« 2005年10月2日 - 2005年10月8日 | トップページ | 2005年10月16日 - 2005年10月22日 »

2005年10月9日 - 2005年10月15日

2005/10/13

アスペクト変化

ブツッ!

不気味な音がして、ああ、パソコンが真っ暗に …
電源ぶっとんだぁ。

昨日のことでした。久しぶりにここに書き込みしようとしてたんです。

「へたしたら、ハードディスク全部だめかも」と脅す夫。
オロオロするわたし … 生きてけない … わ

即行で、パソコン屋さんに駆けつけ、ケースごと電源を買う。
9980円 う!
(出かけて買ったのはぼくだと夫が脇で主張。)

夫に詰め替えてもらい、おそるおそる電源入れたら、
無事だった、ほっ!

パソコンないと、
生きてけないからだになってるんだわ 

… こんなんじゃ、ほんと、出家できない … 
パソコン背中に背負って出家してる人、見たことないもんね。

だから、出家は、やめて、かわりに、カレーな日記でも書くわ(代わりになるのか?)。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
昨日書いていた続きを書くわね。

ココログの書き込み途中だったのに、なぜか、バックアップをとってあるのよ。
虫の知らせって、ヤツかしら。
以心伝C … なんちゃって(Cは、もち、PCのCだかんね)ハハハ。

では、はじまり、はじまりぃ
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

世の中って、わかりませんわねぇ。


    ………


おい!何か書きなさい。
わからないからって、黙ってちゃほんとわからんでしょ。


    ………

とおっても、書けないわよ。
ブッダ世界が裏世界だなんて …
言い方悪くてゴメンよ。 

うすうす思ってたんだけど、そうか、 … 
価値観ひっくりかえすと、現実の世界は、まったく虚構の世界ってわけね。

にゃんか、わかってきたにゃー。

ニャンで、こんにゃ、話しをしてるかっていうと、にゃ!
寺男さまより、お勧めのスマナサーラ長老さまの法話を
聞いてたんですわよ。
(どうして、「にゃ」というのかにゃー、自分でもわからんにゃ)

そしたらね、
「他の人の意見は、みんな『我見』ですよ、西欧でもどこでも…」
と、いうようなことをお話しされたとき、

くるっときれいにわたしの価値観がひっくり返って、
「あ、ほんとだ、まったく『我見』だ、それ証明できるにゃ~ん」

って、思ったと同時に、

現代の学問世界いる優れた人々がこれを聞いたら、
「わたしたちが、『我見』ですとぉ、何いってんですか、ふふん」

って、ぜったい言うなぁ、って思ったのよ。


現代風に言えば、

「アスペクト変化」

と言うんだろうね、こういう くるりん変化

ヴィトゲンシュタインが出してきたのは

ウサギ-アヒルの図
(見ようによってはウサギに見えたり、アヒルに見えたりする変な絵)

見たことある人もいると思う。有名だから。

そんでもって、すっかり価値観ひっくり返っちゃったわたしが言うんですけど、

西洋なんて、さ、かわいいもんよねっ。
ウサギ・アヒルですもん。
しょせん、ウ サ ギ ・ ア ヒ ル!
ウサギとアヒルに迷惑なだけで、
人間さまには、何の迷惑もないっちゅうか、我が身は安泰なわけ。

ぶっきょ なんて、あ、まちがえた、ぶっきょお、なんて、たいへんなんだぞ。
ひっくり返るの自分たちなんだから。
心のアスペクト変化は、自分たちの世界がひっくり返ることなんだから。

どんなにたいへんか、みなさんも味わってみましょう。

例えば、
クラス一番の優等生が劣等生に、劣等生が優等生になるのです。
これがどんなにたいへんかわかりますか。
わかりませんね。

ドラえもんでいうと、できすぎ・のび太君というアスペクト変化が起こるわけ。

何もしない怠け者のように見えたのび太君は、
ドラえもんを従える、ものに動じない賢者。
「宿題してもしなくても、ぼくの人生には、大差ない、でしょ、ドラえもんっ、ねっ!」

一方、優等生だったできすぎ君は、
あくせくくだらない宿題におわれる小心者。
「あ、これは、7(なな)なのか、てっきりぼくは、7(しち)かと思ってた、
むずかしいなぁ、セコセコ」

では、テレビのチャンネル変えてみましょ。

こんどは水戸のご老公さまが、悪役やってんだ。
「助さん、格さん、行って代官を懲らしめてやんなさい、ついでに、越後屋も」
「いざとなれば、印籠をかざして見せてやンなさい。思うがままです、はぁ~っ、はっ、はっ、はぁ」

あらん、せりふはほとんどおんなじね。

罪のない代官と越後屋を思うようにあやつる黄門さまだった。

っちゅう設定で。

善い人は悪い人に、悪い人は善い人に
優れた人は愚か者に、愚か者は優れた人に
先生は生徒のようで、生徒は先生のよう
大人は子どものようで、子どもは大人のよう
正義の味方はテロで、テロは正義? … さりげなくいれてみました どうかな?
ノーベル賞はイグ・ノーベル賞に、イグ・ノーベル賞はノーベル賞に

これが一気に起こるんだよ、そして、なかなかもどらない。
ふぇ~ん、もどらないどころか、ますます極端に。

もう、今までの世界は … 消えちゃうんだ … 幻の如く

仏教は、すばらしい教えだと思うわよ (アスペクト変化後の意見)

だけど、だけど、… ほんと、身が持たないって、気もする

(はぁ、これ書くのに二時間かかった、
一回、間違えてアップ寸前に全部消しちゃったんだもん、
何が、以心伝Cよね)

「幻の如く」ってのだけは、アスペクトに関係なく言えるかもね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2005年10月2日 - 2005年10月8日 | トップページ | 2005年10月16日 - 2005年10月22日 »