« 2005年2月6日 - 2005年2月12日 | トップページ | 2005年2月20日 - 2005年2月26日 »

2005年2月13日 - 2005年2月19日

2005/02/19

涅槃寂静への道、ご案内します

いやはや、へとへとですわ。
試験つけてコメント書くのに今までかかってしまいました。
もう、頭がぁ…あたまがはたらきまへん。

なんというか、若駒がぴょんぴょん好き放題跳ね回ってるような文章読んでたら、ついていくのがしんどいわい。
好きなこと書いてくださいといったら、ホントにめいっぱい好きなこと書いてるんだもん。
考えることは楽しく、知ることは楽しい。こんなに楽しいなんて思わなかったと言ってるわ。
ホントに自由な思考は楽しいのよ。。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
仏教は、無我だの、非我だのと言われますが、そのような言葉にだまされて、仏教のもつダイナミックで自由な生き方という点にみんな気がついていないような気がする。

なんだ!とつぜん始まったな。

確かに涅槃を求める修行は、寂滅へと進む道なのでありますけれど、
その生き方は見ているとけっして消極的で主張のない人生ではない。
現代人の目から見ると、力いっぱい自由を求め自由を満喫している人生を送っている。

だいたい自分の肉体から自由である。
自分の身体なのに、身体の欲求にしたがわずに生きようとする。
つまり、体にわがまま言わせません。
食べたい、飲みたい、活動したい、などをの欲求を、「だめっ」っと叱ってぴしゃりと抑える。

だいたい自分の心から自由である。
自分の心なのに、心の動きにしたがわずに生きようとする。
つまり、心にわがまま言わせません。
うれしい、悲しい、いかりに楽しさ、みんな引っ込んでなさいと抑えてしまう。

「生きている」
この束縛からは逃れられまい。

イヤそんなことはない。
身体と心を抑え自由度をアップしていき
最後には「生きている」という束縛も脱してしまう。
究極の自由人だわね。

「すべてのものに汚染されず
一切を断つ者となり、渇愛が滅したとき解脱したのである。」

と、お釈迦さんが自分でいってんですから。

すべてに汚染されてないなんて、この現代の地球上じゃありえないわよ。
必ず大気汚染だの、水質汚染だのとうるさいしね、ってちょっと関係ないかしら。
さらには、一切のしがらみを断って、欲の頑固なヤツである渇愛もないんですよ。

あらゆるものから自由である、だってぇ?

そんな境地は、この世のどこにあるどんな状態なんだろう。
そして、そんなに自由でありたいのはなぜなんだろう。

そんな境地は、思考(=真理)の中にあって論理(知恵)に住しているとき得られるもの。
そんなに自由でありたいのは、喜びだから、楽しいから。

そうだったんじゃないかな。
つまり、この世の中では、それは哲学の中にある。
考える楽しみなのですよ。

言い換えれば

哲学の試験問題解く楽しみですね。

あれ?どこで、「涅槃寂静」が、「試験問題解くこと」になっちゃったんだ。
(あんがい本気の管理人の意見でしたっ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/17

今日の料理の時間です

今週末まで、あと三日。

今日の予定 ── 
1)感動することなく(命令!)試験をつける。
  全部にコメントつける(命令!)。
それをまとめて整理して「哲学の謎」のネタとする(限りなく夢に近い願望)。

2)用事で外出。ついでに買い物。走って帰る(体力作りも兼ねて一石三丁をねらう!何かいじましいぞ)。

3)ネタのアイディアが思い浮かぶように、シヴァ・ヴィシュヌ神に祈りをささげる。
  あ、ガネーシャ神にした方がよかったかな。学問の神様だし。
  あ、サラスヴァティー女神の方がよいかしら。文芸の神だし。(神様全部から総スカン食いそうな気も…)

ハァ、よかった。予定が立つだけでもう半分終わったようなもの。
充実した一日になりそうだわ。

昨日は、忙しいっていいながら、息子の中学校時代のおかあさん仲間との会合少々(重要会議!)
研究テーマ。「はやい!安い!うまい!おかずの徹底研究」とその発表。

おかず研究1)発表者:てきとーマダム。
1.キャベツをてきとーに切ってぼーるに入れる。(てきとーって?てきとーはてきとーよぉ。一口くらいであればどうでもいいんだわ。)
2.エバ○の塩だれをてきとーに入れる。(塩だれって?そういうのがあるんだわ。エ○ラでなきゃダメなの?あ、「うち」はそれだから。あれ、そういうモンなの。)
3.ごま油をてきとーに入れる。それと塩も少しぱらぱらっと。
4.混ぜる。
そのまま食卓に出して食べる。子どもがはまる。キャベツ一玉食べられます。料理名は?料理名ね、「キャベツの塩だれ」。そのまんまじゃ。

