に、漢字が渡来して、
それを、あたかも自国の文化のいきまでにも摂取された経緯を考察すると
そこに力(能力)を持った、渡来人が、その主要な役割を果たしただろう事は、
推察可能なことだと思われます
漢語を話し、大和言葉を、自国語の領域まで使いこなす人(達?)です

聖徳太子を教育した、新羅、百済の知識人
しかし、それを瞬く間に我が物とする太子の能力は、わが国に、
それだけの、漢字を超える(匹敵する)“智”が存在したことの証です
(テキとは、真っ直ぐ向かい合うことです -藤堂より )
彼の、法華経に対する解釈は、受け売りとは思えません
確固たる、根を持たずして、強大な、印中複合理論に対抗できる術はありません

このように、考え合わせると、鳩摩羅什は、決して、屈服していないと思います
たとえ文化の基盤が違っても、底に流れる地域の(深遠な)独自性を尊重して。
鋭く翻訳をリードしたことだと、(希望的であっても)推察します

すでに、私達は、歴史的に蓄積された、漢字の洗礼と、(日本で発展した)仏教の
産湯に使って、育ってきたのです
日本人で、この呪縛から逃れる人を、私は知りません

あなたの、先に使った「はからいは」親鸞の思想を、少しだけ進めたところとも感じられます
そこから来ること(自己責任)は、全て許された、全能の個人のはからいでもあります
知ってて、する人には、何を言うことも、どうすることも出来ません

すでに、日本の仏教はそこまで来ていると言うべきかもしれません

学 とは、先人から、見習った智慧を自らのものとする
習うと言うことは、幾重にも重ねる意味です
述べると言うことは、今までのやり方に従うと言うことです
  - すべて、藤堂氏からの受け売りです

投稿: 春間 則廣 | 2006/10/01 20:05

春間さま
> また、社会的に蓄積された“(執)念”は、ここでも幅を利かせていたでしょう

ここなんですよ。羅什に対する疑いというのも。
結局、破戒僧となって、翻訳をしなければならなかった。

国家の“(執)念”に、
仏教が取り込まれたんじゃないかという疑いと

春間さまご指摘のような
漢字圏の中に
仏教が取り込まれたんじゃないかという疑いと

二つ。

漢訳語としての「漢字」ではなく
漢語としての「漢字」が理解できないと…

という、この次元では、
わたしの能力の限界は、とっくに超えとります。

ここに進むのは
水生動物が陸にあがる両生類への第一歩に等しい。
人類で言えば、月面着陸の第一歩。

でも、いずれ、そういう観点で見るときも
やって来るだろうという予感もします。

藤堂明保編学研漢和大辞典ですね。
ありがとうございます。
「字源」は使ってます。

投稿: 管理人エム | 2006/10/01 12:38

>漢訳は、とても注意深くプロジェクトを組んで行われたはず
>国家事業として何人もの人が、智慧を集めてとり組んだ

どのような趣旨の下で翻訳されたかは推察になりますが
国家事業である限りは、
その国の存続という方針が暗黙の了解事項となります
また、社会的に蓄積された“(執)念”は、ここでも幅を利かせていたでしょう

>だけど何か大事なものを
>おっことしたって気がする…

漢字は、理論を表すために創られていません
ヴェーダのサンスクリットとは違うのです
藤堂明保は、執筆した学研漢和大辞典の1565頁にて
「中国の文字と言葉」に於いて 漢字の造字法 を考察していますし、
音韻の考察を大事にしています(序文)

 文 とは、紋様、模様、風に書いた絵文字であり
 字 とは、その文をかみ合わせた二次的な文字  と述べています
       ( 文字について、私の独断での要約です )

漢訳仏典を、今日現在の漢字圏に属する者(私)が、読む時は、
藤堂明保編学研漢和大辞典が、絶対必須のものなのです
もちろん、東京大学でのWEB大正新修大蔵経を読む時には
諸橋がなければどうしようもないのですが
CBETAであれば、諸橋は、“ 殆ど不要 ! ”です
(加藤常賢と、)藤堂明保があれば、十分です
私は、学研の宣伝マンではありませんが、
少なくとも、日本人で漢字“ことば”を使用して
物事を組み立てるのであれば、上掲書と「 字源 」は必須です
(勿論、活用できない(しない)人には不要です)
(単に、仕事と考えることが出来る人にも不要かもしれません)

( まだ触れていないのなら、一読をお勧めします )


投稿: 春間 則廣 | 2006/10/01 10:16

春間さま
そうか、そうですね。

「自分の能力」だけが、頼れるさいごのもの

これは、このまま、「我執」を示しているのか!
気がつかなかったわ。
そういわれてみれば、自分に能力ありそうに聞こえますね。そんな気もする今日この頃。

わたしが考えてたのは、

わかるために必要なのは
他人の能力ではない、
ま、結局、自分の能力だ

と思って書いたのですが
「我執」のあらわれになったとは…

むずかしい!

羅什を疑ったから、ばちがあたったかしら。

> 利くのは 、“わさび“ ですよ !

最初に、ちょっとそんな気もしました(笑)。
「“利”休」にひかれたのかな?

投稿: 管理人エム | 2006/10/01 09:58

>自分の能力「だけ」が、頼れるさいごのもの

確かに、人は、自分の能力の範囲のなかだけでしか、
理解できないし、表現できない

どんなに、感心して素晴らしいと思ったところで、
自分の”設定した限界で”しか、解釈しないし、
” 無限の限界(!)(?) ”を設定したと思っても、手のひらの中での、
”タチション(女性は ? )”をしている

頼りにはならないのです

日々使うことが、前進(?)で、菩薩道、、、、、

宮沢賢治の、ゴーシュかな、、、、

中部経典 131 一夜賢愚経(増谷文雄訳、阿含経典五巻198頁抜粋)
ただ今日まさに作すべきことを熱心になせ
たれか明日死のあることを死らんや、、、、、
心をこめ、昼夜おこたることなく実践せん、、、、

賢愚の区別は、地上の相対的なもので、
もともと人間はなべて、迷えるものであり、
我執にとらわれて生きており、したがって
ダンマ(如来)に逆行しているものである、、、、、
(玉城康四郎 新しい仏教の探求 113p )

「侘び」「寂び」は、“利”休の商売用茶道の心得から、
道が分かれたのです

利くのは 、“わさび“ ですよ !


投稿: 春間 則廣 | 2006/09/30 20:19

宮本しゃん

はやいよ、反応!いま、のっけたばかりなのに(*_*)。
エムは、あてにならない……いちばん…とほ

運動会は席取りが大事ですよねっ!
今晩から席取りしないと、いい席なくなるかも。
北海道じゃ、春の運動会だけど、
親戚一同が集うチョービッグイベントです。

がんばれ!龍樹!一等賞!

投稿: 管理人エム | 2006/09/30 10:26

>龍樹は、人に頼って読んじゃダメだって

そうか…、やっぱりだめかぁ。
エムさんに頼って読もうと…、甘い考えだったな。

家の龍樹は明日の運動会が楽しみでハイになってます。

投稿: 宮本浩樹 | 2006/09/30 10:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58200/12093492

この記事へのトラックバック一覧です: 秋風と龍樹(意味ないタイトル):

« プリンタ買いました | トップページ | ファーストタッチは大事です »