※この料理についてのコメント。何もこんなにキャベツの高い時期にしなくてもいいと思うけど…。

おかず研究2)発表者:律儀ママ。
1.しめさば半身を5ミリ幅に薄切り。大根を短冊に薄切りし、1%の塩をまぶす。三つ葉を3センチの長さに切りそろえる。ホントはゆず(細くきる)。なければ白髪ネギを少々。
2.全部まぜる。
そのまま食卓に出して食べる。大人がはまる。しめさばがどんなに少なくても「しめさばサラダ」と名づけられる。
あ、物足りない人はポン酢かけて。ホントはわさびドレッシングだったんだけど。

え?わさびドレッシングって何?

ああ、それね、うちは嫌いだから、覚えなくていいのよ(あれ、そういうモンなの)。

※この料理についてのコメント。何もこんな大根の高い時期にしなくてもいいと思うけど…。

いずれの料理(?)も、作った人の一家の好みというか主観が多く入っております。
文献学的には、レシピの存在は認められないが、しかし、実証的には十分料理としてなりたちうるであろう

(やってみるわ。わたしも今晩やってみる。など)

という結論に達し、散会。

女の人同士と話すと話がチョー・はやい!のは、すごくいいんだけど、チョー・アバウト!になるのが…あ、いや、これまた、いいす。(チョー・アバウトな管理人に言われたくないよね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/16

忙しい?はて、そうだっけ、っと言えたらなぁ

よく考えたら、今週はめちゃめちゃ忙しいことがわかりました。
(のんきだなぁ、もう半分すぎてるぞ。)

ホントは、完全にパンクしてる。
(はやくそれを言いなさい。)

あまりにパンクしすぎていると、焦る気にすらならないという、妙に静謐な奇妙な空気がわたしの周りを流れているのでありました。
(それにしても、そういってる場合じゃないと思うよ!少し焦れば?)

論文、間に合わないしなぁ。
哲学の試験つけて感動してるのはいいんだけど、そのまま感動し続けているので、さっぱり進まないし。コメントつけて返すようにすると時間がまだまだいるけど、17日必着だし。
試験問題も作らなきゃダメだし。
さらに仕込まなきゃダメなネタもあるけど、どこから仕込んだものか。ヨーガのお話ですけど。
それと、出かける用事が三つ。
息子は、期限までのカウントダウンをはじめて脅すしなぁ。

やっぱり間に合わない。ぜったい。
(いばって言わない、管理人!)

ああ、どうしよ、オロオロ。書いてるうちに焦ってきたわ。
そうだ!こういうときこそ、哲学を使うのよ。気を落ち着けるために。
大森荘蔵の『時は流れず』でも読んだ方がいいかな。
(読まない方がいい!よけい時間がなくなるだけ!焦ってきたのはいい兆候だ!さっさとやらんか!)

(  )の中の声って、けっこうキツイわね。わたしの分身のくせに、思いやりってものがないわね。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
時間がないときに限っていろいろ書きたい。
ホントは、今、ここで書きたいことは、時間と論理について、ブッダと龍樹の密着ぶりについて、『ニヤーヤ・スートラ』のお釈迦さんべったりについて、あと弁証法と論理学とについて、他いろいろ。
だけど、全部書くわけにいかないわ。
だから、少し予告編を。

ここのうちのほんの一部ですが、ブッダと龍樹の深い関係と時間と論理の関係とについて、何とか本にまとめました。つまり、言い換えれば、お釈迦さんの論理学についての本です。今年の秋以降に出る予定です。
しばらく先ですが、宣伝してもよいとのことなのでお知らせを。

それまで、おとなしくしてるのつらいですわ。おしゃべりのわたしが…ふぅ~。
(ほれ、感慨にふけらない!日記すませて、さっさとおはじめっ!)

ふぇ~ん。それじゃ、しぶしぶはじめるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/15

世界で一番つまんない科目哲学は、楽しい

哲学の試験の採点してるけど、今年は、いやぁ、本気で言いたい!

君たちすごい!

10ヶ月前は、イロハも書けない高校出たての子どもだった。
はっきり言って、文章なんて5行も続けて書ければ、えらいとほめるくらいのそんな程度だったのに。
今だから言うけど、およそ哲学に縁のなさそうな、もしかしてダメかも、っとわたしですら思うような子もいたのよ。

「自由に生きる」ということについて
ちゃんと章にわけて
(1)自由意志と本能・外的要因について
(2)free fromとlibertyについて
(3)どう生きるべきかについて
順序よく考察し、自分の生き方を(1)(2)を基にして導いているその力量は半端じゃない。
この章にわけるというやり方も自分で考えて、キーワードも自分で導き出して、そして、まとめ上げていて、その上一番えらいのは、ちゃんと自分の生き方を決めてることだ。つまり、これは、この子はここに書いたとおりに生きるということを意味してる。哲学の試験だから考えたのではなく、自分で生きていく方法を自分の意志の力で導いているということですよ。自由に生きてるよ!

二十歳前の女の子です。
この子も、とっても哲学に縁のなさそうな子だったのに。見かけで判断できないわ。
ドンだけ考えたんだろう。
授業でやったことが効果的に使われていて何ヶ月も考えていたことがわかる。
すげぇ!

他にもいいのがいっぱいある。
思わずうなるようなのが多い。
まだ読んでないけど、試験の用紙3枚綴りにして出した子もいる。

毎年、何人か目を見張るようなのを書く子が必ずいるけど、今年はそれが多いのは収穫だ。

とにかく、けっこうみんな、考えることが楽しいってことは実感してくれたようだ。
答案読むと、それがよくわかる。
実際、授業が楽しかったって書いてくれた子も多いし。
もう終わっちゃうのに、質問や疑問を書いてくる子もいて、別れがたいわね。さびしいわ。

そちらが楽しければ、こちらも楽しいのよ。
採点が楽しいって、ほんと、いいことだわ。
読んでて脳髄がしびれるようだわ。

世界で一番つまんない科目、それは哲学。
あってもなくてもいいような、一番役立たずの学問、それは哲学。
誰も見向きもしない、どうでもいい科目。それはぜったい哲学。

それがこんなに楽しいなんて。

世の中って、意外なものよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/14

本は、セットッ!で買いなさい

全集ものは、必ずばらして買う本屋泣かせの管理人でございます。
つまり、セットで買ったことのないのです。
なぜそうするかというと、お金がないのと読まない巻があるのが悔しいのと実際はバラバラに刊行されるからです。

これは、そうしようという信念があるわけではなくて、必然的にそうなってしまうのです。
自分でも思いますが、こういうところに主婦根性が出るのって、ホントまずい!

あとで、「ちっ!買っておけばよかった」とか言いながら、3巻だけとか、5巻と7巻とか、ない巻を買いそろえる羽目になることも…。

「あ、それ4巻だけはもってる」とか言うと、みんなに「どうしてそんな変な買い方するんだ」と言われる。
「だって、それしかそこになかったんだもん」と言いわけしながら、「ホントは全部あっても買えないや」と思うのであった。
それは、喩えていえば次のような例でわかることです。
ほうれん草と小松菜と春菊と三つ葉と青梗菜と高菜とターツァイがあるからといって、「あ、そろってる、セットで買お」ということは、かしこい主婦なら、しないのです。
かしこくなくても、しないか、ははは。

ま、そんなわけで、わたしが買った本はバラバラなのがあたりまえ、という状態でした。
お、過去形。

気がつきましたか。
ふふふ、そうなのです。

生まれて初めて(?)セットで本を買ったのです。

この長い前ふりは、ひとえに、この偉大な事実を伝えるためのまくらことば。
いやぁ。いいもんですね。セットで買うって。あとで買い足さなくていいし。
最初から全部そろってるんだもん。

増谷文雄『阿含経典』全6巻。

神田の古本屋さんから、この全集が1セット失われました。
宅配で届いた全集見つめてしみじみ。
セットはいい!増谷文雄先生の格調高い訳はセットで読まなきゃ、ね。

買いたかったみなさん、ごめんね。
4巻までそろったのはありますが、全6巻はめずらしいんですよ、とお店の若いお兄さん。

うん、そうよね。知ってるわ。意外とみんな主婦根性なのね。
全巻買う人って、あんまりいないのよ。4巻くらいで財力・気力・記憶力が尽きるのね。
でも、セットで買ったわたしは、主婦根性もそろそろ抜けてきたかも…ふふ。

セット、セットって、うるさい!管理人!

はは、ゴメン遊ばせ。気に障ったかしら、もう言わないわ、セットって。

さぁ、ところで、せっかくセットで買ったんだから、元を取らなくちゃね。(言ってる!)
この本代の元を取るためには、いったい論文いくつ書けば…

管理人!ぜんぜん主婦根性、抜けてないっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月6日 - 2005年2月12日 | トップページ | 2005年2月20日 - 2005年2月26日 »